フリーランスに向いてないな、っていう人もいる

フリーランスとして働いているので、情報収集するために同じようにフリーランスで働いている方や

ブロガーとして活躍されている方の発信をなるべく見るようにしているのですが、

その中で「フリーランスやっぱり最高!会社員なんてみんな辞めた方がいいよ!」みたいな極論をちょくちょく見かけます。

 

会社員、というわけではないですが、一応事務所に所属して仕事をしていて、

そこからフリーランスになってみた自分としては、この考え方は極論すぎるなぁと思っていて、

フリーランスが向いてる人もいれば向いてない人もいると思うんですね。

 

人それぞれ感じ方って違うから、

自分に合った働き方をした方がいいと思っています。

 

私はフリーランスとしての働き方が自分にとても合っていると思っているけど

じゃぁフリーランスとして働くことが100パーセント楽しいか、と言ったらそんなわけは全然なくて、

フリーランスだからこその悩みというか、デメリットもあるわけです。

 

私なりに、フリーランスのデメリット面から考えて

「こういう人はフリーランスには向いてないだろうなぁ」と思うポイントについてまとめてみました。

 

数字が苦手

 

フリーランスになって一番大変だな、と思ったのはお金の管理です。

 

会社に所属してたら会社が何も言わなくてもやってくれることを

フリーランスの場合は全部自分でやらなきゃいけません。

 

請求書作ったり、確定申告したり、どれを経費にして、どの金額を売り上げとして計上するのか…

数字との戦いになります。

 

ブロガーはそもそもアナリティクスで数字見慣れてるだろうし、数字を追いかけるのが得意な人が多いと思うので、

結構フリーランスに向いてる人が多いんじゃないかと思いますが笑

 

クリエイトすることに集中したい、というクリエイターさんも多いんじゃないかと思うんですが

お金関係、書類関係でいろいろ時間をとられるのがフリーランスなんですよね。

 

それなりに収入を得られるようになったら税理士さんとかに頼んで丸投げしちゃってもいいと思うんですが

なかなかフリーランスでそこまで稼ぐのも難しい。最初は特に全然稼げない時期とかもありますしね。

 

特にお金関係の方で、数字とにらめっこしなきゃいけない時間が増えると思うので

数字が苦手な人はフリーランス向いてない、というか結構きついと感じると思います。

フリーランスになるのに収入が不安だ、という人がやるべき事。

 

連絡がマメじゃない

 

連絡をマメにすることができない人はフリーランスには向いてないです。

 

これは私もフリーランスになってわかったことですが、

仕事関係の連絡は全部自分でやりとりしなくちゃいけないので、連絡の量がはんぱじゃなくなります。

 

働き方にもよるとは思いますが、フリーランスは複数のクライアントを抱えることになるケースが多いと思うので

同時並行であっちこっちと連絡しなきゃいけません。

 

連絡がきたらすぐに返せる人の方が、信頼度も上がると思います。

フリーランスになると個人の信用で仕事をしていかなきゃいけなくなるので、レスの速さもまたその個人の信用に影響してくると思うんですね。

 

なので連絡をマメに取れる人じゃないとフリーランスは難しいと思います。

 

既読無視とか、連絡し忘れとかはダイレクトに自分の信用を下げることになってしまいますから。

 

私はなるべくその時に返せないものはその時に開けないようにしてます笑

メールやラインは開いてしまったら必ず返す、というふうになるべく、なるべく!!

フリーランスになって見えてきた一緒に仕事をしたくない人の特徴

 

マルチタスクよりシングルタスク派

 

一つのことに集中しちゃったら周りが見えなくなっちゃう!みたいなシングルタスク派はあまりフリーランスには向いてないかなぁと思います。

 

同時並行で進めなくてはいけない案件もたくさんあるし、

しかもそれでいっぱいいっぱいになってしまうと、そこから成長できなくなってしまうので、

適度に精神的にも時間的にも余裕を持ちながら、仕事をこなしていかなきゃいけない。

 

なのでマルチタスクな感じで仕事を進められる人の方がフリーランスには向いてると思いますね。

 

とはいえ、自分のキャパを超えそうになったら仕事のスケジュールを調整したり、

仕事を選ばせてもらったり、ということを自由にできるので、自己管理能力があれば問題ないと思います。

フリーランス1年目におすすめしたいいろいろを書いておく。

 

落ち込みやすい

 

フリーランスってやっぱり不安定です。

毎月同じお給料をもらえるわけじゃないし、仕事の浮き沈みが結構ダイレクトにあるものだと思う。

 

でもそんな中で落ち込んでる暇なんてなくて

落ち込んでても何も生まれないから、向上できるための策を考えなきゃいけない!

 

なので、落ち込みやすかったり、感情を引きずりやすい人にはちょっと辛いと思うことが多いかもしれないです。

 

能天気って言われるくらいの人の方がフリーランスは楽しめるかな…!

ちなみに私も超絶能天気です。笑

フリーランスって孤独だけど、それを楽しめる人には楽しい。

 

自分にあった働き方を

 

私が個人的に思うフリーランス、という働き方のデメリットを織り交ぜつつ

フリーランスに向いてない人についてまとめてみました!

 

別に向いてる向いてないは自分でやってみて決めればいいことなので、これが正しいわけじゃないし

自分に合った働き方を見つけられるのが一番幸せで、「正しい働き方」なんてないですから気を楽にやってみてください。

 

これからフリーランスになろうかな〜と思ってる人の参考程度になったら幸いです。

幸田夢波がフリーランス、経営初心者におすすめしたいビジネス本

 

読んでくれてありがとうございました。

では。