声優のイメージ戦略って大変

声優のイメージ戦略
LINEで送る
Pocket

 

イメージ戦略について、というとこれは声優よりも芸能界全体に言えることであり、
むしろ声のお仕事である声優というジャンルには関係のなかったこと、だったんですが、
今の声優って顔出し必須みたいなところありますよね。

 

声優雑誌もいっぱいあるし、
声優さん自身がテレビに出演されていることもしばしば。

 

歌って踊れる声優が当たり前、みたいになってきた時代でイメージ戦略もとても大事なんじゃないかなと思っていました。

 

あくまで私の見解のひとつとして、読んでください。

 

他者と差別化するためのイメージ戦略

 

自分がどう他人からどう見られているのか、
他人にどう見られたいのか、と考えることは声優業界で生き残っていく上でとても大切なことなんだ、と教えてくださった先輩がいらっしゃいました。

 

なぜなら、声優のお仕事というものは資格を取らなくてもできる仕事であり、
会社に入らなくてもできるお仕事だからです。

「声優です」と自分で名乗った時から、お仕事をいただける場があればできてしまうお仕事なのです。

 

つまり、声優業界にはたくさんお仕事をされてる声優さんがいて、
その上でたくさん声優になりたいと思ってる人がいて、
その全員が声優さんになることができるチャンスを持っている、ということなんです。

 

そこで、声優さんが必要な時にクライアントさんが声優をキャスティングするわけですが、
その時にクライアントさんに「覚えてもらえてる」ということがとても大切です。

 

数が多ければ多いほど選択肢があるわけで
その中で人に選んでもらえるような人でいなくてはいけない。

だからこそ人の印象に残ることが大切で、その人の印象に残るために精一杯「自分がどういう人間なのか、どう見られたいのか」というアピールをする必要があります。

 

だから声優のイメージ戦略って視聴者の方々向けだけでなく、
一緒にお仕事をする人たちに向けても、大事なものになってくるんです。

 

声優をキャスティングするクライアントさん側はオーディションで1日に100単位で声優さんを見ることもしばしば。

そんな中で印象に残っていかなきゃいけないわけですからかなり突飛なことをしていかないと人の印象に残るって難しいですよね。

 

SNSやネットのイメージ戦略

 

たくさんの人に見てもらって、聞いてもらって、注目されてなんぼの声優は、
人にどのように見られているのかということを意識せざるを得ません。

 

また、多くの人に見られる仕事だからこそ、特にSNSでの発言は「なんでもないようなつぶやき」を意識してやっていました。

なぜならSNSなどでの発言はとんでもない事態を引き起こしてしまうことがままあるからです。

 

声優のお仕事は絶対に一人でできるものではありません。

声を当てる対象があるからこそ成り立つ仕事です。

 

だからこそ自分一人の見解で仕事についての内容をつぶやいたりすると、
その影響がその仕事に関わってくださっている他の方に及んでしまうこともあり得るんです。

 

だからSNSを最初やろうと思った時は正直恐る恐るでした。

 

でもフリーになった今、
私は大衆に好かれる人間でなくなってもいいかなと思っています。

(事務所を退所したお話はこちら:プロダクション・エースを退所しました。

 

肯定的なものがあればそれだけ否定的なものがある、というのが世の常だと思っているし私の中身だって全然綺麗なものだけでないし。

 

どうしても多くの人に好かれようとすると「これは言っちゃまずいかな」という思考が先にきてしまって思っていることを胸のうちだけにとどめてしまうようになっていってしまったことがありましした。

 

だけどそれってどんどん何も言えない、つまらない人間になっていくということなのかなって最近思うようになったんです。

 

だからブログ更新を始めました。

きっとこのブログをよく思わない人もたくさん出てくるでしょう。

今までの私は「言っちゃまずそうなことは言わない、当たり障りない子」だったからです。

 

でも、私は私が感じたことを感じたままに発信できる私でありたいと思ったんです。
そういったことで同じように悩んでる人もいるんじゃないかなと思ったので。

 

たくさんの人に良いイメージを、は難しい

 

たくさんの人に良いイメージを持ってもらうのが大事と思っていましたが、
でも人によって良いイメージなんて全然違いますよね。

 

つまりたくさんの人に良いイメージを持って欲しい、と思っていると自分がどんどんブレていってしまうんじゃないかなと思うんです。

 

それは色がないことと一緒。

接する相手によって色を変えてしまうようなこと。

 

だから嫌われる覚悟をもって、自分の色を決めてみるってすごく大事かなと思います。

 

人に嫌われるのって確かに怖いしできれば嫌われたくないですよ。

でも人に嫌われるということはそれだけ自分が自分として成り立っている、ということだし、きっとそんな自分を好いてくれる人がどこかにいる、ということと同義なんじゃないかなと思います。

 

そうして見つけられた私を好きでいてくれる人を大切にしていきたい。

そういう人間らしい奴でいたいなって思いました。

 

まとめ

 

どんなに辛いことがあってもみんなの前では明るく元気に。
それが私の今まで思ってきたことです。

 

でもこれからは辛いと思ったことは辛いと言ってみます。

それはそれで、同じように辛いと思ってる人の何かしらの役に立つんじゃないかなとも思うから。

 

元気で明るいものを見た時の方が辛くなることもありませんか?

クリスマスぼっちのときにすれ違う幸せそうなカップルをいっぱい見た時とか。笑

 

もっともっと醜く人間らしく生きていこうと思います。

 

 

読んでくれてありがとうございます。

では。

 

LINEで送る
Pocket

よく読まれている記事

 

幸田夢波 twitter: