ワークショップ開催のお知らせ

【予約販売受付中】幸田夢波のブログが電子書籍になりました!

created by Rinker
¥980 (2021/10/18 15:45:41時点 Amazon調べ-詳細)

音響制作サイドはフリーランス声優をどう思ってる?

先日とある収録に行ってきたのですが、その時にお世話になったディレクターさんに面白いお話を聞きました。

どんな内容だったかというと、

信頼関係がきちんとある人であればフリーランスの声優さんの方が仕事を振りやすい

という話。

ゆめもん
フリーランス5年目のワイ大歓喜!

 

正直フリーランス声優っていろいろデメリットもあるよなぁと思いながらもなんとか食らいつきつつ、お仕事をしていってる私としては大変興味深い内容だったのと、

最近は事務所を離れてフリーランスになる声優さんが多くなってきている印象なので、これからフリーランスを検討されている方や、今フリーランスになって悩んでいるという方のためになればとシェアします〜!

 

声優と声優事務所と音響制作会社の関係性

 

このブログを読んでくださっている方は声優志望の方も多いので、まずはちょっと声優の仕事について、業界の中の立ち位置みたいなのを簡単に説明しておきます!

ゆめもん
そんなんええから はよ本題はいれや!って方は次の章までぶっ飛ばしてくださいッ

声優は声優事務所から仕事をもらうもの、と思っている方が多いと思いますが、じゃぁ声優事務所にはどこから仕事がくるのか?というとわからない人が多いと思います。

声優事務所には制作会社から仕事の依頼がきます。

アニメーションとかだと映像を作るところと音響を作るところが分かれていて、音響制作会社というところから依頼がくることが多いです。音周りの制作をしている会社ということです。

CM制作とか企業VPとかだと映像制作会社が全部やるので、映像制作会社から依頼がきたりします。(ケースバイケースではあるけども)

 

じゃぁフリーランス声優はどうなるか、というと、

制作会社→声優事務所→声優

という流れのうちの「声優事務所」の部分がなくなるので、制作会社から直接声優に仕事の依頼がくるようになります。

もっと言うと、声優事務所がやってくれている業務を声優が個人で全部カバーするって感じですね。

クライアントさまとのやりとりとか、スケジュール管理とかを自分でする感じ。ヒョェ~

 

事務所に所属しているとクライアントさまとのやりとりは全部事務所がやってくれるので、声優は事務所から「この仕事決まりました、いついつにどこのスタジオ行って収録してね、台本と資料は事務所にもう準備できてるから取りに来てね」っていう連絡もらって指示通りに仕事をこなせばいいだけなんです。

ゆめもん
フリーランスになってから事務所のありがたさを改めて実感したYO

 

フリーランスになってからは制作会社のご担当者さまと直接やりとりするので、最初はギャラ交渉から決まり、契約が必要な場合は契約を自分で結んで、収録前に台本とかがあがったら制作会社に自分で取りに行って、チェックして、収録して、月末には請求書を送って、って作業をやります。むっちゃ大変。入金もちゃんと確認しないと漏れる時がある。

しかも制作会社も何社ともやりとりとかしてたらさらに大変。請求漏れとかないか毎月ちまなこになってる。

宅録とかの場合はスタジオじゃないから整音、納品、修正作業も自分でやるのでさらに作業多い。白目。パタリ。(でも整音作業も慣れるとたのちい)

 

声優に限らず、フリーランスで仕事するってそんな感じです。

ちなみに私はたまにイラストのお仕事とかウェブサイト制作とかのお仕事もしているので声優の仕事以外にもめちゃめちゃ請求書あってさらに頭爆発してます。とはいえ自由に働けるからフリーランスのお仕事たのちいよ。

フリーランス声優と事務所所属声優の違い

音響制作側から見たフリーランス声優のデメリット:リスクが高い

 

ディレクターさんがお話してくれたことだけど音響制作サイドから見たデメリットっていうのはやっぱり「リスクが高い」ということです。

法人対法人ではなく、法人対個人になるので、保証とかは頼りない感じになっちゃいますよね。

法人としてちゃんとお仕事している会社さんなら、会社としての建前もあるからちゃんとしてるけど、個人だったらトンズラこかれることもあるわけです笑

 

あとは

  • 現場でうまくできなかった、求められるものにならなかった
  • 風邪とかで急に収録NGになった、

という場合、個人だと対応ができない。

事務所さんだと、代わりの人が代打で出てくれる、みたいなこともあるわけです。

ゆめもん
昔現場で、何回やってもうまくできないセリフがあって、代わりに別の人にディレクターさんが振ってた、っていうのを目の当たりにしたことがあります。胃痛で気絶した。

そういうデメリットはまぁ確かにあるよなぁとは思いつつ仕事をしている私です。

すでにフリーランスで仕事をされている方は、看板背負って働いているというか、信頼関係を作るのが一番、というのはよく感じる部分ではないでしょうか。

フリーの声優はどうやって仕事をとってきているの?

 

それでもフリーランス声優の方が仕事しやすいポイントって?

 

やっと本題ですが、じゃぁなんで「信頼関係があればフリーランスの方が仕事しやすいのか」ってとこです。

連絡が早い

 

これはやっぱあると思う。

実際今回のお仕事もディレクターさんとLINEでやりとりしてて、企画案もLINEでPDFでいただいたし、台本もPDFでいただいて、さらに請求書もPDFで送ってます笑

どうしても事務所所属声優だと間に事務所が入るので、制作サイドからの連絡があっても

制作→声優事務所→声優

って流れになり、レスポンスは遅くなります。

 

逆にだからこそ、これはフリーランスの強みだと思っていて、なるべく連絡は早めに返す、仕事も早めに対応する、というのを心がけるようにしています。

会社さんとのやりとりだと気を使うことはあるけど、逆にディレクターと直の連絡とかなら土日とか時間とかもあまり気にしないで連絡できるし笑

 

自分が仕事を誰かにお願いする時もそうだけど、何よりも連絡が早く返ってくる、っていう人の信頼感って絶大だと思っています。

結果がどうであれとりあえず連絡しちゃえって思えるから。

複数のところに同時にお願いしてたら、一番早くレスくれた方におねがいすることもしばしば。

だからこそ連絡は早く返したいところ。

フリーランスになるのに必要なスキルはあるのか?

 

フリーだとギャラやスケジュールの交渉がしやすい

 

これ!これが一番メイン!

大手の事務所さんとかだと、依頼をした時にスケジュールやギャラの金額感が合わないと、マネージャーさんやデスクさんの時点で「今回はお受けできません」ってシャットアウトされてしまうらしい。

確かに事務所に入っている時は、ギャラの交渉は事務所がやってくれてたし、スケジュールも全て事務所に預ける感じ。

自分に連絡がくるころにはもうすでにお仕事が決まっていて、アニメとかの単価相場があるものではない仕事の場合は、「ギャラの金額がわからないまま仕事をする」ってこともしばしば。

支払明細を見てあとから「あの仕事こんなにもらってたの!?」とか逆に「あの仕事こんなに安かったのか…」みたいなことがあります笑

それ自体が悪いということでは決してないですよ。正直ギャラ交渉ってめっちゃ難しいので!

もうフリーランス5年目に突入するけど、ギャラ交渉は毎回めっちゃ悩みます。

安すぎて仕事がいっぱいいっぱいになってしまって、一つ一つのクオリティが保てなくてもだめだし、逆に高すぎると仕事こなくなるかもしれないし…

でも交渉の余地はフリーランスの方がある、という風に音響制作サイドは見てくれているみたいです。

 

事務所さんに「NGです!」ってシャットアウトされちゃうとどうしようもない。

でも本当は、あらかじめ出しているスケジュール以外にも調整できるスケジュールはあるし、金額も最初に提示しているものから譲歩できる部分もある、って感じ。

そういうのをうまく交渉してくれるマネージャーさんやデスクさんもいらっしゃるけど、事務所次第って感じらしいんですよね。

フリーランスの方が本人と直接やりとりができるから、温度感もわかるし、交渉がしやすいっていうのがあるらしいです。

ゆめもん
これはめちゃめちゃいいことを聞いた気がする

例えば相場からいったらちょっと値段は安いけど、継続案件だったら受けたいな、とか

いろいろ条件交渉の余地ってあると思うんですよね。

私もそういうのあります。

 

すごくギャラが安くても、自分にとってプラスになるような仕事(名前が売れる、影響力のあるコンテンツとか)や、単純に「めちゃめちゃ楽しそう」って思うような企画だったら全然やりたい。

なんたって楽しいことがやりたくてこういう働き方をしてるわけですからね笑

 

しかも信頼関係のあるディレクターさんの話なら、どうしてそういう企画をしたのか、とか、どういう風にこれから展開していきたいのか、とか、そういう話もできるだろうから絶対楽しい。

声優というのは声の部分の仕事なので、コンテンツを作る上で担うことができる部分はすごく狭いです。

でも私は作品作りに関わる全てのことに興味があるし、それを面白いと思うし、それを受取手にどう届けるか、ということを考えるのも好きです。

 

そう思うと、信頼関係のある人たちと仕事がしやすくなるんだったらフリーランスも結構メリットあるんじゃないかな?と思いました。

 

仕事をオファーする制作側のお話を聞けてよかったなぁと思いましたね。

もちろん全ての音響制作さんがこう思ってるわけでは無いと思います、事務所通しの方が楽なこともあるかも。特に取引が多い会社さんは事務所で請求とかまとめてもらった方が楽だろうし。

とはいえ一意見としては嬉しかった!

ますますお仕事がんばるぞォ!

フリーランス1年目におすすめしたいいろいろを書いておく。

 

読んでくれてありがとうございました!

ではっ