声優はアフレコに行く時にどんな服装をしている?

声優はアフレコ(収録)に行く時にどんな服装をしているのか?

そもそも声のみの収録だから何着てってもいいの?

というような質問をいただくことが多いので、アフレコ時にどんな服装をしているのか、ということを書いてみたいと思います〜!

 

音の鳴るものはNG!

 

アフレコの時は音の鳴るものはNGです!

マイクは指向性マイク(特定の方角の音をよく拾うマイク)が使われてはいるものの、やはりマイクの近くで声以外の音が鳴ったらそのテイクはNGになってしまって

もう一度録り直し、ということになってしまいます。

 

出番がない時にマイク近くに座っててお腹が鳴っちゃった〜みたいなことでもNGになってしまうことがあるので結構ヒヤヒヤです笑

 

服装では、例えばウィンドブレーカーみたいなシャカシャカ鳴っちゃう感じの材質はNG。

 

ほかにもアクセサリーとかで動くと音が出るものもアフレコ時はつけられません。

とはいえお洒落もしたいですよね!なので収録中に外して置いておく、などの配慮をすれば大丈夫です。

外したアクセサリーをそのままスタジオに忘れていってしまわないようにだけ注意!(よくある)

 

さらに靴のファスナーとかも、アフレコブースで無音の中歩いたりすると

意外とちゃりちゃり鳴っちゃって、現場に行って気づく…みたいなこともよくあります。

 

靴が音が出てしまうものの場合は、靴を脱いでアフレコされてる方もいます。

だいたいアフレコブースは足音が出ないように絨毯のような柔らかい素材になっているので、靴を脱いでも大丈夫です。

アフレコ現場でヒヤッとする瞬間

 

女性は厚底の靴を履いてる事が多い

 

それぞれの身長にもよるのですが、

背が小さめの女性声優は厚底の靴を履いてアフレコしていることが多いです。私も含め笑(151㎝)

 

特に男性も多い現場だったりすると、マイクが結構高めに設定されていることが多く、

身長の関係で上手くマイクに入れないことがあります。

 

本当に背が低い場合はアフレコ用の厚底の靴を持ってきておいて、現場で履き替えている人もいます。

 

また、アフレコ中は素早く動かなくてはいけないことがあったりするので

できればかかとだけが高くなっているヒールではなく、靴が全体的に厚底になっているような靴の方がバランスが良いので好ましいと思います。

アフレコのドタバタの中で転けちゃったりしたら元も子もないですからね笑

声優のマイクワークの内容とその大変さ

 

パジャマでもいいの?

 

服装に決まりはないのでパジャマでも大丈夫です笑

実際かなりラフな格好で現場に来る方、女性でもすっぴんで現場に来る方もいらっしゃいます。

そのままランニング行けそうっていうくらいスポーティーな格好をされている方もいます。

 

声を出す時に窮屈にならない服装が一番良いと思います。

 

声の仕事なので、特に服装に関してルールがあるわけではありません。

ただ最近はアフレコ終わりに写真を撮ったりすることもあるので、そういう場合は注意が必要かもですね笑

ラジオとかだと毎回写真撮るのが当たり前みたいになってますしね〜

 

自分の見せたい印象とかもあると思いますし、

アフレコ中の服装が外部に出るわけではないとは言え、アフレコ現場にも一緒に働く方がたくさんいるわけなので、服装は常識の範囲内、という感じにはなりますが笑

声優は職質を受けることが多い!?なんでなのか考えてみた

 

他の人と服装が被ってる時は注意!

 

アフレコブースの隣、ガラス越しにミキサーさんが座っているミキシングルームがあります。

大抵の場合は声優がアフレコをする後ろ側にミキシングルームがあり、

ミキサーさんが声優の後ろ姿を見ながら、誰がどのマイクに入ってどのセリフを言うのか、ということをめちゃくちゃ高速で確認しつつフェーダーを調整しながらアフレコが行われています。(まじですごい)

 

ミキサーさんは声優の後ろ姿で判断をしているそうなので、

他の人と服装や服の色が被っていたり、アフレコの途中で上着を脱いだりするとわかりにくくなってしまうことがある、という話を聞いたことがあります。

 

もし色が他の人と被ってたら上着を脱ぐとか、逆に目印としてストールを巻くとか

何かしらの工夫をするとミキサーさんにも迷惑をかけず、全体を通してお仕事が円滑に進むかもしれません…!

アニメのアフレコの流れってどんな感じ?

 

読んでくれてありがとうございました!

ではっ