声優事務所の立ち上げメンバー募集って、怪しい?

毎週月曜日にYouTubeHimalayaで配信しているラジオでお便りを募集するのに質問箱を設置しているのですが

そちらにこのような質問いただきました。

2

今、声優事務所ってどんどんできていて、こういう話もよくあることです。

 

声優事務所はどんどんできてる

 

声優になりたいという人が増えた今、声優事務所はどんどんできています。

 

なので新しく声優事務所を立ち上げますという話は別に珍しい話ではありませんし、そのために新しく所属者を募集しますという話もよくある話です。

 

新しく声優事務所を立ち上げる場合は、そのスタッフは、できるだけたくさん広告を打って、いろんな人にオーディションを受けてもらって、その中からいい人を見つけたいと思っているでしょうから

新規事務所の立ち上げメンバー募集は声優志望の方に届きやすいところに広告が打たれていると思います。

 

ただし新規事務所ということは、実績も何もない事務所ということですから警戒心はもった方がいいと思います。

典型的なオーディションの詐欺。一人で悩まないで欲しい。

 

資格が必要なわけではない

 

声優のマネジメント業務というのは、特に何か資格が必要な仕事なわけではなく

シンプルに言ってしまえば誰でもなることができます。

 

「声優のマネージャーです」と言ってしまえば、なれるのが声優のマネージャーなんです。

 

もちろんクライアントさんは企業なわけですから、一般的な社会常識は必要ですし、コミュニケーション能力が高い人じゃないと務まらない仕事だと思うし、

仕事内容は大変だと思いますけどね。

 

ただ、資格が必要なわけではない分、声優事務所も立ち上げるのはそこまで難しくありません。

 

とはいえ全くのゼロのところから声優のお仕事を引っ張ってくるのはとても難しいことです。

誰かしら声優業界に精通している人がいないと新しく仕事をとってくるということは難しいでしょう。

 

全く知識がない人でも声優事務所を立ち上げることができるわけですから、「新しい声優事務所が入るんだったら所属しやすいだろう」という安易な気持ちで行ってみたら

結局その事務所には仕事があまりなかった、だとか

実は声優志望の人を詐欺まがいの契約で騙すところだったなんてこともあるかもしれません。

 

実際あまり有名ではない声優事務所ではそう言った詐欺まがいの契約を強いるようなところがあるそうですし、

皆さんが知っているような大手の声優事務所でも、若手の声優がギャラ無しで働かされていることもあります。

 

そういう大人は「人目に触れる機会を作ってあげてるんだから感謝しなさい」というスタンスでやってくることが多いですが

自分の価値を大切にしてください。

 

将来自分が大物声優になった時にバレたくないような過去を作らないように。

自分のことを大切にしてくれるところをきちんと選ぶようにしましょう。

声優が事務所に所属するまでと「所属」の意味

 

どんなスタッフがいるか調べたほうがいい

 

新規事務所の立ち上げの場合は、

その事務所をどんな人が立ち上げるのかということを調べると少しは内情が見えてくると思います。

 

こういう業界なので、きちんと実績のある人は名前を検索すればどのような実績があるのかということを調べることができますから

スタッフさんの名前は必ず調べるようにしましょう。

 

そこで悪評が出てくる場合もあるかもしれません。

 

どういう経歴の人たちが新しい事務所を作ろうとしているのか、

その人達なら新しい声優の仕事をとってくることができそうなのか?

 

そういうところまできちんと調べて所属するかどうかを考えた方がいいと思います。

 

声優事務所を新しく立ち上げるスタッフの名前がよくわからないようなところだったらやめといた方がいいです。

声優事務所は大手だからいい、ってわけじゃない。

 

新しい事務所の方がチャンスがあることも

 

とはいえ新しい事務所の方はチャンスがあることもあります。

 

大手の事務所だとやはり所属している声優の数も多いので、事務所に所属してからも飼い殺し状態になってしまって

せっかく所属したのに仕事が全く来ない、なんてこともあります。

 

小さい事務所の方が、事務所自体が抱えてる仕事は確かに少ないかもしれないけど

所属所属者も少ないから仕事が回って来やすくなるかもしれない。

 

そういうメリットももちろんあると思います。

フリーランス声優と事務所所属声優の違い

 

実際に出向いてみよう

 

結局のところ事務所の実態なんていうものは、実際に自分で出向いてみてそこのスタッフさんとお話ししてみないとわからないことも多いと思いますので

気になったらオーディションを受けてみる、もしオーディション会場で怪しいと感じる点があるのであれば、受かっても所属しない、

というくらいのフランクさでいいのではないかなと思います。

 

もちろんオーディションを受ける前に、ネットで調べられることを調べておいた方がいいと思いますが。

 

とはいえ、ネットに載っていることが全てではないので、実際に出向いて感触を掴んで見るのが一番いいと思います。

声優事務所の選び方

 

読んでくれてありがとうございました。

では。