ブログには炎上やアンチのリスクが常につきまとう。

先日とても痛ましい事件がありました。

 

被害者は人気ブロガー「Hagex」、面識ないが「荒らし」批判され恨んだか

 

ブロガー界隈ではかなり有名なブロガーさんで

私も何度か記事を読ませていただいたことがあったので、とてもショックでした。

 

とても悲しいことです。

こういった事件があったから、「炎上しないように、アンチを作らないようにブログを運営していこう」と思ったブロガーや発信者も多いのではないでしょうか。

 

でも、実際ブログをやってて、炎上しない、アンチを作らない、って無理だと思うんですね。

発信をするというのは、敵を作るリスクが必ず伴うものだと思っています。

 

敵を作らない発信なんて無理

 

どんなに丁寧に発信しても、「自分と意見が違う=自分が否定されている」と感じてしまう人はどうしてもいるものです。

 

人と違う、ということが、何か悪いことかのように教えられてきた日本の教育のせいなんじゃなかろうかとも私は思っているのですが

自分と違う意見の人にマウンティングしたり、違う意見は否定であり排除していくべき、とまで考える人もいます。

 

違う意見であっても多様性があることは素晴らしいことだから、すみわけして生きていけばいいのになぁと私は思っているけど、そううまくもいかないのですなぁ。

 

ブログを運営する、というのは

自分の意見とか普段考えていることをつらつらとテキストにして発信していくことです。

 

とうぜん自分とは違う意見を持っている人の目に触れることもあるでしょう。

 

そうすると敵ができてしまうことも避けられません。

どんなに炎上しないように、アンチを作らないように、と丁寧に発信していても

「考え方がちがう=否定されている」と考えてしまう人がいる限り、アンチは生まれてしまうものです。

 

これはもう発信する側が気をつけてもどうしようもないことなんですよね。

だって自分の意見や考え方をもとにしなかったらブログってやっぱり書けないと思うから。

 

ブログなんて「あくまで私の考えですが」っていうのが大前提のメディアなわけですから、

合う合わない、どちらの意見もあって当たり前なんです。

 

だからブログをやると必ず炎上のリスクもあるし、アンチがつくリスクもある。

これは発信する者としては覚悟していかなきゃいけないことだと思います。

ブログで成功している人の共通点を考えてみた。

 

炎上芸って実はすごい

 

「あいつまた炎上してるよ」っていう人が結構いますよね。

ブロガー界隈にはそういった人が多いです。

 

炎上芸、なんていう風にちょっとからかわれがちなところがありますが、

そうやって炎上をいじるのはとっても簡単なことだけど、炎上するってものすごく大変なことだと思うんですね。

 

火ってそんな簡単に点かないんですよ。笑

 

私の友達でもSNSの運用を始めた人がいましたが、「炎上ってやろうと思っても全然できないもんなんだね」って言ってました笑

 

ほんとにその通りで、炎上ってもう才能なんじゃないかとも思います。

 

この事件があってから「炎上狙いの記事を書いたりするからこんなことになるんだ、もっと敵を作らない発信をすればいい」みたいなことを言っている人がいましたが

過激なことを言うからこそ、そこについてきてくれる人や応援してくれる人がつく、っていうのもあると思います。

 

テキストでどれだけ人を惹き込むか、というのがブロガーの腕だと思うし

断定口調で書く、というのはより魅力的な文章を書くための常套手段だったりします。

 

「きっと〜だと思います」って書いてあるより「〜です。」って書いてあった方が

読者は「そうなんだ〜」ってなりやすいんですよね。

 

それの延長に炎上ってあるものなんだと思います。

過激なことを言うからこそ、アンチもついちゃうけど、それに強烈に賛同してくれる人も現れる。

 

だから炎上ってすごいことだと思います。

ファンを作る手段の一つでもあるのかもしれません。

 

もちろん炎上させようとしたりアンチを煽ったり、というのが正しい正しくないという議論ではないです。

 

あくまでファンを作る一つの手段として炎上というものがあって、

それをやっている人はそれはそれですごい、という話。

 

炎上やアンチをなるべく避けたいと思って発信している人も多いですよ。

私もそちら派です。やっぱ炎上は怖いし。できればずっと平和に暮らしていたい笑

 

ただ発信している以上、思いがけず炎上することもあるし、

アンチが出てくるのはある程度仕方がないことなのかなーとも思っています。

ブログをやるメリットはお金だけじゃない。

 

敵がいるって、味方がいるということ

 

結局敵がいる、ということはそれだけ発信が誰かに伝わっている、ということだから

その分応援してくれる人も同じように出てくるものだと思います。

 

嫌われることを恐れていては発信はできないし、そんな発信はやっぱり窮屈だと思う。

 

私もこのブログ運営は嫌われるの覚悟でやっていることですが

それでも応援してくれる人がいてくれるし、ブログに対する感想を送ってくれたり、嬉しい言葉をかけてくれる人がいるから「やっててよかったな」って思えます。

 

ブログをやる以上、炎上やアンチのリスクは絶対にあります。

それでも、だからこそ、自分の味方を見つけられるのがブログだと思う。

 

リスクを負って挑戦するのがブロガーです。

ブログ疲れ、SNS疲れしてしまうあなたへ。発信者が好きです。

 

読んでくれてありがとうございました。

では。