初めて来てくださった方へまずは10記事!

フリーの声優はどうやって仕事をとってきているの?

質問箱で質問を受け付けていますが今回はこんな質問がきました〜!

free-seiyu

これね、私もフリーランスになってみてからじゃないとわからないことだったので、私の知ってる範囲にはなってしまいますが解説したいと思います。

ゆめもん

フリーになったら仕事ゼロになりそう…

って思ってた。これからフリーになろうか考えてる人みんな一瞬この考えが頭を過ぎると思う。

今までのツテがほとんど

声優の仕事ってかなり閉ざされた業界なので、キャスティングの際に名前が候補として挙がるかどうか、というところが大きいです。

つまり「知られているかどうか」が結構重要で、フリーになってからも声優としてくる仕事というのは今までお世話になったことがあるところからの依頼がほとんどを占めていました。

基本的には音響制作会社からのキャスティング。

また、今までやっていた役は引き続きやらせてもらう、という感じです。

名前がもっと売れてる声優さんがフリーになる、とかだとまた違うと思うんですけど笑

売れてる声優さんはそもそも繋がりがなくても制作会社にその存在を知られていますからね。

逆を言えば、知名度の高い声優なら結構フリーになっても仕事があると思うけど知名度があまりない声優だとフリーになってからの仕事は現状維持か減ってしまうか、といったところだと思います。

事務所に所属していたことのある声優でもそんな感じなので素人からいきなりフリーの声優として活動していくのはもっと厳しいですよね。

特にアニメやゲームといった商業作品に出るのはなかなかに難しいことです。

声優をフリーでやるメリットとデメリットを考えてみた

オーディション情報はどこで仕入れるか

これもツテで、音響制作系の繋がりがあれば「今度この作品のオーディションがあるから来てみない?」というお声がけをいただくことができます。

フリーの声優さん同士で紹介し合うこともあるので、フリーの友達がいることも強みになることがあります。

あとはオーディション雑誌とかネットで探したりとか、普通に声優志望の方と同じようなオーディションの探し方もあります。

オーディションを受けないと仕事がなくなっちゃうのが声優ですがそもそもオーディションを受けるだけでも大変、みたいな感じです笑

声優の仕事はオーディションを受けないと来ないの?

全くツテもなく、事務所所属経験がないまま活躍している方もいる

これはナレーターさんに多い印象なのですが、今まで事務所所属経験もなく、ツテとかもなく、地道に新しい音響制作会社とかに営業して(ボイスサンプル聞いてください〜みたいなメール送ったりとか)お仕事どんどん増やされている方も数は少ないですがいらっしゃいます。

普通に100件とか200件とかメール送ったりしててすごい。

ゆめもん

尊敬でしかない

まずはボイスサンプル作って「こういうことができます」というアピールができるといいですよね。

フリーだと営業もお仕事のうち。こうやってお仕事広げられている方は本当にすごいです。

声優・ナレーターの宅録の仕事、どんな流れやルールにしてる?

ネット上の仕事

ちなみにクラウドワークス などのクラウドソーシングサイトにも声優業の仕事は結構落ちていたりします。

あとは自分のスキルをなんでも販売することができるココナラ などのサイトで自分のナレーションなどを販売するのもアリですね。

ただこういったお仕事はたいていの場合が声優の仕事の実際の単価相場とかけ離れていることがほとんどです。

事務所に所属したことがなく、これから声優を目指したいという人が経験を積んだり実績を作るために引き受けるのはいいと思うし、むしろじゃんじゃんやった方がいいと思うけど

プロとしてこれで生計を立てようとすると無理があるのかな、という感じです。

宅録、ネット声優は注意するべき単価激安案件

私はブログから新規仕事に繋がることが多いです

では、フリーの声優は新規の仕事の依頼はどうやってとったらいいのかというと

私はネットにおける発信をたくさんして、インフルエンサーとなることで新規のお仕事が来やすくなるのではないかと思います。

私の場合、このツールとして選んだのがブログ運営で、ブログからのお問い合わせで新規にお仕事をいただくことが多いです。

むしろ最近はもっぱらこちらの方が多く、いわゆる声優業と言われて多くの人がイメージするようなアニメやゲームの仕事、というのはなかなかないですが

ちょっとした動画にナレーションをつけたり、Vtuberの中の人としてのお仕事をいただいたりというのはブログ経由でいただいたお仕事です。

書くことが好きなので声優以外にも記事寄稿などのお仕事もいただいています。

ブログだとちょっと大変、という人はツイッターとかインスタとか、最近だとTikTokとか、そういうのでもいいと思う。

なんでもいいから多くの人の目に触れる機会を増やすことで、何処かで誰かが「この人に仕事を頼んでみようかな」と思ってくれればいい。

とにかく多くの人の目に触れる、というだけで自分に仕事を依頼してもらえる可能性は高まると思うんです。

ネット上で仕事を依頼して引き受けて、ネットで納品して、っていうのも最近は当たり前になりつつありますからね。

私は会ったことがない方とのお仕事というのもフリーになってからかなりやってます。

ツイッターのフォロワーが少なくても、実は「ツイッター フォロワー 増やし方」とかでググれば結構ノウハウが出てくるしちゃんと頑張ればフォロワーって増えるものなんですよね。

それぞれの媒体にコツはあると思います。

私もブログに関してはSEO対策というものをゴリゴリに勉強して構築しているので、なるべく自分の仕事に繋がるように作りました。

ちなみに私は節操がないのでYouTubeとかTikTokとか手を出せるものは全部やってます笑

自分が楽しくやっていけるツールでいいと思うので、

そういう「発信ができるツールで多くの人の目に触れる」ということを少しやってみると

フリーでも結構新しい仕事に出会えるようになるのかな、と思います!

SNSで仕事の依頼がきた!個人で仕事を受ける流れとは?

読んでくれてありがとうございました!

ではっ