泣いた映画、おすすめDVD

泣いた映画、おすすめのDVD
Pocket

 

出身が映像学科なもので、映画は好きです。

中でも

  • シナリオの骨組みがしっかりしているもの
  • ファンタジー要素やフィクション要素があってもリアルに近いもの
  • 見せ方が上手いもの
  • 女優さん、俳優さんのお芝居がすてきなもの

が好きで、そういう観点から作品を見ています。

 

本当にはまったアニメという記事の中で共感していただける作品があった場合は映画の趣味も似ているかもしれません。

 

泣いた映画の中で、DVDで見るのにもおすすめな映画を紹介したいと思います。

 

ハドソン川の奇跡

 

トム・ハンクス主演

クリント・イーストウッド監督作品

 

155人の命を救い、容疑者になった男

2009年1月15日、厳冬のニューヨーク。
160万人が住むマンハッタン上空850メートルで突如制御不能となった飛行機を、ハドソン川に不時着させ、
“乗員乗客155名全員生存”という驚愕の生還劇を成し遂げたサレンバーガー機長。

だが奇跡の裏側では、その判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われていた…。

 

実際に2009年1月15日にあったニューヨークの飛行機事故をモチーフに作られた作品で、飛行機が制御不能になったシーンや

飛行機が落ちていくシーンが細かく映画の中で表現されており、飛行機関連の映画作品が嫌いな人には正直おすすめできないほどリアルです。

 

ただ、飛行機事故関連の作品は大体が飛行機に乗る前から始まり「誰かが死んでしまうかもしれない」というハラハラ感とともにストーリーが進んで行くものが多いですが、

このハドソン川の奇跡は飛行機事故から乗客が全員無事に生還したところから始まるので多少安心感をもって見ることができます。

 

硫黄島からの手紙 アメリカン・スナイパーなどで知られるクリント・イーストウッド監督。

撮る映画は2時間超えの長尺が多いですが、ハドソン川の奇跡は96分でとても短くまとまっています。

 

ちょっと映画を見たいけど、長い映画は無理、という隙間時間に見るのには丁度いい長さだと思います。

 

短尺にまとめているおかげか、ストーリー展開にもたつきもなく、すっきりと、集中して見ることができました。

 

時間軸の移動がかなりある映画ですが、それもわかりやすく表現されています。
映画でのその見せ方がうまいなぁと感じました。

 

内容も飛行機事故、と聞いて想像するストーリー内容とは少し違ったものになっており

乗客の命を全員無事に救うことができたみんなのヒーローであるはずの機長の、つらい葛藤が描かれています。

 

飛行機事故はいつ誰が遭ってしまうかわからないものです。

本編中の描写を通して、今生きている、ということがどんなにありがたいことなのか、ということを改めて感じさせられた映画でした。

 

間違いなく2016年公開の映画の中で一番のおすすめ映画です。

 

インターステラー

 

マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、W主演

クリストファー・ノーラン監督作品

 

地球の寿命は尽きかけていた。
居住可能な新たな惑星を探すという人類の限界を超えたミッションに選ばれたのは、
まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男。

彼を待っていたのは、未だかつて誰も見たことがない、衝撃の宇宙。

はたして彼は人類の存続をかけたミッションを成し遂げることが出来るのか?

 

宇宙と時間をモチーフにしたSF映画ですが、とてもリアリティーのある内容でした。

 

私たちにはまだ未知すぎる宇宙、時空を映画で表現しようとしているクリストファー・ノーラン監督は素晴らしいと思います。

 

また、単純に「宇宙」「SF」と言った言葉では片付けることのできない家族愛が深く描かれている映画です。

 

私は映画館で見ましたが、家族と一緒にゆっくり家でDVDでもう一度鑑賞したいと思えるおすすめ映画です。

 

内容は少し大人向けで難しいところもあります。

展開が早いのもつまらなくならないので良いという意見もあれば、早すぎて内容も難しいからついていけないという意見もあるかと思いますが、

そういった特徴があるからこそ、映画を見終わった後もじっくり咀嚼できるような映画になっているのではないかと思いました。

 

そういうことが宇宙で起きうるなら、そういうことにもなりうるのかぁ…と映画の終盤は不思議な気持ちになります。(ネタバレしたくないので全然何も言えない笑)

 

この世界の片隅に

 

声の出演 のん

片渕須直監督作品

 

第二次大戦時の広島の軍都、呉を舞台に一人の女性、すずの生活を描く。
戦時の生活を細密に描き、読者の圧倒的共感を博した原作の魅力を存分に映像化

 

戦争ものの映画はしんどすぎるのでなかなか見たいと思いません。

ただ、日本人としてやはり目をそらしてはいけないんだろうな、というなんともいえない使命感と戦いながら、決死の覚悟をもって見ました。

 

DVD化はもう少し先のようですね。

 

アニメ映画ということで、声優さんの演技にはついつい敏感になってしまいがちな私ですが、のんさんのお芝居、素晴らしかったです。

 

アニメだとどうしても若い女の子は高くて可愛らしい声、みたいなイメージがありますが、

のんさんのご本人そのままな声がとても主人公のすずに合っていて、映画を観終わるころには「すずの声はのんさん以外ありえない」と思いました。

 

のんさんのお芝居だからこそ、余計にアニメ映画だけど、そこに人間のリアルさが出ているんだろうなと思いました。

 

声優になりたいと思っている方は、そういった観点から見てみても面白いかもしれません。

こちらもどうぞ→タレントを声優に起用する理由を考える

 

やっぱりしんどくなる描写は多かったですが、
とても美しい絵が多くて、お腹がすいたり、綺麗な風景だな、と匂いを感じることのできる映画になっていました。

戦争を題材にした映画なのに、映画館で見た時に多くの人から笑いがこぼれていたのが印象的です。

 

また作品がクラウドファンディングを通してできた、というのも夢があっていいですよね。

みんなの想いが形になっている映画だと思います。

 

最後に

 

本気のおすすめ映画、どうしてもDVDでも見て欲しい、というものをまとめてみました。

 

なかなか映画で「どうしても見て欲しい」と紹介できるものは少ないので、本気で選りすぐったものだけ並べてみました。

 

かなり重い内容のものが多いですが、深く考えさせられる映画作品ばかりですのでぜひ映画をお家でDVDで見る時に困ったら参考にしてみてください。

 

おすすめは順次追加予定です。

 

読んでくれてありがとうございました。

では。

Pocket

よく読まれている記事

 

yumeha
About yumeha 231 Articles
声優、アーティスト、デザイナー、当ブログの運営者。 2009年に声優デビュー、2016年声優事務所を退所し、現在フリーランスで活動中。自由に生きられる選択肢を増やし、それを発信するために毎日ブログを更新中。