声優オーディションの自己PRって何すればいいの?

声優オーディションでの自己PR
Pocket

声優としてデビューしてない人が事務所に所属するためのオーディションや声優デビューするためのオーディションを受ける時に

オーディション項目に必ず自己PRというものがあると思います。

 

私ももともとは歌手が夢で小学生の頃からずっとオーディションを繰り返し受けてきました。

 

歌手のオーディションを受けつつ、アニメが好きになり、アニソンを歌いたくて声優もやってみたくて声優事務所のオーディションを受けたのが声優業界に入ったきっかけです。

 

事務所に所属する前から所属したあとのオーディションも含めたら多分受けたオーディションは100を超えると思います。

 

たくさん自己PRしてきたし、いろんな人の自己PRを見てきました。

なので今回は声優オーディションを受ける時の自己PRについて少しお話してみたいと思います。

 

ぬるい特技はやらない方がいい

 

声優オーディションの自己PRでよく見るのが

  • 朗読
  • 歌を歌う
  • 演技をする
  • モノマネをする

といったようなことですが、「生半可な特技ならやらない方がいい」というのが私個人の意見です。

 

歌を歌う人や演技をする人は他にいっぱいいる。

つまりこれって「埋もれやすい自己PR」なんですね。

 

しかもそれが中途半端な実力ならなお埋もれやすい自己PRになってしまいます。

 

歌を歌うのも演技をするにもとんでもなく自信があって、そのオーディション会場にいる人の中で自分が一番上手い、

もしくは一番いいパフォーマンスができる、と思えるようなものなら、こういった王道の自己PRをしてもいいと思います。

 

私は事務所所属のオーディションの自己PRでは歌を歌いました。

他の人が歌を歌ってなくて、朗読やモノマネ、早口言葉などが多かったからです。

 

会場で人がやっていないことをやろうと思ってその場で決めたのもありますが、

一番最初に「声優事務所のオーディションですが、私は歌手を目指していて、アニソンシンガーになりたいです。だから歌を歌います」と前置きして歌を歌いました。

 

声優事務所のオーディションなのにすごい失礼ですよね笑

でもそれが記憶に残ってもらえたんだと思います。

 

結果的には歌も演技に通ずるものがあり、今では歌によって声優という職業に出会わせてもらえたことにとても感謝しています。

声優がボイトレに行って役立つこと

 

特にデビューしてない素人の場合はオーディション会場の自己PRというのはガチガチに緊張するものだと思います。

その緊張の中でも負けずにアピールできるものでないと、他の人に負けてしまう、

というか審査員の記憶に残らないと思います。

 

オーディションって実はたくさん受けるとそれなりにパターンもわかってくるし、受かりそう受からなさそうというのが感覚的にわかるようになってきます。

 

その場で「他の人がやっていないこと」や「審査員の興味をひけるようなこと」を判断してやれるくらい余裕が出てくると自分の力を発揮しやすくなると思います。

緊張を克服するための方法

 

ツッコミやすい工夫

 

緊張してオーディションに行くとどうしてもオーディション審査員の人たちが「怖い人」に見えてしまいがちです。

 

確かにオーディションによっては年上のおじさまがずらっと並んでいるオーディションもあるし

大きいオーディションの最終審査なんかでは30人40人と審査員がいることもあります。

 

実際アニメのオーディションでそんなことがあり、めちゃくちゃ緊張しながら歌ったこともありました笑

 

オーディション審査員の方達も「いい新人を見つけよう」という気持ちでオーディションを審査していますから

そりゃぁ難しい顔にもなるわけです。

 

でも怖い人たちなのではなく、真剣なだけ。

そして「いい人を見つけよう」と思っているということは「興味を持ってこちらをみてくれている」ということです。

 

なのでオーディションではなるべくツッコミやすいネタを考えていきます。

 

私は自己PRで自分の生い立ちを話したりしていました。

「女子校出身なのですが女子校の闇をお話します。女子校では

  • ジャニオタになるか
  • アニオタになるか
  • ぼっちになるか

しか選択肢がないんです。

私はアニオタを選択して今ここにいます」

 

みたいな話をしていました笑

 

そうすると審査員も興味をもっていろいろ聞いてくれるわけです。

そこでやりとりが多くなると「多分受かったな」という確信があり、だいたいそういう時ってオーディション受かります笑

 

なんだかんだ声優はトーク力も必要ですからね。

声優に求められるアドリブ力とは

 

他にも変な服(文章が書かれた服とか、衣装っぽい服)を着て行ったりとかもしていました。

洋服は意外と突っ込んでくれることが多いです。

 

これは声優として活動し始めてからも変わらないことなんですが、変な服、奇抜な服って初対面の人とも話題になりやすいんですね。

もちろん変な服が好みなのもあるけれど、服で覚えてもらえるって楽です。

声優のオーディションで服装は関係あるの

 

セルフプロモーションの大切さ

 

自己PRで何をやったらいいのかわからない、という人も多いと思いますが、

逆に自己PRは「これをやって」という正解がないので、その発想力が問われているようなところもあります。

 

  • 自分の得意なものはなんなのか
  • 何が武器になるのか
  • 自分の何が人を惹きつけるのか

といったことを自分で研究できているか、というところを見られているんですね。

 

これは声優として活動していく上でもとても大切なことです。

やっぱり自分で自分を売り込んでいかなくてはいけない業界なので。

声優が仕事をとる難しさ

 

特に今声優業界は供給過多で、移り変わりも激しく競争率がとても高いです。

 

その中で自分はどういう特徴があって、どういうところが売りなのか、ということを考えていくことが大切で

それのファーストステップがオーディションでの自己PRなのかもしれません。

 

自分の得手不得手を研究して自己PRを作っていくのがいいと思います。

自己PRに正解はありません。

その人それぞれによってその人の魅力がことなるのだから、正解はないんです。

 

自分のいいところをいっぱい探して自己PRを作ってみてください。

自分の個性ってわからなくなりがち

 

読んでくれてありがとうございました。

では。

Pocket

よく読まれている記事

 

yumeha
About yumeha 231 Articles
声優、アーティスト、デザイナー、当ブログの運営者。 2009年に声優デビュー、2016年声優事務所を退所し、現在フリーランスで活動中。自由に生きられる選択肢を増やし、それを発信するために毎日ブログを更新中。