ワークショップ開催のお知らせ

【予約販売受付中】幸田夢波のブログが電子書籍になりました!

created by Rinker
¥980 (2021/10/20 15:47:56時点 Amazon調べ-詳細)

距離が反映される『spatial chat』でオンライン飲み会やったら結構よかった

コロナ禍でオンライン飲み会が増えましね〜

私も何度かオンライン飲み会やって、すっぴんでも可愛く加工してくれるSnap Cameraを試したり、たくのむという新しいサービスを試したりしてきました!

しかい最近はめっきりオンライン飲み会やらなくなった。

なぜなら…

ゆめもん

疲れる!!!!!!!

オンライン飲み会が疲れる理由:同時に喋れない

上記の記事でも紹介したんだけど、オンライン飲み会って人数が多くなればなるほど大変で、

何が大変って同時に喋れないってことなんですよね。

対面で会えれば、たとえば10人いても、端っこの二人が一緒に喋ってて、真ん中で4人のグループ、その隣でまた4人のグループ…と小規模で自然とグループ分けされたりするじゃないですか。

しかも完全なるグループ分けではなく、隣のグループの声もうっすら聞こえてるから、興味のある話題だったらスッと入っていったり、みたいなことができるわけです。

でもそれができないのがオンライン飲み会!

10人いたら1人MC的な立場の人ができて、話を回さないとうまく喋れないっていうのが課題でした笑

自分の興味がない話題でも、全体の話題がそれになってしまったらしばらく黙って聞いてなきゃいけないという地獄の時間が生まれます。(これは仲良しのコミュニティだとしてもある程度しょうがないことだと思う。仲が悪いとかではなく興味のある話題ない話題はそれぞれあるものだから笑)

で!

今回これを解決してくれたのがspatial chatです!

距離が反映される、とは?

今回は夢波サロンの4周年記念パーティーをこのspatial chatを使ってやってみました!

ゆめもん

コロナがなかったらオフで会いたかったァ

ログイン後の画面がこんな感じ。なんだこのオシャレ空間!

全体像

普通のサイトの拡大縮小と同じ要領で画面のヒキとヨリができます。全体で見るとこんな広い!

ゆめもん

すげい!高級クラブラウンジみたい!(知らんけど)

カメラありでもカメラなしでも参加できるよ

みんなが入ってくるとこんな感じ。

アイコンを自由に動かすことができて、アイコンが近い人の声は近くで聞こえ、アイコンが遠ざかれば遠ざかるほど声が遠くなります!

いい感じでグループ別れて話したりとかできました。

一緒にYouTube見たりもできる

なんと!この空間内で一緒にYouTube見たりもできます!

私のYouTube動画をメンバーさんがのっけてくれた笑

スクリーンの大きさはYouTube貼った人が変えられるし、こちらも近くにくるとよく聞こえて、遠くに行くとYouTube音声が聞こえなくなるようになっています。

あっちのグループではYouTube見て、こっちでは雑談、みたいなことができる!

なんかほんと仮想空間的なものが身近になったなぁって感動しちゃいました。

使い方めっちゃ簡単

サイトが英語なのが難点だけど、使い方はめちゃくちゃ簡単です!

spatial chatのサイトにアクセスして、

右上に出てる「Try for free」をクリック。

  • 自分のメールアドレス
  • 作りたいスペースの名前
  • スペースのURL

を入力したらCreate spaceをクリック。

すると入力したメールアドレスにメールが届くので、URLをクリック!

カメラを使わない場合はアイコン画像を登録できて、名前と簡単なプロフィールも書けるようになっています。

カメラやマイクのテストをしたらもう入れる!

超簡単!!!

オンライン飲み会ってどうも苦手だな〜と感じていた人の苦手要素をうまく打開できそうなツールだなぁと思いました!

特に大人数でオンラインで集まることのある場合はおすすめできるツールだと思います。

spatial chatの魅力と特徴
  • 参加人数たぶん無制限
  • ユーザー登録不要、スピーディーに部屋を作れる
  • 距離が反映されるので大人数でも話題ごとに分かれられる
  • スマホでも使えるけどPCの方が操作性がいい
  • 一緒にYouTube動画見たりもできる
  • チャット機能もある
ゆめもん

Zoomの飲み会なんか疲れるんだよな…って人ぜひ試してみてください!

でもオンラインサロンは基本ディスコードを使っていて、こちらの音声チャットがすごい快適なので、やっぱり夢波サロンではディスコードが一番いいねwってなってます笑

コミュニティ運営にはディスコードを使うのが最強だ!

読んでくれてありがとうございました!

ではっ