ブログのジャンルを決める方法。自分が楽しく書き続けるために!

ブログには大きく分けて

  • 専門ジャンル特化型のブログ
  • 雑記ブログ

の二つがあると思います。

 

雑記ブログももちろんいいのですが、専門ジャンル特化型もブログの方が、

ターゲットを絞りやすいし、「このジャンルといえばあのブログ」という風に見つけてもらいやすくなると思います。

 

ではそのブログジャンルはどのように決めたらいいのでしょうか?

 

経験豊富なジャンルを考える

 

自分が運営していくブログですから、やっぱり楽しくようにするのが一番だと思います。

 

そのためには自分の好きなこと、もしくは得意なこと、

あと経験値が豊富なジャンルについて一度書き出してみると良いでしょう。

 

ポイントは「自分が経験してきたことを織り交ぜられるジャンルかどうか」ということです。

 

私の場合は声優事務所に所属して声優として約8年間活動してきたその経験が

一番ブログ記事にしやすいと思ったので、声優ブロガーとしてジャンル特化型のブログをスタートしました。

 

他にも好きなことであれば何でもいいと思うので、とりあえず自分好きなことについて書き出してみてください。

 

その中からどのジャンルにするか決めていきましょう。

ブログのコンセプトが決まらなくて始められない!ってよくある

 

市場を調べる

 

市場、つまり、そのジャンルがどれぐらい賑わっているのかというのはブログがどれだけスピード感をもって成長していくかということに影響してきます。

 

キーワードプランナーで、そのジャンルがどれくらいの規模の市場なのかということを調べてみましょう。

 

月間キーワード検索ボリュームがどれぐらいあるかということが分かると「月に平均どれぐらいネット上で調べられているジャンルなのか」ということが分かるので

たくさん調べられているキーワードの方がそのジャンルに関心を持っている人がたくさんいる、つまり市場が広いということがわかります。

 

大体月間キーワード検索ボリュームが50万前後あれば、それなりに大きくて良い市場だと言えるでしょう。

 

もちろん市場にかかわらず、どうしてもそのジャンルでブログを書きたいというものがあれば全然そのジャンルでもいいと思うのですが

市場が狭いと検索をする人が少ないということなのでブログは初速がやはり落ちてしまいます。

 

成長スピードが速いのは市場が大きいジャンルを取り扱っているブログだと言えるでしょう。

趣味ブログで月1万円稼ぐのは難しくないと思う。

 

関連キーワード取得ツールがおすすめ

 

なんとなくジャンルが絞れてきたらそのジャンルについてどのような検索があるのか関連キーワード取得ツールを使ってみると調べることができます。

 

例えば声優というワードで調べてみると「声優+○○」という検索が多い順にぶわっと出てくるんですね。

3

これを見ると声優ジャンルの中でもどのようなことにみんなが興味を持っているのかということを調べることができます。

 

これらのキーワードを使って「どんな記事が書けるかなー?」みたいなことを想定してみるといいでしょう。

声優ブロガー幸田夢波のブログ記事の書き方

 

ジャンルは後から増やしてもいいと思う

 

別にブログジャンルはひとつにこだわりすぎなくても少しずつ増やしていてもいいと思います。

 

一つのジャンルに絞りすぎてしまうと、そこからネタが思い浮かばなくなってしまってブログを更新することが億劫になってしまうので

それよりもまずは更新をたくさんすることが大切だと思ってください。

 

キーワードをきちんと検索しながら記事を更新して行けば必ずブログは読者が増えていきます。

PVやお金を稼ぐことができるブログ記事の書き方

 

まとめ

ブログジャンルを決めるときは

  • 自分の好きなことか
  • そのジャンルの市場はある程度大きいか

が大切!

 

読んでくれてありがとうございました。

では。