就活が怖いという感情がものすごくよくわかった話。

最近は本業の声優業以外にも企業コンサルや企業のナレーションの仕事などをしている関係で

就活というものに改めて触れる機会が多くあります。

 

私自身が就活をしなくてはいけなかった時期は、すでに高校の時から声優としてデビューしていたため

周りが就活をしている時も、自分は就職活動には全くタッチせず、大学を卒業してからも声優の仕事でやって行くんだ、という気持ちで仕事を頑張っていました。

 

分かりきっていたことは、高校生のうちからデビューして何年か声優業をやってみて

この仕事だけで食べていくのは相当大変なんだな、ということでした。

 

それでも自分のやりたいことしかできなかった自分は、ちゃんと就活をしている周りの人たちが偉いな、と思っていたし

同時にみんながみんな一斉に就活をすることに対して、「怖い」という感情も抱いていました。

 

改めて就活というものに触れるようになって、就活が怖い、と言っている就活生にも出会うし

その気持ちがとてもよくわかります。

 

突然将来を決めなくてはいけない雰囲気

 

今までずっとバカをやって一緒に騒いでいた友達が、就活の時期になった途端に

「私はこれをやるんだ」というような将来の方向性を話し始めて、怖いなと思ったことがあります。

 

どうしてみんなそんなふうに、自分の将来はすぐに決められるのだろう、と不思議だったし

そして、不安定な仕事を選んでいる自分をとても恐ろしく感じたこともありました。

 

なんだか急に自分の将来を全部決めなくてはいけないタイミングがやってきたような気がしてとても怖いと感じたのを覚えています。

声優やりたくて就職しませんでした

 

みんなと同じじゃなくてもいい

 

大学3年生になれば就活は絶対やってくるものですが、

必ずしもみんなと同じ選択をしなくてはいけないというわけではないのだ、ということを是非就活生に知ってほしいなと今は思っています。

 

大学3年生になったら就活をしなくてはいけないと多くの人が思っていると思いますが

私は出身の学科が映像関係だったこともあって、自分の夢を追って就職活動しないという人も周りにいました。

 

それがひとつ励みになったという部分もあると思います。

 

そして実際のところそんな風に就活をしない大学生というのもいるにはいるものなんですね。

 

もちろん就活をするなと言っているわけではなく、あくまで選択肢の一つとして考えて欲しいのですが、

就活をする時期になったら就活をするのだ、ということが必ずしも誰にとっても正解なのだ、というわけではないんです。

 

私も就活をせずに声優業だけではなく今はフリーランスとして色々な仕事をしていますが

それでもなんとか生きていくことはできるし、就活をしないということが悪いというわけではありません。

 

就活に疑問を感じるのであればその時に就活をしなくてもいいと思うし、

何かチャレンジをしてみたいことがあるのなら、後悔しないためにもちゃんとチャレンジしておくべきだと思うのです。

 

就活の時期が来たら就活をするのが当たり前、というわけではありません。

我慢しない生き方を選んでみる

 

たった一度の就活で人生は決まらない

 

たぶん就活をする段階になると「この就活に自分の人生がかかっている」

といういうくらい壮大なスケールで就活のことをとらえている人が多いと思います。

 

実際私の同級生にもそういう人が多かったんです。

 

ただ就活をして企業に就職しみんなが働き始めてから1年2年とたつと

やっぱり会社に入ってみて仕事をして、「自分のやりたいことじゃなかった」というふうに感じたり

会社が合わないという風に感じる人も多いみたいで私の周りでもすでに転職をしたり職場を辞めた人が本当にたくさんいます。

 

就職をする段階ではこの企業でこれから先の人生、何年何十年と働いていくんだ、

という覚悟を持っている人も多いかもしれませんが、やっぱり働いてみないとわからないことの方が多くて、

実際に働いてみたら、自分に合わないということもたくさんあると思うんです。

 

人間は絶えず成長する生き物ですから、

最初の方は自分に合っていると思っていた会社も、自分の人生のステップに合わせて、

「次のステップに進みたい」と思うようになることもあるでしょう。

 

そういった時に働き方や生き方というのは自分の力で変えて行くことができます。

 

私自身もみんなが就活をしている時期には「自分は声優の仕事一本でずっと生きていくんだ」と思っていましたが

人生の段階に合わせて、自分のやりたいことが増えてきて、働き方を大きく変えています。

 

元々は事務所に所属して声優をしていたけれど、

今はフリーランス出し、事務所に所属していた頃からは考えられないようなお仕事をしています。

 

昔に比べると転職も結構当たり前の世の中になってきているし

フリーランスとして働き始める人も本当に多くなっているなと感じています。

 

だから一度の就活で自分の人生が決まってしまうとは思わないでください。

 

もちろん就活を頑張ることはとても素晴らしいことだと思うし就活をするのもしないのも良い悪いというのはありません。

 

人それぞれに正解があるはずです。

 

自分のことを追い詰めすぎす、選択肢をたくさん持った上で自分の将来について考えていて欲しいなと

就活に改めて触れてみて感じました。

リアルに「好きなこと」を「仕事」にする方法を考えてみた

 

読んでくれてありがとうございました。

では。

ABOUTこの記事をかいた人

幸田 夢波

声優、アーティスト、デザイナー、当ブログの運営者。 2009年に声優デビュー、2016年声優事務所を退所し、現在フリーランスで活動中。自由に生きられる選択肢を増やし、それを発信するために毎日ブログを更新中。