初めて来てくださった方へまずは10記事!

声優はアクセント辞典でイントネーションを勉強している

声優は声で表現をするのが仕事なのでアクセントには日頃からとても気をつかっています。

日本語には同音異義語があって、発音によって意味が変わってくる言葉ってたくさんありますよね。

だとか

といったような言葉です。

これは音の高低によってどちらの意味を指しているのか、区別している言葉です。

声の仕事に携わらない方なら文脈でも判断することができるのでそこまで気をつける必要はありませんが、声優の場合はそうはいきません。ナレーションとかだと特に厳しくチェックしていかないとですよね…!

しかしこういった発音は、自分が育った地域や、家族の出身にも影響を受けるもので、自分が正しいと思っている発音でも、実は実際の正しいアクセントとは違う、ということが多々あります。

ちなみに私も東京生まれ東京育ちなのに、親がゴリゴリの九州弁なのでたまに「訛ってるよ」と指摘を受けます笑

これが自分一人で気づくことができないのが厄介ですよね。

プロの声優はどのようにして正しいアクセントを学んでいるのか、ということについてお話してみたいと思います。

アクセント辞典という辞典がある

created by Rinker
¥5,500 (2021/08/04 11:21:30時点 Amazon調べ-詳細)

日本語アクセント辞典、という辞典があって、

プロの声優やナレーターさんはこのアクセント辞典でアクセントの勉強をしています。

といっても辞典なので、台本で気になったアクセントとかを調べて勉強する、という形ですね。

最初から最後まで全部読んだりはしてないです笑

アクセント辞典には種類があって、新明解日本語アクセント辞典というものもあります。

NHKから出ているアクセント辞典は「今一番放送業界で支持されている共通語のアクセント」を重要視していて、新明解の方は「標準的な東京のアクセント」を重要視しているようです。

決定的にな違いは新明解の方にはCDがついてくる!ということ。

実際に耳で聞けるのはいいですよね。

ただ、ナレーションやラジオなどの「情報」を伝える仕事をしている方はNHKのアクセント辞典を使っている方が多いと思います。

実はこの二つの辞典でも結構アクセントが異なっていたりして、最終的には現場判断になるので、「これが正解」というのを先に勉強しておくことはできないんですね。

とはいえ、正解がわからないから勉強しない、ではなく、正解がないからこそどちらも知っておいた方がいい、という感じです。

現場でアクセント辞典を制作の方が確認したりすることもあります。

ゆめもん
スタジオのミキサールームにアクセントとか国語系の辞書が並んでたりするよ〜

辞典を引いてもアクセントが載っていない場合は、「<アクセントがわからない単語> NHKニュース」という感じで動画検索すると、その単語をNHKアナウンサーさんが喋っている動画を発掘できるので、それでアクセントを確認したりしています。

基本はNHKに合わせる。

声優は方言を直さなきゃいけない

アプリもある

アクセント辞典のアプリもあります。

アクセントアプリ

無料なのでインストールしてみましたが、正直感想はいまいち…

全部正解だと思って勉強しない方がいいですね。

前はNHKから出ているアクセント辞典のアプリがあったのですが、2017年8月末日で販売終了になってしまっていました…

すでに購入している人は使えるのですが、新規で購入することはできなくなっているみたいです。

アプリだと音も聞けますし、何より重たい辞書を持ち運ぶ必要もないのでとても重宝するんですがね。

追記!!!!!:

なんと!!!!!NHKアクセント辞典のアプリ出ました!!!!!待望の!!!!!実は販売前に問い合わせをしてたんですが笑

担当の方に「今開発中です」って言われてました。本当に出た!!!!待ってたよ!!!!笑

辞書 by 物書堂

 

辞書 by 物書堂
開発元:物書堂
無料
posted withアプリーチ

こちらの辞書アプリをDLして、この辞書アプリ内で検索して購入することができます。

こんな感じでアプリ内課金で辞書を買えるようになっています。国語辞典とか欲しい人は他にも買ってみてもいいかも。

アクセントを調べたい言葉を検索すると、こんな感じでアクセント出てきます。

ゆめもん
相合い傘ってふたつアクセントあるんだなぁ…知らんかった。

アクセント記号はできれば読めるようにしておいた方がいいですが、アプリなので言葉の横についてる再生ボタンを押せば音声再生してくれますヤッタネ!

基本上に出てくるのが第一アクセントと言って、公式のほう?よく使われるほう?みたいなイメージ笑

二番目に書いてあるやつも間違いではありません。そっちでもいいよ、ってやつ。

ただこちらのアプリ、iOSしか今のところ対応していません…(2021/04/15現在)

Androidの方は引き続き、紙の辞書って感じですかね…

created by Rinker
¥5,500 (2021/08/04 11:21:30時点 Amazon調べ-詳細)

現場に持っていくのはさすがに重いですが、紙辞書は家に一つ持っておいてもいいかもしれません。

発声を鍛えるのにヨガがおすすめな理由

指摘されるまで気づかない事もある

アクセントって基本的に生きてきた環境に影響されるもので「それが正しい」と思って生きていくから、

自分のアクセントが間違っている、ということを学べる機会って「人に指摘してもらう」という機会くらいなんですね。

間違いやすいアクセントとかをレッスンなどで学ぶことはできてもこれはもう場数を踏んでいかないとどうにもならない、という感じです。

一番大切なのは「人に指摘された時にすぐに直すことができるかどうか」です。

私も何度も経験がありますが、現場でディレクションを受けて、すぐに自分の演技を直すことができないと、収録時間も長くなってしまうし、何より共演者、スタッフさんたちを長く待たせてしまうことになります。

飲み込みが早い、というのが一番大切な声優のスキルなんじゃないかと思うんですね。

大御所声優さんと一緒に共演することだってよくあることです。

そんな中でやっぱりスマートに仕事ができる人は音感が良いというか、アクセントも聞いてすぐに直せる人が多いと思います。

何度もリテイクになると、それだけで申し訳ない気持ちになるし焦りも生まれるし、胃が痛くなります笑

そのためにも、どんなアクセントがあるのか、

正解を探すのではなく、正解の引き出しをたくさん持っておくことが重要なんじゃないかと思います。

アクセントは学ぼうと思えば学ぶことができるものですが、自分が正しいと思っているものが間違っていると気づくまでにはかなり時間がかかります。

なので、普段から「この言葉はこのアクセントで合っているのだろうか?」と常に意識し、

手元のアクセント辞典で調べる癖をつけた方がいいでしょう。

声優になるにはどんな勉強をすればいいのか

読んでくれてありがとうございました!

ではっ