声優養成所などの書類審査は何を見られているの?

質問箱で以下のような質問をいただきました!

声優養成所や一般公開の声優オーディションの場合、声優でも書類審査がありますよね…!

ちなみに私は声優事務所に所属する前は歌手になりたくて、実はアーティスト系の事務所やタレント事務所のオーディションを受けることが多かったですよ笑

なので顔出し系の事務所の書類審査も山ほど受けてきています。

ゆめもん
小学生の頃からオーディションを受けてたけど、中学でオタクになったのでアニソン歌手になりたくなっていつの間にか声優事務所を受けてた…!笑

書類審査で何が見られるのか、ということについて今回はお話ししてみたいと思います〜!

 

会いたいと思われるかどうか

 

オーディションというのは書類審査だけで終わることはほぼありません。

書類審査の後に必ず対面のオーディション、もしくは今はコロナの影響もあるので動画を使ったオーディションなどがあるでしょう。

つまり「会いたいと思う人だけをピックアップするための審査」が書類審査だと思われます。

書類審査を通過するためには会いたいと思えるような書類になっていることが大事。

 

では何百、何千とあるかもしれない大量の書類を見て、「この人には会いたいな」と思われるためには何が大事だろう…?

自分が審査員になった気持ちで考えてみてください。書類見て一番目が行くのってどこだと思いますか??

ゆめもん
写真…!

声優の仕事は基本的に裏方のお仕事なので、かっこいい、とか可愛い、っていうのは置いておいて、大切なのは「会いたいと思う写真かどうか」ということだと思います。(顔出しアイドル系の声優が求められるようなオーディションの場合は、かっこいい可愛いももちろん大事です笑)

 

写真をたくさん見ていると「この人には会ってみたい」「この人はいいかな…」っていうのが結構あります笑

とは言ってもあんまりたくさんの人の宣材写真を見る、なんて機会はあまりないと思うので、有名どころの声優事務所の所属者の宣材写真をたくさん見てみてください。

事務所によっては預かり所属の方の写真も載っていたりするので、所属者との違いもわかるし、たくさん宣材写真を見ることで、宣材写真の良い悪いもわかるようになってくると思います。

私が一番大事だなと思っているのは清潔感です。

ゆめもん
かっこいい可愛いよりも大事だと思うんだナ

会いたいと思ってもらえる、その先には「一緒に仕事をしたい」と思ってもらえる必要があります。

そのためにはやっぱり清潔感は大事だと思うんですよね…!

声優の一般オーディションで評判の良くない事務所に当たった!断るのは失礼?

 

宣材写真はスタジオで

 

宣材写真にはとにかく力を入れた方がいいと思います。

できればスタジオで写真撮ってください…!

どうしてもスタジオで写真撮ると1万円前後かかってきてしまう(これもピンキリだけど)とは思いますが、それでもスタジオで写真撮った方がいいです。

 

ちゃんとカメラマンさんに写真を撮ってもらったものとそうではないものって見るとやっぱりわかってしまうものなんですよね…

でもこれって、逆に言えば、スタジオで写真を撮るだけで他の人と差別化することができる、ということなんですよ!

ゆめもん
オーディション受かるための投資だと思ったら安いかも!他のオーディションにも使えるしね!

ちゃんと気合い入れてオーディションに挑んでるな、って思ってもらえる書類にしましょう。

ナチュラルな雰囲気にしたいのであれば、屋外撮影などを選ぶことができるスタジオさんで撮ってもらうと、外の自然光で撮ってもらえたりとかもします!

書類選考なかなか通らないっていう人は、とりあえず写真はお金をかけてみる、超気合を入れる、っていうことをやってみてください。

 

ちなみに先ほど「清潔感」についてお話しましたが、宣材写真撮影の時に着る服も重要です。

  • 柄がたくさん入りすぎていてうるさい写真になっていないか
  • 服がしわくちゃで不潔に見えないか
  • 服の色味は自分に合っているor自分の見せたい自分のイメージに合っているか

などなど、ちょっと意識してみてください〜

声優のオーディションの服装は結果に影響する

 

書類は目立ってなんぼ!履歴書ではない

 

たくさんの書類の中から書類が目立ってなんぼ!

就活やバイトの面接の時に書く履歴書と、書類審査のオーディションに送る書類は全然違います。

なので、究極を言えば、何やってもオッケーなんですよね笑

私は書類の縁に色をつけたり、大事なところ、アピールしたい文字を色ペンにしたりしていました。

ゆめもん
とはいえ、やりすぎて書類が読みづらくなったら本末転倒なのでそこらへんは適度に!笑

特にクリエイティブな業界は変わったことをした方が目立てます。

自分の思いつく限り、いろいろなことをやってみてください。

 

そして最後に一番大事なことを言います。

オーディションは落ちるのが当たり前です。100回受けて1回受かったらいいねくらいの気持ちで受けてみてください。笑

これは以前私がお世話になっていたマネージャーさんの言葉です。

もちろん落ちた時に反省をすることは大切。次に活かせるように考えるべきことは考えた方がいいけれど、落ち込みすぎず、とにかく数を出すということをまずはやってみてね!というお話です〜

【当日役立つ】声優オーディションの持ち物チェックリスト

 

読んでくれてありがとうございました!

ではっ