声優養成所の評判なんて当てにならない

karakinobanner

声優養成所の評判なんて当てにならない
Pocket

声優になりたい!と思っている人はまず声優の養成所に入ろうとする人が多いと思います。

高校を卒業したら声優養成所に入って、そこで2年ほど学んだのちに事務所のオーディションを受けてそこから声優としてデビューする、というコースを描いている人が多いでしょう。

 

声優として現役で活躍していらっしゃる方の中にも養成所出身の方はたくさんいらっしゃいます。

 

そして今声優になりたい人は養成所に入るのにまずネットで声優養成所の評判を調べるでしょう。

 

声優養成所の評判も、

さらに言うと声優事務所の評判も、

正直どちらも当てにならないんじゃないのかな、と私は思っています。

 

今回は声優養成所の評判についてのお話。

 

評判を書き込んでるのは不満がある人

 

まず、インターネットで声優養成所の評判を書き込んでいる人、特に養成所の悪い評判を書き込んでいる人はその養成所に不満がある人です。

 

そして不満はみんなそれぞれ感じ方が違うだろうし、きっとどこの養成所に入ったっていいと思うところ、悪いと思うところがあると思うんです。

 

つまりネットで調べた声優養成所の評判を鵜呑みにしていたらきっとどこの養成所にも魅力を感じることができません。

 

基本的にその声優養成所で大成している人は養成所の悪口は言わないし、今忙しく仕事をしている人はネットに養成所の評判を書く暇すらありません。

 

物事を決めたり、何かを買う時に参考にすることの多いのがネットの評判、いわゆる口コミだと思うんですが、

こと声優養成所に関してはネットの評判は当てにならないと思います。

 

それよりも

  • その声優養成所を卒業した人がどんな活躍をしているのか
  • その養成所からどこの声優事務所に所属する人が多いのか

というところをよく見て判断した方がいいと思います。

 

ネットの評判とかって見るのは別にいいと思うんですが、ある程度冷静な自分を保って見た方がいいと思います。

声優は2ちゃんを見るのか

 

自分に合っているかどうかが大事

 

結局どこの声優養成所に行っても良いところもあれば悪いところもあると思います。

全てが完璧な声優養成所なんてどこにもありません。

 

大切なのは自分が「これは譲れない」「こうであってほしい」と強く思うところがどれだけその声優養成所と合っているのか、ということだと思います。

 

例えば、声優を目指す時点でもう所属したい事務所が決まっているとします。

そしたら養成所を卒業したあとその事務所へ所属する人が多い声優養成所を選ぶ方がいいですよね。

そこが一番譲れないところなら、それ以外の不満があってもその声優養成所を選んだ方が、長期的な目で見ると良いんだと思います。

 

評判を検索する人はその養成所の悪いところを見がちですが、それよりもその養成所の特徴を調べて、自分が目指したい方向性に合っているのか、というところを考えるのが一番いいと思います。

 

これは声優事務所を選ぶ時も同じことが言えると思います→声優事務所の選び方

 

声優養成所どころか声優事務所だって評判だけでは実際のところは入ってみないとわからないようなところがたくさんあります。

だからこそ声優さんもたくさん移籍されてるんです→声優の移籍ってよく聞くけど、どういうことなの?

 

 

全部自分次第

 

一つ共通して言えることは、声優になりたくても全員が声優になれるわけではないし

声優養成所に入ったからといって声優になれるわけではないし、声優になる可能性が上がるわけではない、ということです。

 

声優養成所には誰でも入れます。

大切なのはそこでどんな風に過ごすかです。

声優のレッスンで私が気をつけていたこと

 

大先輩の声優さんでも、デビューしてたくさんお仕事をされている方でも、声優として生き残っていくために毎日努力を欠かさないんです。

声優がどれだけ努力をしているか

 

お仕事を毎日たくさんされているような声優さんはその仕事現場でも学ぶことが多いでしょう。

練習や努力をしてるだけでなく、仕事をするだけで毎日得るものがたくさんあるのが声優というお仕事なんですね。

 

そんな人たちと同じフィールドで戦っていかなくてはいけない、ということはつまり声優としてたくさん活躍されている人たち以上に練習して努力を怠っていはいけない、ということなんです。

声優が普段やっている練習方法

 

 

評判のいい声優事務所に入っても自分が努力できなかったら声優になれる可能性は上がりません。

そして努力をしたからといって必ず声優になれる、ということでもないのです。

厳しい世界ですよね。

 

ただ一つ言えることは、役者としてやっていきたいなら、努力したことが結果に繋がらなくても絶対にそれが自分の芝居に活きるということです。

役者の一番良いところは、どんなに辛いことも悲しいことも、自分の芝居の糧にできる、というところなんじゃないかと思うんです。

 

だから自分がやりたいことがある人はぜひそれに邁進してください。

きっと反対する大人はたくさんいるだろうけど。

私も何度も振り払ってきました→声優やりたくて就職しませんでした

 

全部自分次第。

あまり周りの評判や意見に左右されないことが大事だと思います。

 

読んでくれてありがとうございました。

では。

Pocket

よく読まれている記事

 

幸田夢波 twitter: