個人事業主のための請求書の書き方、渡し方、損しないやり方!

フリーランスになって一番最初に困ったのは請求書の書き方でした。

 

デスクワークをしていて事務作業などで請求書を書いたりすることがあるようなお仕事から独立して個人事業主になった人は

請求書の書き方くらい知ってるよ、という方が多いかもしれません。

 

しかし全くそういった事務の経験がなく突然個人事業主になると

仕事をした時に請求書を自分で送らなくてはいけないのでこれがものすごく困るんですね。

 

どう書いたらいいかも分からないし、税金のことも初めて「勉強しなきゃな」と感じたものです。

 

実際に請求書を書くときの手順について紹介してみたいと思います。

 

請求書を書く前の確認事項

 

まずは請求書を書く前にクライアントと確認しておかなくてはいけないことがいくつかあります。

 

振り込み手数料

 

請求金額を振り込んでもらう時に振込手数料はどちらが負担するのかということも一応確認しておきましょう。

 

請求した金額とは違う金額が振り込まれている、というトラブルを招きかねないので

ちゃんと確認しておいたほうがいいです。

 

たった数百円の違いですがトラブルを起こさないためには大切なことでしょう。

 

税金・源泉徴収に関して

 

金額が税込なのか税別なのか、

源泉徴収はどの様な扱いにするのかということを確認しておくことも大切です。

 

基本的には「仕事を1万円でやってください」と言われたら、請求書は税別、つまり10800円で書いてしまっていいでしょう。

一応出来上がった請求書をクライアントに確認してもらってOKならそのまま受理してもらうという形で。

 

請求書を郵送する場合は一度メールもしくはLINEなどで確認してもらうというのがいいと思います。

 

個人事業主になりたての時は税金分だって馬鹿にならない金額ですから

特に指定がない場合は税別で書いちゃいましょう。

 

後から指摘されたら直せばいいと思います。

これが損しない秘訣です笑

 

また源泉徴収税ですが原則はクライアントが源泉徴収税を納めるのが一般的です。

 

これはクライアントが納めてくれるものであり、基本的には源泉徴収されたあとの金額が振り込まれるので請求書にわざわざ書く必要はありません。

 

源泉徴収の計算の仕方は

  • 100万円以下の場合 源泉徴収税額=支払金額×10.21%
  • 100万円を超える場合の算出方法 源泉徴収税額=(支払金額−100万円)×20.42%+102,100円

です。

 

つまり1万円で仕事をしてくださいと言われて税別で10800円の請求書を渡したら

10800円×10.21%=1102.68円が源泉徴収された金額が振り込まれます。

 

小数点以下は切り捨てでこの場合は9698円が振り込まれる、というわけです。

 

振り込み日程

 

いつまでに請求した金額を振り込んでもらえるのかということをきちんと確認しておきましょう。

 

特に個人事業主の場合はやり取りする相手が法人ではなく個人のことも多いと思うので

ギャラが振り込まれずに泣き寝入りということがないようにこういったところもきちんと確認しておくべきです。

 

お仕事をする相手を間違えると、仕事をしたのにお金を払ってもらえないということもありますから気をつけましょう。

フリーランスでギャラの未払い、ってよくある事。回避する為には?

 

請求書の書き方

 

金額は上記で説明したような形で請求します。

ちょっと見本を作ってみました。

 

請求書見本

 

前株なのか後株なのか、クライアントの名前は間違えないようにしっかりと確認しましょう。

 

②ネットで簡単にweb用の印鑑データを作ることができるのでそれを使って一応判も入れておくとそれっぽい請求書になります。

web印鑑などの作り方はこちら→フリーランスにおすすめしたい請求書作成サービスMisoca

 

住所の所に自分の実際に住んでいる住所を書きたくない場合はバーチャルオフィスを借りてしまうといいと思います。

事務所として住所を借りるよりも安価に済みますし、特に女性の個人事業主の場合はこういったところは気をつけた方がいいでしょう。

 

郵送物を転送してくれるオプションもあるのでまだ登記は考えていない場合でも一つ住所を持っておくと便利です。

個人事業主で住所が必要になったのでバーチャルオフィスを借りてみた

 

請求書を渡すタイミング

 

基本的には請求書を渡すタイミングはお仕事が終わってから郵送でという形になります。

 

ただ最近はメールやLINEで送っても受理してくれるクライアントも多いですし

その方が郵送料もかからないので、メールやLINEで送っても問題ないか先に確認しておくといいでしょう。

 

相手に請求書を送っても自分にも控えをきちんととっておくようにしましょう。

幸田夢波がフリーランス、経営初心者におすすめしたいビジネス本

 

請求書を書く時におすすめのサービス

 

月に何通も請求書を書く予定がないのであれば無料で使うことができるMisoca というサービスがおすすめです。

 

初めて使う人でも簡単に請求書を書くことができますし郵送サービスも対応しています。

 

会計管理も行いたい、一月あたりの請求書の量が多い、というのであればfreee などの会計ソフトを導入してその中で請求書を作成するのが一番良いでしょう。

私も最初はmisocaを使っていましたが今はfreeeを使っています。

 

個人事業主になりたての頃は大変なことも多いと思いますが、

とりあえず請求書が書ければお仕事をしてお金をもらうということはできますので参考にしてみてください。

やってみて気付いた独立して仕事を始める時にやっておくと良い準備

 

読んでくれてありがとうございました。

では。

ABOUTこの記事をかいた人

幸田 夢波

声優、アーティスト、デザイナー、当ブログの運営者。 2009年に声優デビュー、2016年声優事務所を退所し、現在フリーランスで活動中。自由に生きられる選択肢を増やし、それを発信するために毎日ブログを更新中。