ブログの商品リンクをカエレバからRinkerに変えてめっちゃ良かった理由

ブログで商品を紹介したい!してる!って人は多いと思います。

昔は商品紹介って言ったらカエレバ!って感じだったんですが、AmazonのPA-API問題で最近はRinkerを使ってる人が多いのではないでしょうか。

ゆめもん
PA-APIって出てくる度にピコ太郎が頭を過ぎっていく私です

正直私がAmazon以外でお買い物をしないのもあって、実はカエレバが使えなくなってからもAmazonアソシエイトのリンクだけ貼っとけ的な応急処置でずっと対応していたのですが、Rinkerに変えてみたらめちゃめちゃ良かった!みんなRinkerにすべき!!!と思ったので、Rinker変えてみて良かったところをひたすら宣伝する記事を書いていきたいと思います笑

 

とにかく見た目が綺麗!

created by Rinker
龍角散
¥509 (2020/10/22 21:10:55時点 Amazon調べ-詳細)

ご覧の通り、見た目がめちゃくちゃ綺麗。

Amazon、楽天、Yahooでボタンの色が綺麗に分けてあり、商品の値段も表示・非表示が選べるし、商品名も任意のものに変えることができます。

やっぱりサイトは綺麗に作りたいから、デザインが綺麗な商品リンクがいいですよね…!

 

私はカエレバが使えなくなってからはアマゾンアソシエイトの画像リンクを引っ張ってきて、それにボタンをつける感じで対応してました↓

もちろん商品名も価格も出ないし(自分で書けばいいんだけど価格はよく変動するのでめんどくさい)

Amazonユーザーしかフォローできないのでよくない。

見た目的にもダサくはないけど若干手抜き感がありますね笑

ぼちぼちサイト内の商品リンクはRinkerに張り替えて行ってます。

アナリティクスと連携できる

 

結構感動したのがこの機能!

チェックを一つ入れるだけでRinkerとアナリティクスを連携できるのですが、どのページのどの商品の、どのボタンがクリックされたのかをアナリティクスで確認することができます。

これはアプリ版のアナリティクスですが、ブラウザ版のアナリティクスで見るとどのページのクリックか、とかもわかるので超便利!

アナリティクスだとほぼリアルタイムで分析できるので、きちんとリンクが機能しているかどうかも確かめやすいですよね。

All in One SEO Packを使ってブログをGoogleアナリティクスで解析する方法

 

実はAmazon以外のユーザーも多い

 

上のアナリティクスを見てもらうとわかると思うんですけど、変えて見てわかったのはAmazon以外のショッピングサービスを使ってる人って結構多いんだな、ということ。

Rinkerに変えてすぐに楽天経由の成約もあったので、「あ、結構いるんだ…」っておもいました笑

ゆめもん
自分がAmazonユーザーだったので気持ちがわからなかった…これは怠慢だ…

特に楽天経済圏でポイ活してる人は絶対に楽天以外では買わないみたいな話も最近聞いたので、変えてよかったです。

ショートコード管理なので管理しやすい

 

Rinkerでは商品リンクをあらかじめ作っておいて、それをショートコードで管理する形になります。

created by Rinker
リップ ザ カラー
¥512 (2020/10/23 05:32:58時点 Amazon調べ-詳細)

例えばこの商品リンクも、実際にブログで貼る時は以下の画像のようにショートコードを記載するような手順になってます。

カエレバとかだと一回一回貼らなきゃいけなかったので、商品の詳細が変わったりしたら全てを一つ一つ張り替えるみたいなことをしなきゃいけなかったんですが、

Rinkerは商品一つ一つを登録してショートコードで使うので、大元の登録情報をいじれば、商品をサイトの中で何度も紹介していても一括で変更ができます。

ゆめもん
こりゃすごい!てんさいだ!

まじで使いやすい。

PA-API権限がなくても使える

 

Amazonアソシエイト登録したばっかりでまだ商品が売れてないからPA-API権限ないよ〜〜って方でも、Rinkerなら楽天の商品検索を使えるので、最初は楽天商品検索で商品貼っておけば大丈夫!

もちろんAmazonで収益発生したらちゃんとそれも反映されます。ご心配なく。

 

商品紹介ってブログ始めたら誰もがやりたいと思うんだけど、最近はAmazonアソシエイトの審査もどんどん厳しくなってきていてハードル高いんですよね〜

Rinkerは初心者にも優しい作りになってると思います。

ブログのSEO対策!初心者ができるキーワードの選び方と記事の書き方

 

ちょっとだけCSSに追記

Rinkerに変えたところ、楽天だけボタンの幅がなぜか大きくなってしまうという問題がありました。

これはもしも経由でリンクをした場合の不具合だそうで、私は

  • Amazon:本家経由
  • 楽天:もしも経由
  • Yahoo:バリューコマース経由

に設定してたので楽天だけポイーンってなっちゃってたんですね笑

ゆめもん
これだと「楽天から買ってくれ」って言ってるみたいに見える…

ということでSimple CSSというCSSの追記ができるプラグインを使って下記のコードを追記しました!

/* rinkerボタン調整 */
ul.yyi-rinker-links img {
display: none !important;
}

インプレッションタグ(imgタグ)が原因だそうで、CSSで非表示にさせるコードになります。

CSSの上書きはちょっと表示速度が遅くなりそうで嫌だけど、もしも経由使いたいし仕方ない!これでAmazonと楽天とYahooが平等に見える。

懸念事項:個人の方が運営されている

 

包み隠さず本音を書かせていただくと、商品リンクをRinkerに変更することによって一つだけ懸念事項になったのが、このプラグインを制作されているのが個人の方やよいさんだということ。

いや、それ自体はものすごいことだしめちゃくちゃ応援してます!

 

ただやよいさんが「やっぱやーめた!」となった時に全部一から張り替えになるのはちょっとしんどいな…というお気持ち…

ゆめもん
このブログも全記事で600記事以上あり、商品紹介もかなりの数になってるのでね笑

ということで今後もやよいさんに頑張っていただきたく、応援の意味も兼ねて記事を書きました!(もちろんRinkerめっちゃいいよ、みんな使って、という思いがスタートです)

みなさんもぜひ商品リンクにRinker使ってみてください〜〜(公式サイトよりDLして使うプラグインです!)

ブログって何書くの?コンテンツが思いつかない人へ。

 

読んでくれてありがとうございました!

ではっ