自宅でできるボイトレ法。教室に通わなくても練習法はある!

歌が上手くなりたい、と思ったら歌を習う、ボイトレに行く、選択肢が思い浮かぶと思うのですが、

習い事を一つ増やすの金銭的にも時間的にも結構大変なことですよね。

 

週に一回1時間のレッスンに通うと思っても大体相場は15000円から2万円くらい。

たぶん他の習い事に比べてもボイトレは相場が高いんじゃないかなと思います。

 

さらに先生の合う合わないもありますから、自分に合ったボイトレ教室を見つけるのってなかなか難しいんです。

 

でもいざボイトレ教室に通ってみると、結局一番最初にやるのは基礎的な部分です。

 

しっかりとした発声ができてないうちから無理やり難しい曲を歌おうとすると、負担がかかって喉を壊してしまう、ということもあるので

基礎練習をすることってとても大切なんですね。

 

でもこういった基礎練習というのは実は自宅でできるものが多いです。

 

そのやり方が分からないからボイトレに通う人も多いのですが

ボイトレに通わずして基礎的な部分を身につけることができるのであれば、まずはボイトレに通う前に、自宅でできる基礎練習をやったほうがいいと思うんですね。

 

ということで今回は、自宅でできるボイトレの基礎練習について書いていきます!

 

声帯強化

 

声帯というのは筋肉でできており、V字型になっていて、そのV字の部分を筋肉が引っ張ることで声帯を閉じて

その閉じている膜の部分を空気が通過し、振動することで音が出る仕組みになっています。

 

筋肉でできているので、筋トレをすれば声帯を強くすることができるんですね。

 

声帯を強くすることができれば、声枯れしにくい、タフな声帯を作っていくことができます。

 

・エッジボイス

 

エッジボイスと言って映画の呪怨で聞くような「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛〜」という声をプツプツ切って発声する方法があります。

 

実はこれ声帯を閉じるための筋肉をたくさん使うので声帯のトレーニングにとてもいいんですね。

ウォーミングアップなんかでやってみるといいと思います。

 

・あくび

 

エッジボイスとは反対に声帯を広げる動きをするのがあくびです。

 

喉に一番負担をかけない体勢はあくびをしている時なので、

少しおじさん臭いですが笑

あくびをする時は必ず声を出すようにしてみてください。

 

その時の声が自分にとって一番負担のない声の出し方です。

 

声帯を広げるための筋肉を使うのでこれもまた声帯の筋トレになります。

歌を歌うと喉が痛い、という人は危険!

 

表情筋強化

 

声を顔に響かせることによってより響きのある声を作って行くことができます。

 

声を出す時の表情を変えるだけで、音の聞こえ方はかなり変わるものなんですね。

 

表情筋を鍛えるためには顔をギュッとして、顔の中心に自分の顔のパーツを集めていくようなイメージを持って10秒間ぐらいキープしてみてください。

 

さらにそこから、顔のパーツを中心からどんどんを遠ざけていくようなイメージでびっくりした顔を作っていきます。

これもまた10秒ほどキープしてください。

 

これを繰り返すことによって表情筋がずいぶん鍛えられます。

 

なんだか顔が痛いなと感じたら、それは普段表情筋を使えていない証です。

 

日本人は特に喋る時に顔が動かないので表情筋が衰えている人が多いです。

普段から表情豊かに表現しようとすることによって表情筋を鍛えることもできるので、人と会話をするときも表情をなるべく動かす意識を持っておくといいでしょう。

発声前にやると声がよく出る!声のウォーミングアップ方法

 

滑舌強化

 

滑舌を強化するためには

  • 唇を柔らかくする
  • 舌を柔らかくする
  • 歯列を矯正する

などといった口周りの強化が大切です。

 

・舌の筋肉を鍛える

 

舌の筋肉を鍛えるためには舌の出し入れを行ったり、舌を出して上下左右に回すという運動をたくさんやってみてください。

 

舌も結構筋肉痛になるものです。

 

・早口言葉

 

自分が何行が苦手なのかということを研究して

その行を練習することができる早口言葉をやってみましょう。

 

早口言葉が上達するとそれが歌に生きてきます。

【声優が教える】滑舌を良くするために今日から気をつけられる事

 

腹式強化

 

歌を習ったことがない人というのは腹式呼吸はどういうものかもよくわからない人がほとんどだと思います。

 

日本語は胸式呼吸で喋ることができてしまうので、ほとんどの日本人が普段胸式呼吸で過ごしています。

なので腹式呼吸はどうやったらできるのかということがわからないと思うんですね。

 

寝転がってお腹を上下しながら息をしてみてください。

それが腹式呼吸です。

 

胸が上下してしまう呼吸は胸式呼吸なので、それだとあんまり多くの息を吸うことができず、
パワフルな曲を歌うのが難しいです。

 

腹式呼吸を意識することができたら寝たままでもいいので、なるべくゆっくり吸って吸い切ったところであと一息もう一度吸って息を10秒間止め、

今度はなるべくゆっくり息を吐くということを繰り返してみてください。

 

これだけで腹式呼吸を強化していくことができます。

声量を上げるために日常的にできること

 

今回お話しした方法は実際にボイトレ教室で最初にやることです。

 

でも内容を知っていれば一人で自宅でもやることができるトレーニングなので、

ボイトレに通おうか悩んでいるという人は、まずは自宅でトレーニングをしてみてください。

 

読んでくれてありがとうございました。

では。

ABOUTこの記事をかいた人

幸田 夢波

声優、アーティスト、デザイナー、当ブログの運営者。 2009年に声優デビュー、2016年声優事務所を退所し、現在フリーランスで活動中。自由に生きられる選択肢を増やし、それを発信するために毎日ブログを更新中。