声優に求められるアドリブ力とは

声優に求められるアドリブ力とは
Pocket

声優にはアドリブが求められるシーンがたくさんあります。

また、アドリブ力がある声優さんはいろんなところで重宝されます。

 

すごいなぁと思う大先輩の声優さんは特にアドリブ力がすごい方ばかりです。

 

声優のおけるアドリブ力とはどんなもので

アドリブ力のある声優さんはどう重宝されるのでしょうか?

 

アドリブとは

 

そもそもアドリブという言葉にあまり馴染みがない人もいるでしょう。

 

アドリブというのはどういう意味なんでしょうか?

 

アドリブはラテン語の「ad libitum」の略であり、「自由に」を意味する音楽用語。即興演奏・インプロヴィゼーション。

演劇、放送などで、出演者が台本にない無関係の台詞(せりふ)や演技を即興ではさむこと。また、その台詞など。

 

wikipediaより引用

 

wikipediaには以上のように書かれています。

 

ざっくり言うと役になりきって思いつきでセリフを話す、というのがアドリブということです。

 

声優の仕事では台本が必ず用意されていますが、台本にないセリフを演じる、つまりアドリブが求められることもたくさんあるのです。

アフレコの詳細についてはこちら→アフレコの練習はどうやってするのか

 

仕事で必須のアドリブ

 

役単体でのアドリブ

 

声優の台本には実は『<AD>』と書かれていることが多々あります。

これがアドリブの表記です。

 

  • セリフにはしなくていいけど何かしら音をつけたい時
  • 画面にキャラクターの口元が映っていないけれど、何かしらしゃべっている時

このパターンが主にアドリブ指示が台本に書かれている時です。

 

前者の「何かしら音をつけたい時」というのは

  • 走る息
  • 泣き芝居
  • ため息
  • 訝しむ息

など、言葉としてのセリフにはなっていないけれど音をつけておきたい部分で、これもアドリブとして台本に書かれていることが多いです。

 

後者のキャラクターの口元が映っていない時、というのは、

  • 目元だけのアップ
  • 後ろを向いてる

などの場合や、そもそも画面自体にキャラクターが映っていない時に使われます。

 

台詞がついていて口元が映っていない時はオフ台詞、とも言われます。

 

また、台本に指示がなくてもト書き(台本に画の説明が書かれている箇所)を読んでアドリブを付け加えた方がいいな、と思った時は自主的にアドリブを入れたりもします。

 

現場判断でその場で「ここにアドリブ何か入れておいてください」と指示を受けることもあります。

アフレコ現場でヒヤッとする瞬間

 

ガヤ

 

それぞれの役としてアドリブをやる時もありますが、それ以外にスタジオに収録にきている声優さん全員、または複数人で収録する「ガヤ」と呼ばれるものがあります。

 

これはいわゆる環境音のようなものなんですが、シーンによって必要になってくるアドリブ芝居になります。

 

例えば学校の教室のシーンだったらメインでしゃべっているキャラクター以外にもそのシーンでカメラに映っていないキャラクターがしゃべっているはずですよね。

昼休みはメインキャラクター以外のクラスの友達が一緒にお昼ごはんを食べながらしゃべってるはずなんです。

 

つまりそこの「ガヤ」を収録しないと、教室で発せられる音がメインキャラクターたちだけの声になってしまってとても不自然なんですね。

 

なので声優はみんなでシーンに合わせて「ガヤ」を収録します。

これは基本的に全部アドリブです。

 

実は決まった台詞を喋るよりもガヤの方が難しいとすら言われています。

 

そのシーンを想像し、また自分のキャラクターも設定し、場違いなことは言わないように、そこにいるキャラクターが言いそうな台詞を想像して即興で芝居する、というのは慣れていないとできないことだと思います。

 

先輩には「ガヤが難なくできるようになるまでは3年はかかると言われてる」という話を聞いたことがあります。

 

アドリブは演技の醍醐味

 

実は私はアドリブのお芝居がとても好きです。

 

アドリブ芝居をするのはとても難しいですが、アドリブってその人にしか絶対に表現できないものを表現することができる手法だと思うんですね。

その人が考えるそのキャラクターの魅力を引き出せる手法なんじゃないかと。

 

そして大先輩の声優さんはアドリブ芝居で周りの声優さんやスタッフさんを爆笑の渦に巻き込む力があります。

声優において「演技力がある」とはどんなことなのだろう?

 

アフレコ以外で求められるアドリブ

 

実は演技以外にもアドリブと呼ばれるものがあります。

それは「機転をきかせた行動」というのでしょうか。

 

声優は今、アフレコ以外にもたくさん仕事が増えてきています。

声優がアイドルになった理由を考えてみた

 

  • テレビ
  • ラジオ
  • イベント

など、トーク力が求められる場面がすごく多いんですね。

 

そういう場面でもアドリブ力がある人は強いと思います。

ネットラジオにおける声優の特徴

 

アドリブ力はどうやったら身につくのか

 

アドリブは一朝一夕で身につくものではありません。

 

ただ結局つまるところ、役として生きることができればアドリブも難なくこなくことができるようになると思うんですよね。

 

日常の中にもアドリブを勉強できるタイミングはたくさんあります。

  • 授業中みんながどんな話をしてるのか
  • 街中でしゃべっている人たちの会話
  • 隣に座っているカップルの話題

こんな小さな日常から、アドリブの勉強をすることができるはずなんです。

演技が上手くなるにはどうしたらいいのか

 

お芝居は常に、日常生活の研究です。

 

アドリブを身につけることでより個性的なお芝居、求められる人になることができると思いますのでぜひ声優になりたい人は参考してみてください。

 

読んでくれてありがとうございました。

では。

Pocket

オンラインサロン

幸田夢波オンラインサロンバナー

オンラインサロン始めました。クレカ決済なら30日無料です。

一緒に、夢を仕事にしましょう。 夢波サロンへ

幸田夢波twitter

声優になりたい人、声優としての活動に悩んでる人、これからフリーランスとして独立したい人に役立つ情報をお届けします。

yumeha
About yumeha 266 Articles
声優、アーティスト、デザイナー、当ブログの運営者。 2009年に声優デビュー、2016年声優事務所を退所し、現在フリーランスで活動中。自由に生きられる選択肢を増やし、それを発信するために毎日ブログを更新中。