声優として仕事をしていく上での問題

声優の問題
Pocket

つい先日、今の中学生がなりたい職業ランキング、というものが発表されていました。

中学生女子がなりたい職業の1位は見事芸能人・声優、というものになっていました。

 

やっぱり声優人気はすごいんですね。

 

しかし声優はデビューするまでも大変ですが、声優としてデビューしてある程度仕事をしてからもたくさんの問題に直面します。

 

今回はある程度キャリアを積んだ声優がどんな悩みを抱え、どんな問題にぶちあたるのか、ということについてお話してみたいと思います。

 

事務所に所属するかどうか

 

ある程度キャリアを積んだ声優は仕事のやり方も、声優の仕事がどういう仕組みで回っているのか、ということもわかるようになってきます。

 

そうするとフリーランスで仕事をする、という選択肢もアリになってくるんですね。

 

もちろん声優としてデビューしたばかりの頃は事務所に所属していないと声優業界のパイプもありませんし、自分の売り込み方もわからないだろうし仕事をコンスタントにとるのは難しいと思います。

 

なので最初は自分のやりたい仕事をやれそうな事務所を見つけて、そこに所属するのが大切です。

声優事務所の選び方

 

しかし事務所に所属しているとできないことも多くなります。

 

例えば声優にファンレターは届くのかでもお話しましたが、ファンの方のお手紙にお返事したり、サインをしたりすることも事務所から制限されますし、

舞台に出演したいのに事務所によってはNGを出されることもあります。

詳しくはこちら→声優のスケジュール事情

 

自分の本当にやりたいことをやるためには制限のないフリーランスとして活動する、というのも選択肢としてはアリなんですね。

私もそういう側面があって事務所を退所したところもあります。

フリーランスで声優をやってみて、実際のところ。

 

もちろんフリー声優としてやっていくメリットデメリットはたくさんありますが、

どちらがいい、というのではなく性格的に合っているかどうか、というところでしょう。

声優をフリーでやるメリットとデメリットを考えてみた

 

事務所は何か問題が起きた時に自分を守ってくれる盾になってくれます。

 

でもそれゆえに動きづらくなるのも確かなのです。

 

だからキャリアを積んである程度人脈もできたら、声優事務所を離れる、というのも選択肢なんです。

もちろん自分のやりたい仕事に合わせて、事務所を移籍する、という選択肢もあります。

声優の移籍ってよく聞くけど、どういうことなの?

 

事務所に強く言えない

 

事務所に所属している声優が抱える問題として挙げられるのが「事務所にいろんなことを強く言えない」という問題です。

 

自分のことを営業してくれて、お仕事をくれるのが事務所ですから、やっぱりちょっと上下関係的なものは生まれやすいですよね。

 

私は事務所は共同経営者だと思っているし、マネージャーにへこへこしている声優さんを見ると不憫に思っていますのですが。笑

声優はマネージャーがずっとついてるわけじゃない

 

少し細かくお話ししてみたいと思います。

 

ギャラの問題

 

声優のギャラはちょっとわかりにくいところがあって、仕事ごとに金額交渉が必要だったりします。

 

一応相場的なものはあるのですが、クライアントさんとの関係次第だったり、制作費をなるべくカットしたい現場だったりすると交渉になります。

声優のギャラの相場はいくらなのか

 

声優事務所に所属しているとギャラの交渉は事務所側がやってくれます。

 

でもこれはつまり「安いギャラで仕事を受ける可能性がある」ということです。

 

さらに言えば、ギャラのマージンは事務所との契約時に決めるので、マージンが高くても「他の所属声優もみんなこのマージンだから」と言われてしまったらそこから覆すことは基本的にはできません。

 

声優事務所も「このルールに乗れないなら所属は不可」というスタンスですから。

 

つまりお金のことについてとても劣勢になってしまうんです。

仕事で考えなくてはいけないお金のこと

 

事務所に所属しているのに、系列会社の仕事だからといって仕事をギャラなしで受けている声優さんもいます。

 

なかなか新人声優のうちはこちらから事務所に言いたいことを言えないのが問題です。

しかしギャラがあまりにもおかしすぎるのは考えものです。

 

ただでさえ新人声優は生計を立てていくのが難しいのですから。

声優やりながらバイトを掛け持ちしてました

 

仕事内容の問題

 

仕事の内容に関しても事務所にあまり強く言えない、というのがまた声優の問題です。

 

たまに声優事務所なのに「これは一体…」という内容の仕事があります。

あまり声優と関係のない仕事だったり、自分のやりたい仕事の方向性とは違ったり。

 

それが事務所がどのような意向で依頼してきた仕事なのかにもよりますが、仕事によっては声優本人は受けたくないと思ってしまう仕事もあるでしょう。

 

でも事務所に所属している身としてはそこで文句を言えないことも多々あるわけです。

 

常に仕事が受け身

 

これは声優事務所に所属している声優でも、フリーランスの声優でも言えることなのですが、

どうしても声優の場合は仕事が受け身になってしまいがちです。

 

クライアントさんから仕事をする場を提供してもらわないことには仕事をすることができません。

 

でもランクがついてしまったらギャラも上がってしまうし、声優がますます供給過多になりつつある今では仕事をとっていくこと自体がかなり難しくなってきてしまっています。

声優はランクでギャラが変わるその仕組みと問題点

 

だから常に収入も不安定になるので、これが最大の問題点とも言えるでしょう。

 

フリーランスになっても仕事が簡単に取れるような業界なら先述したような問題も解消されますからね。

声優の収入が安定することはない

 

声優は問題がいっぱい

 

ある程度キャリアを積んでいる声優はどんな問題に直面するのか、ということについてお話してみました。

 

フリーになって声優業をやってみるとさらに業界の問題をいろいろ痛感します。

 

声優になるまでも大変ですが、声優になってからもずっと大変な仕事、それが声優という仕事なのでしょう。

 

読んでくれてありがとうございました。

では。

 

Pocket

オンラインサロン

幸田夢波オンラインサロンバナー

オンラインサロン始めました。クレカ決済なら30日無料です。

一緒に、夢を仕事にしましょう。 夢波サロンへ

幸田夢波twitter

声優になりたい人、声優としての活動に悩んでる人、これからフリーランスとして独立したい人に役立つ情報をお届けします。

yumeha
About yumeha 326 Articles
声優、アーティスト、デザイナー、当ブログの運営者。 2009年に声優デビュー、2016年声優事務所を退所し、現在フリーランスで活動中。自由に生きられる選択肢を増やし、それを発信するために毎日ブログを更新中。