初めて来てくださった方へまずは10記事

オンライン個人レッスン始めました!

声優は病気や体調不良を我慢してしまいがち?

ゆめもん

やっほい!声優ブロガーの幸田夢波です!

質問箱に以下のようなご質問をいただきました!

声優は体調が悪くても結構我慢しちゃうことが多いです…

ゆめもん

最近は体調不良で活動休止したり、引退される方も増えた気がしますよね…

実は声優には病気になるまで我慢してしまう理由があるんです。

自分が休むことで、スタッフさんや他の人に沢山迷惑をかけてしまう

質問者さんが質問してくれた内容のように「その時限りの仕事」というのも声優にはたくさん存在します。

例えば映画の吹き替えとかなら1日のみの仕事だし、

イベントや生放送なども日程が決まっているものですから、その時に仕事ができないといけない仕事ですよね。別日に振り替え、というのはできません。

アニメの仕事なんかで「毎週アフレコしている」というような現場なら

その日に収録ができなくても「抜き録り」という形で対応してもらうことができます。

抜き録りとは:
その日に収録出来なかったものを、来週の現場の時間で他の出演者さんよりちょっとだけ早めに入って、自分の出演シーンのみ録ってもらう、といったやり方。(次の週の遅い時間にやることもある)
レギュラーでのお仕事なら、毎週同じ時間帯で同じスタジオが予約できていて、関係スタッフさんも集まるスケジュールで動いているので、これが出来ます。

でもそれがレギュラーの仕事ではない場合は、別の日にスタッフが改めて集まらないとアフレコができません。

スタジオをその分使うので、スタジオ代も予算とは別にかかってきます。

そうやって色々なところに迷惑がかかってしまうので、多少体調が悪くても我慢する声優は多いんですよね。

ゆめもん

最近はコロナの影響もあって、

自分が熱があったりすると他の人に移してしてしまう可能性もあるので、むしろちょっと異変があったら休みなさい、という流れにはなってきました。

それでも休みたくない、お仕事に穴を開けたくない、と声優は思っています。

休む=自分の信用を失う

体資本の仕事なので「体調管理も仕事のうち」なのが声優です。

そうなってくると、風邪を引いてしまったり、体調を崩したりして仕事に穴を開けてしまうと

「体調管理がしっかりできない人」という見られ方をされてしまいます。

制作だってお金をかけてキャスティングしてアフレコしているので、

決まったスケジュールの中でしっかり仕事をしてくれる声優さんの方が良いに決まっています。

事務所に所属していたとしても、個人の信頼によって仕事が繋がっていく業界なので

多少具合悪くたって「全然平気!」って感じで仕事をしていかなきゃいけないのが声優の仕事なんですよね。

ゆめもん

なかなか大変!

私がデビューしたてのころは高校生だったんですが、

学校でインフルエンザが流行ってた時に体育の時間までマスクしてました笑

マスクしながらバスケしてたら先生に「なんかのトレーニング?」って言われましたw

それくらい風邪も引かないようにめちゃくちゃ気を使っています。

ここがやっぱり、声優が頑張りすぎちゃう原因ですよね…

【声優】風邪をひかないためにやってること

限界を突破してしまう声優も

中には我慢しすぎて限界を突破してしまう声優さんもいます。

喉がどうしてもおかしい時に、お医者様にステロイド系のお薬を注射してもらって

負担になることがわかっていても強行で仕事をすることもあります。

ステロイド系のお薬は一時的に声が出るようになるけど、後で反動が酷いと聞きます。
ドーピングみたいなもん?かな。

特に叫ぶシーンが多いアフレコが重なったりするとこういうことが起きやすいんですよね。

喉をしっかり日頃から鍛えておかなくてはいけないのはもちろんだけど、

お仕事が重なるとそういう時がやってきてしまうのが声優業。

そんなプレッシャーに押しつぶされそうになってしまってパニック障害とか精神的な病気になってしまう人もいます。

最近は声優も人前に出ることが多くなってますし、緊張することも多いですもんね〜

私もお芝居は好きだけどプレッシャーには強くないです笑

そうやって我慢に我慢を重ねて病気になってしまうこともあるので、

適度に調整できればいいとは思うんですが、人気の職業になった今の声優業界ではなかなか難しい部分もあるかと思います。

声優業界って怖いところなの?

声優業は体が資本の仕事!

体が資本の仕事でもあるので、健康第一!

これから声優になりたい、と思っている人はなるべく体力をつけておくと良いと思います。

でも中には事務所と相談しながら仕事を詰め込みすぎず、調整してお仕事されてる方もいらっしゃるのでそういう道もある、と思っていただければ!

体が弱いとか、そういうことを理由に諦める必要はないと思います。

ゆめもん

もちろん、滑舌やお仕事内容そのものに影響が出てしまうような病気だと難しいですけどね…!

今は事務所に所属していなくてもクラウドワークス などのクラウドソーシング系サービスに声のお仕事があったりもするので

宅録とかでそういう仕事を引き受けたり、YouTubeで声を使った配信をしていったり、そういうのでもいいと思います。

私も宅録のお仕事が最近は本当に多くなりました…!

それで生計を立てる、となってくると少し難しいかもしれないけど

「お金をもらって声の仕事をする」ということを声優の仕事とするならば、誰にだって声優になるチャンスはあるはずなんです。

やってみたい、と思ったことにはぜひ挑戦してみてください!

そして自分にとって何が幸せなのか、ということをいつも自問し続けることが大切。

私は自分のスケジュールを自分で組んで、自分が幸せだと感じられる分量で、やりたい仕事を好きな人とやれるのが一番自分にとって大事だと思い、今はフリーランスで仕事をしています。

事務所に所属してお仕事をしていた時も楽しかったけど、今は仕事の自由度も上がって、挑戦できる仕事の幅も増えて、すごく幸せ。

自分がどういう働き方をしたいのか、何を一番大切に思っているのか、ということをぜひ、今一度考えてみてください。

それが明確になっていると、悩んだ時の選択もしやすいかな〜と思います…!

フリー声優の収入だけで食っていける?という質問に答えます

質問箱ではいつでも質問を受け付けていますのでお気軽に送ってください〜

読んでくれてありがとうございました!

ではっ

記事更新をお知らせします!

記事の更新やお知らせをLINEでお送りします

友だち追加

 
 

【発売中!】幸田夢波のブログが電子書籍になりました!

created by Rinker
¥980 (2023/02/03 20:07:50時点 Amazon調べ-詳細)