ブログに地図を入れたい時、GoogleMapの埋め込みが便利!

ブログで場所を紹介したい!っていう時ありますよね。

 

お気に入りのお店を紹介したい、とか

こういう場所に行きました、みたいなのをブログで紹介したい時。

 

そういう時はGoogleMapの埋め込みがめちゃくちゃ便利なので、紹介したいと思います。

 

GoogleMapの埋め込み方

 

まずはGoogleで紹介したい場所を検索します。

今回はわかりやすく東京タワーにしてみました。

googlemap1

 

東京タワーと調べて、地図をクリックします。

googlemap2

 

共有、というところがあるのでこれをクリックします。

googlemap3

 

リンクではなく「地図を埋め込む」の方をクリック。

ここで地図を埋め込むためのHTMLコードが出てくるのでこれをコピーしてブログのテキスト部分に貼り付けるだけです。

 

実際に埋め込んでみるとこんな感じ。

ユーザーがGoogleMapとしてそのまま使うことができるので、

記事がとても良心的なものになりますよね。

 

場所を紹介したい時はおすすめです。

ブログって何書くの?コンテンツが思いつかない人へ。

 

ストリートビューも埋め込める!

 

これ最近いじってて気づいたんですが、なんとストリートビューも埋め込むことができます!

 

地図を検索するところまでは一緒で、そこにストリートビューにするために人形をドラッグして落としますよね。

 

人形を落とすとストリートビューに切り替わると思うのですが、

左上にこんな感じの表示が出ていると思います。

potti

この3つ並んだぽっちを押すと共有が出てくるので、

先ほどと同じ手順でHTMLコードを取得することができます。

 

それを埋め込んでみるとこんな感じ。

うぉ〜ストリートビューがそのまま埋め込まれてるー!

ということでめっちゃ感動しました。

 

お店の外観とかまでブログで紹介できちゃいます。

 

ストリートビューはアップデートされるので

お店が潰れちゃったら変更しなきゃいけなくなりますが笑

ブログが続かないという人へ!モチベーションを保つにはどうしたらいい?

 

著作権は大丈夫?

 

ちなみにGoogleの著作権ですが、

共有という形でブログに埋め込むなら違反にならないみたいです。

 

逆にキャプチャーで撮って、それをそのまま画像で載せるのはコピーに当たるのでダメらしい。

GoogleMAPの地図を検索してそれをキャプチャーして載せる、というのは違反なんですねー。

 

共有ならオッケーなのでいっぱい使っていくといいんじゃないかと思います!

読者にとっても、記事内でGoogleMAPやストリートビューが見られたら便利ですよね。

 

読者のためになる記事が評価されるようになっていますから

こういうコードが入ってるとSEO的にもいいんじゃないかと思います。

 

ブロガーの方はぜひ試してみてくださいー!

声優ブロガーがブログを書く時の作業環境を紹介!

 

読んでくれてありがとうございました。

では。