フリーランスになりたての頃、全然稼げない時期があった。

声優ブロガーの幸田夢波です。

 

声優事務所に所属して声優の仕事をしていましたが、今はフリーランスになって、声優の仕事にこだわりすぎず、

自分がやってみたいと思ったビジネスにとにかく挑戦する毎日を送っています。

 

今まさにフリーランスになろうかならないか、みたいなことを考えている人にとって

一番不安になっている要素はやっぱりお金の事だと思います。

 

働き方を変えるのは勇気のいることですが、何よりも収入面の心配で踏ん切りがつかない、という人も多いでしょう。

 

私もフリーランスになったばかりの頃は全然稼げなくて、本当にひどい思いをしました。

 

私がフリーランスになったばかりの頃の稼げない時代の話を少ししたいと思います。

 

全然稼げない、フリーランスなりたて

 

フリーランスになると決めた時、今まで事務所経由でもらっていた仕事は全部なくなると覚悟していました。

 

もともと声優の仕事だけで生計を立てる、ということはできていなくて

バイトと声優と学生生活の三重生活、みたいなことを高校、大学と続けていたんですが笑

 

せっかくフリーランスになって、いろいろチャレンジできるようになるのに、バイトを続けていたらバイトに時間取られちゃうなーと思って、

そのタイミングでバイトを綺麗さっぱり全部辞めました。

 

いつか必ずこのブログで稼げるようにしようとおもって、文章力を鍛えるためにもクラウドワークス で書く仕事をしながら

ブログを構築、運営していました。

 

毎日ほとんどパソコンと向き合って仕事してたけど、フリーランスになりたての時代は種まき時代というか。

本当に全然稼げなくて、一生懸命やっても月5万円がやっとだったんです。

 

貯金を少しだけしていたのでそれを切り崩しながら生活していました。

 

全然稼げなくて服も買えないからどんどん服が毛玉だらけになっていくし

化粧水がなくなってケチってたら肌がすっごいカサカサになって焦った笑

 

最終的に銀行の口座の残高が3桁になるまでいきました。

そう、残高が何百円しかない時があったんです笑

 

すごく惨めでした。

でもそれでも、ここでバイトしたらせっかく思い切ってフリーランスになった意味がないと思って

やれる事業にどんどん手を出してみました。

フリーランスに向いてないな、っていう人もいる

 

貧乏になるとお金と向き合える

 

貧乏になって全然稼げないし、これから稼げるようになる保証もなかったからがむしゃらに頑張ったけど

頑張るだけでなく、今まで自分が当たり前にやっていたことを一つ一つ見直せるようになりました。

 

洋服を買うのもそうだし、マツエクとか美容院とか、そういうおしゃれ関係のものは

どうせ人と飲みに行くお金もないのでとりあえず優先度は低くなります。笑

 

他にも、いつも通っている場所は定期を買う方が安いのか計算したり

一ヶ月で最低いくら食費が必要か、とか

固定でどうしてもかかるお金はいくらなんだろう、とか

そういう細かいお金をどんどん紙に書き出していって、

とにかく一月どれだけ稼ぐことができれば、貯金を切り崩さずに生きられるくらいになるんだろう、みたいなことを考えました。

 

この「赤字にならずに生活する」というのがフリーランスになるのに一番目標にした数字だったんです笑

 

でもこうやって見直すと、「節約」ってお金だけ見るんじゃなくて、「時間」と一緒に考えないといけないんだな、と感じることができました。

 

時間は誰にも等しく流れています。

増やすことはできません。

 

たとえば今までの私だったら、「一駅分歩いて行けば電車代の130円浮く!」みたいなことを考えてたけど

一駅歩くのに20分かかっちゃったら、その分クラウドワークスで文章書いてる方が黒字になるんですよね。

 

20分で130円稼げばいい、っていうことは1時間で390円稼げばいいってこと。

1時間もあれば最低でも2000字くらいはかけるから、それくらいの文字数の案件をこなせば大体500円〜1000円くらい儲けられるんです。

 

だったら電車に乗っちゃって、帰って自宅で働いた方が黒字になる。

 

「あっちのスーパーよりちょっと向こうのスーパーの方が10円やすいからそっちに行く」みたいなこともやめました。

その労力、10円分以上の価値があるからです。

 

トータルでみたら金額は10円安くても、遠いスーパーに行った方が時間を使ってるから

生産性を考えたらマイナスなんです。

 

そういう時間を加味した節約の仕方を意識できるようになりました。

フリーランスになって、本当にお金に困ったからこそ気づけたことかもしれません笑

フリーランスになるのに収入が不安だ、という人がやるべき事。

 

固定費は結構削れる

 

こうやって考えてみると、ずいぶん今まで固定費が無駄に膨らんでたな、と感じることができました。

 

バイトいっぱいして、すっごい頑張ったから自分にご褒美…みたいなことを結構やっちゃってた笑

 

でもフリーランスで自分で考えて考えて一生懸命稼いだお金って、稼ぐ過程も楽しいし

稼いだお金がとっても大事に思えるから、「ちょっとご褒美」みたいな使い方しなくなるんですよね。

 

そもそもストレスを感じずに稼ぐことができる稼ぎ方をできているので。

 

ブログ書いて、そこから広告収入が初めて10円になった日、100円になった日、1000円になった日…そうやって増えていく喜びがたまらないです。

 

貧乏を一回経験すると、無駄な固定費をそぎ落とすことができるし

そこから収入が増えて行っても、固定費は増えていかないもので、稼ぐ額は大きくなっても固定費は貧乏時代レベルである程度止められるので、どんどんお金がたまっていきます笑

 

フリーランスは確かに大変です。

最初の数ヶ月、もしかしたら数年は、本当に稼げない時代で、惨めな思いもすると思う。

 

でもそこから這い上がれた時、今までにない働き方、生き方ができるようになると思います。

 

稼げない時代は確かに苦しかったけど、それがあったからこそ、お金というものと真摯に向き合えたと思うし

ビジネスを広げていこうという野心でここまでこれました。

 

今は必要なものは買えるくらいの収入になってきてちょっと余裕が出てきましたが

それでもあのフリーランスになりたての稼げない焦り、悔しさ、貪欲さをずっと持ち続けてこれからもフリーランス頑張っていきたいと思えます。

 

これからフリーランスを頑張ろうと思っている人、

最初は稼げないかもしれないけど、そこを乗り越えられると強いです。

がんばってください。

やってみて気付いた独立して仕事を始める時にやっておくと良い準備

 

読んでくれてありがとうございました。

では。

ABOUTこの記事をかいた人

幸田 夢波

声優、アーティスト、デザイナー、当ブログの運営者。 2009年に声優デビュー、2016年声優事務所を退所し、現在フリーランスで活動中。自由に生きられる選択肢を増やし、それを発信するために毎日ブログを更新中。