花粉症で声枯れしたり歌声が変わったりする。

日本人の多くの人が花粉症の症状に悩まされていると思います。

 

私の周りも花粉症に悩まされている人が多いですし

私自身も数年前から季節の変わり目になるとアレルギー性の症状が出るようになってきてしまいました。

 

声を扱う仕事をしている人からするとこの花粉症の症状というのはかなり厄介で

実は鼻や目のかゆみという症状が花粉症では有名なのですが、

花粉症のせいで声枯れしたり歌声が変わってきてしまったりすることがあります。

 

花粉症だという自覚がない時に、かなり長い期間「歌の調子が悪いな」と思っていたことがあって

最近下手になったのではないかとすごい心配している時期がありました笑

 

結果病院に行ったら花粉症だということがわかって、

そのせいで声が本調子ではない、ということも分かり、複雑な気持ちでしたが原因が分かった分安心しました。

 

声が枯れている、本調子じゃないという時は

自分の発声に問題があるのではなく、花粉症で症状が出てしまっているということもあります。

 

花粉で声枯れします

 

花粉は喉に付着して炎症を起こすので、花粉症によって声枯れしてしまうということもあります。

 

毎年同じ時期になると声枯れする、という自覚がある方は

すでに花粉症になっている可能性が高いです。

 

喉の調子が悪いのかなと思って、一生懸命発声の練習なんかを続けてしまったりすると

逆に炎症がひどくなって喉に負担をかけてしまうこともありますので気をつけてください。

喉の不快感を感じた時の原因

 

歌ってると「ジリジリ」する

 

私の場合は鼻の炎症がひどく、

鼻の炎症が起きている場合でも声は変わりやすくなってしまいます。

 

喉と鼻はつながっていますし、発声の時により声を響かせるために鼻腔共鳴と言って鼻の中の空洞に空気を送り込み共鳴させるというやり方があります。

 

鼻が炎症を起こしているとそれもダイレクトに歌声に影響してしまって

いつも通り発声をしているのになんだかジリジリするような音が少し割れているような感覚になります。

 

こういう時も無理は禁物で、炎症を抑える薬を飲んだり、

しっかり喉と鼻を休ませてあげることが大切です。

【カラオケでも使える】マイクに乗りやすい声とは

 

花粉で咳も出る

 

花粉症だと

  • 喉も花粉で炎症を起こす
  • 鼻水が喉にも落ちてきてしまい喉が炎症を起こす(喉に落ちてくる鼻水を後鼻漏と言います)
  • 口呼吸が多くなって喉が乾燥したり、雑菌が入る

というような原因で咳が出ることもあります。

 

これは加湿する事でかなり改善されるので、花粉症の方は家に一台は吸入器があるといいかもしれません。

【声優がやってる】花粉症対策、おすすめグッズ

 

病院は行った方がいい

 

花粉症かどうかわからないけれど声が枯れたりなんだか声がおかしいような気がしたら必ず早めに病院に行くことをおすすめします。

 

喉も鼻も見えない部分なのでお医者さんに診てもらうないと中身がどうなってるかわかりません。

 

私自身花粉症ではないと思っていて、喉の病気なんかにかかっていて発声ができなくなってきているのではないかととても心配しました。

 

病院でしっかり診てもらったら「花粉症で鼻が炎症起こしています」、ということだったわけです。

 

何が原因かわかれば、対処の仕方も変わってきますし

耳鼻咽喉科ならそこで吸入をさせてくれたり、アレルギーの症状を抑える薬を処方してもらえるので、おかしいと感じたらすぐに病院に行くことをおすすめします。

 

逆に花粉症だと思っていたら全然違う病気で喉にしこりができていたなんてこともありますからね。

 

見えない部分だからこそこまめに病院に行ってチェックしてもらうことが大切です。

声優が語る、喉を痛めない歌い方

 

花粉症おすすめグッズ

 

外に出る時はアレルスクリーン

 

顔面に噴射してイオンバリアで花粉をブロックしてくれます。

これ、していない時としてる時で違いがわかるレベルです。

 

のど飴

 

喉がイガイガした時は龍角散が結局一番おすすめなのですが花鼻迷惑も結構スースー感があって花粉症がひどい時にはオススメです。

 

マヌカハニー

 

免疫を強めてくれ、殺菌能力も高いマヌカハニーは声優の間で風邪予防のために愛用されていますが

花粉症にも効果があります。

 

少し癖のある味かもしれませんが、慣れたら美味しく感じます。

免疫力もアップして一石二鳥。

声優が愛用するマヌカハニーの効能と実際の味の感想

 

花粉症の季節、頑張って乗り越えましょう。

【声優】風邪をひかないためにやってること

 

読んでくれてありがとうございました。

では。