声優やりながらバイトを掛け持ちしてました

声優やりながらバイトの掛け持ち
LINEで送る
Pocket

 

月にどれくらいの収入があれば、一人暮らしでやっていけると思いますか?

東京に住むことを考えて、家賃相場からいくと、やっぱり10万くらいは最低でも欲しいものですよね。

 

私は声優の仕事をしながらバイトを掛け持ちしていました。

バイトも相当いろんなものをやったし、2つ3つと掛け持ちしていたことが多かったんです。

 

今日は声優の収入事情についてちょっと話してみたいと思います。

 

声優のギャラ

 

声優にはランクがあって、初めて3年まではとりあえず一番下のランクになるのでアニメや吹き替えの仕事は一本1万5千円、というのが相場です。

 

セリフが何言あっても、主役でも脇役でも、ランクが一番下なら1万5千円なんです。

 

そして声優をフリーでやるメリットとデメリットを考えてみたという記事で書きましたが、事務所に所属している声優の場合、この1万5千円という値段から事務所にマージンを引いてもらっての値段が自分の手元に入るお金です。

マージンの割合は事務所によります。

 

そして収録自体はアニメが4、5時間くらい、吹き替えの映画だったりすると1日かかります。

 

これで計算してもらうと大体わかってもらえると思うんですが、
1本レギュラーのお仕事があったとしても
レギュラーだとそれは月に4本のお仕事になるわけですが到底10万円には届かない、ということです。

 

3本レギュラーのお仕事をとれてやっとバイトをせずに暮らしていけるかな、くらいです。

 

 

そして大体のアニメが3ヶ月を1クールとして改編期があるので、
そのクールで3本レギュラーをとらなきゃいけない、ということなんですね。

声優で食べていくのってしんどいと思いませんか?笑

 

固定のギャラなんてない

 

ではうまく月に3本レギュラーをとれたとします。

でも、月に12本のお仕事が決定する、というわけではありません。

 

アニメをよく見る人ならわかるかもしれませんが、
毎週登場するキャラクターとそうではないキャラクターがいますよね。

もちろん主人公クラスになれば1本のレギュラーをとって月4本の仕事になるかとおもいますが、
そうでないキャラクターは1本のレギュラーが必ずしも月に4本の仕事の確約になるか、というとそうではないんです。

 

出番がない回、というのがあるんです。

 

つまりせっかくレギュラー枠のお仕事をとれても、
その話数での登場がなければそのスケジュールキープはスケジュールバラシになってしまうんです。

(スケジュールに関しての詳しい話はこちら:声優のスケジュール事情

 

国民的アニメの主役を取るくらいまでいったら固定ギャラという認識までいけるものもあるかもしれませんが、
基本的に声優には固定収入というものはありません。

だから声優はローンが組めないんです。

 

ローンが組めない、だけならまだしも
先月と今月のギャラの額が一桁違う、なんてこともざらにあります。

 

だからバイトしてないとやっていけないことって結構あるんです。

なかなかに長い芸歴をお持ちの方だってバイトしてらっしゃる方もいます。

 

 

次ページへつづく。

LINEで送る
Pocket

よく読まれている記事

 

幸田夢波 twitter: