辛い気持ちって、共感してもらうだけで忘れられるんだ。

人生生きていると辛いと感じる事って必ずあると思うんですが

辛い事ってなかなか人に言うことができないことだったりしますよね。

 

仕事の話とかだったりすると特に「そんな話をしても相手は面白くないだろうから」と思ってついつい自分の辛い気持ちに蓋をしてしまいがちです。

 

でも辛い気持ちに共感してもらうだけで自分の気持ちって救われるものなんだと思うんです。

 

辛い気持ちは一人で抱え込んでしまいがち

 

特に仕事というのは自分が人生をかけて付き合っていかなくてはいけないものですから悩みも多くなると思います。

仕事そのもの以外にも仕事で関わる人間関係とかも含めて。

 

ついついそういう辛い気持ちというのは「誰かに話して解決するものではないし」、と割り切ってしまって一人で抱えてしまうことが多いです。

 

私にもやっぱりそういうところもあって、人に言ってもしょうがないから、と自分で悩んでいることはたくさんありました。

 

でもそれを他の人に話して共感してもらうことでなんだかその悩みも「もういいかな」と思えるようになったんです。

 

その悩みに関しては本当に数年経った今でも夢に見るくらい辛いと思っていたことでした。

人間関係の悩みは「所属すること」をやめると解消される

 

同じように感じてくれる人がいると安心できる

 

やっと自分の中で整理もついて自分の環境も大きく変わってつらかった当時の気持ちを口に出せるようになったのですが、

自分が辛いと感じていた時は、「自分の感覚がおかしいのかな?」と思ってしまうようなこともありました。

 

でもそのつらかった気持ちを口に出してみて同じように辛い思いをしていた人に共感してもらえると、

私だけじゃなかったんだと安心することができました。

 

辛いことをもらうということは、もしかしたら根本的な解決にはならないかもしれないけど

自分のメンタルを守るためにとても大切なことなんだと思ったんです。

他人に嫌われる勇気をもつことで人生が変わる

 

辛いことはなるべく人に話そう

 

なかなか言いにくい話もあるとは思うのですが自分が辛いと思う気持ちがある時はなるべく他の人に話を聞いてもらってください。

 

「そうだよね、わかるよ」と言ってもらえるだけで救われる事があります。

 

色々な事情があって一人で抱え込んでしまいそうになることもあると思うけど、共感してくれる仲間って大切です。

 

私は逆にそういった悩みを話してもらうと嬉しいなと感じる時もあるから、信頼している人にはたくさん相談した方がいいと思います。

 

いつも笑顔で頑張っている人ほど、周りの人に相談してくださいね。

我慢しない生き方を選んでみる

 

読んでくれてありがとうございました。

では。

ABOUTこの記事をかいた人

幸田 夢波

声優、アーティスト、デザイナー、当ブログの運営者。 2009年に声優デビュー、2016年声優事務所を退所し、現在フリーランスで活動中。自由に生きられる選択肢を増やし、それを発信するために毎日ブログを更新中。