声優になれる可能性は誰もが等しく持っているはずだけど。

「これこれこういう理由があって、こういう状況だけど、こんな自分でも声優になれる可能性はあるでしょうか?

という質問がよく質問箱にきます。

 

人それぞれ色々な状況に立たされていて

それぞれに大きな困難があると思う。

 

でも声優になれる可能性、というものは誰もが持っていると思います。

 

誰でも可能性はあるけど、倍率は厳しい

 

  • もう年齢も若くない
  • 就職して働いてるけど声優を諦めきれない
  • 地方に住んでいる
  • お金がない
  • 親が反対する
  • 体が丈夫じゃない

色々な障壁があると思います。

 

じゃぁそういう経歴の人が声優業界に全くいないか?と言ったら

そんなことないんですよね。

 

有名声優さんの経歴、ぜひたくさん調べてみてください。

まずは自分がいつも応援している人、気になる声優さんからでも。

 

一度就職して全く違う仕事をされていた方もいれば、定年退職後に声優になられた方もいらっしゃるし

お金がないけど特待生をとってレッスンを受けながらデビューした人もいるし、

体が弱いからスケジュールを調整してもらいながら声優の仕事を続けている方もいます。

 

人それぞれ色々な事情があるのは仕方がないことです。

そしてそれを超えられるかどうかは自分次第。

 

誰かにできたことなら自分にもできるかもしれない、って思うと思います!

だから色々な声優さんの経歴を調べてみると、勇気が湧いてくるかもしれません。

 

可能性はあります。でも、それを叶えられる人は少ないです。

そういう業界です。

声優志望という人にまず考えて欲しいこと

 

なってからも大変

 

多くの人は声優としてデビューすることがゴールだと思って頑張っているけど

声優はなるまでよりも、なってからの方が大変だと思います。

 

事務所に所属することができたとしても、そこからコンスタントにお仕事をもらえるようになるまで何年もかかる人もいれば

その間に諦めて事務所を辞めてしまう人もいます。

 

私が知っているだけでも、何人もの人が声優業を諦めて別の道に進みました。

 

新人のうちはギャラも安いから、数本レギュラーを持っていたってバイトをしながら声優業をしている人が多いです。

 

そういう状況の中でも声優としてやっていきたいか?

声優業界は今とても注目されている業界だし、なりたい人は多いけど、そういう仕事していない時間の努力や我慢もいっぱいあります。

 

自分がそこまで頑張ってまで、声優になりたいと思えるか。

そういう気迫みたいなものが問われる業界かもしれません。

声優の理想と現実のギャップをもっと知ってほしい

 

可能性を考えるよりも前に進める方法

 

おおまかに計算すれば声優になれる確率がどれくらいあるのか、という計算式はざっと導き出せるけど

その数字を知ることにあんまり意味はありません。

 

本当に声優になりたいのであれば、声優になれる可能性なんてあってもなくても頑張れると思う。

倍率が100倍でも1万倍でも100万倍でも、結局やることは変わらないんですよね。

 

毎日自分がどれだけ努力することができているか、ということが自分の精神を一番安定させてくれると思います笑

 

自分が後悔しないくらいに頑張れたら、結果が伴わなくても諦めもつくだろうし。

だから本当に声優になりたい、と思うなら、自分が諦めがつくくらい、毎日「もうこれ以上はできない」というのを繰り返してみてください。

 

これだけ頑張って声優になれなかったら嘘だろ、と思えるくらい。

 

今現役で活躍されているレジェンド声優と呼ばれる方達だって

毎日訓練を欠かしません。

 

さらに収録行ったり、講師業やったり、と1日の中で芝居に携わっている時間は圧倒的に多いです。

 

でもそんな人たちと同じラインに立って仕事をしていく、ということを目指しているわけだから

そういう人に負けないくらいの努力をしていかなきゃですよね。

一人でできる声優の演技の練習方法

 

可能性はあります。

確率は低いです。

それでもやりたいか、だと思います。

 

読んでくれてありがとうございました。

では。