自分の声が嫌いで変えたい、という人へ声優からアドバイス

よく自分の声が嫌いで変えたい、ということを言っている人がいます。

 

特に自分の声を録音して初めて聞いた時は、

「自分はこんな気持ち悪い声をしているのか」と感じた経験がある人も少なくないでしょう。

 

私も声優として仕事をし始めてからは、

もっと特徴的な声に生まれたかったな、なんて思うことがありました。

 

でも声優の仕事をしながら、声を自分の武器として使っている方々と仕事でご一緒させていただくようになり、

その考え方も少しずつ変わってきたんですね。

 

声は

  • 自分の骨格
  • 筋肉のつき方
  • 声帯の形

いろんな要因からできているもので

生まれながらに持つことができる個性の一つなんです。

 

今は自分の声が嫌いだとは思わないし

この声に生まれてきて良かったと思えるし、この声だからこそできることもあるんだ、と思えるようになりました。

 

今回は自分の声が嫌いだ、という人へ

自分の声との向き合い方についてお話ししてみたいと思います。

 

声はその人の個性

声を売りとしていく声優業界で仕事をするようになって「もっと特徴的な声だったらいいのに」という風に私は感じていたんですが、

他人からするとやっぱりその人それぞれの声の特徴というのはあるようで

 

私も声も「遠くから聞いてもわかるよ」と言ってもらえた時に、

もしかしたら仕事で出す声が自分の地声とかけ離れすぎていたんじゃないかなと思ったんです。

 

そう思い始めてからは、自分の声の特徴について研究し始めました。

 

自分の一番出しやすい音というのが人には絶対にあります。

 

わかりやすいのはあくびをした時に無意識に出る声です。

 

あくびをしている時はあごや喉に無駄な力がかかっていないので、

筋肉の動き的にとてもリラックスしている状態で声を出すことができるんですね。

 

それが自分の一番出しやすい音のトーンだと思ってください。

 

その上で自分の声について研究してみてください。

 

自分の声にどんな特徴があってどう人と違うのか、ということがわかるようになると

自分の声は自分の個性なんだ、と思えるようになっていきます。

 

自分の声が嫌いだ、という人の多くが「もっと綺麗な声になりたい」と思うものですが、

綺麗な声の人には出ない味というものがあるし、その人それぞれの声の良さがあるものなんです。

声優は声質がいい人がやっぱり求められるのか

 

気づいていない自分の声の癖

実は気づいていないだけで、声には人生が表れるとも言われています。

 

例えば大きな声の人は賑やかな人だったり、育ってきた環境そのものが賑やかだったりする人。

自信がない人は声が震えたり声が小さかったりします。

 

つまり自分の声が嫌い、という人はそこに自分の嫌いなポイントが滲んでしまっているから、という考え方もできるんですね。

 

でもそうだとしたら、それは自分の嫌いなところを向き合うチャンスですし

きっと克服できるものだから自分の声を好きになることができるし、

自分の声の印象を変えることができるかもしれないということなんだと思います。

 

ぜひ自分の声と真剣に向き合って、どんな特徴があるのか、どんな癖があるのか、ということを研究してみてください。

声優が語る、ボイストレーニング教室の選び方

 

喋り方を変える

 

自分の声が嫌い、という人は自分の声そのものではなく自分の喋り方が嫌い、と感じている場合もあります。

 

喋るスピードや声のボリューム、抑揚のつけ方を変えるだけで、声の印象というはとても変わります。

 

実は声優業界では「声を変える」ことよりも「芝居を変える」ことによってキャラクターを演じ分けることが大切だ、という風におっしゃる方がいます。

 

もちろん正解のない業界ですから何が正しいというのは一概には言えないのですが、

私もこの話にはとても納得しています。

 

例えば子供の役をやるときって多くの人が「子供は声が甲高い」というイメージを持っていると思うんですが、

実際いろんな子供の声を聞いてみると、声が甲高くない子もいます。

 

というよりは、子供体の規格だから肺活量が少なくて息が足りなく、言葉を細切れでしゃべったり

鼻にかかったくぐもった声だったり、

声のトーンだけではない子供の声の特徴ってあると思うんですね。

 

だから芝居を変えることができればいろんな役を演じることができる、とされているんです。

 

これはつまり声のトーンや声質ではなく、喋り方が印象にとても影響する、ということです。

 

だからぜひ、自分の声が嫌いだ、という人は自分の喋り方について、何か変えることはできないか、と考えてみてください。

聞きやすい声ってどんな声だろう?声優目線で考えてみる。

 

自分の声を変えるためにチャレンジできること

 

自分の声質を根本的に変えることはできなくても

自分の声の良さを引き出し、魅力的な声が出せるように訓練することは誰にでもできることです。

 

自分の声が嫌いだ、と思っている人は

ぜひ自分の声をブラッシュアップする、ということにチャレンジしてみてください。

 

語尾を意識してみる

 

まずは喋る時に語尾を意識してみること。

語尾はその人の意思が出やすい部分で、語尾が小さかったりごにょごにょしてしまうとどうしても「自信がなさそう」に見えてしまいます。

 

語尾までしっかりと言い切る、息を流し続ける、ということを意識するだけで

頼りない喋り方の印象がガラリと変わり、説得力のある喋り方をすることができるようになります。

【カラオケでも使える】マイクに乗りやすい声とは

 

肺活量を上げる

肺活量が少ないから、声がよれてしまったり、芯のない声になってしまうことが多々あります。

 

実は肺活量を鍛えるだけで自分の声をより魅力的にすることができるんです。

肺活量を上げるためにプロの声優も使っているおすすめグッズがこちら!

呼吸に負荷をかけて肺活量を上げるトレーニングをすることができるグッズです。

声は呼吸で作られているので、呼吸の質が上がれば自然と声の質もよくなります。

これ使うと歌も上手くなるよ!

 

ちなみに私は中でも一番負荷が強い赤を使っています…つよい…

ただ負荷調整できるし、赤でも一番低いレベルなら男性だったらできると思う。

ちょっと自信ある人なら、どうせそのうち赤も欲しくなるから最初から赤でもいいかも!笑

 

肺活量鍛えたいけど鍛え方がわからない、という人にもおすすめ!

 

声って持って生まれた個性なので、そのまま交換する、なんてことはできないんですけど

努力すれば魅力的な声の出し方はできるようになります。

 

読んでくれてありがとうございました!

ではっ