名刺作りをする時に入れておくと印象に残りやすいもの

フリーランスになって1番最初に必要になってきたのが名刺でした。

 

事務所に所属していた頃は自分で名刺を交換するということがあまりなかったので気づかずにいたのですが

個人事業主として独立する場合は必ず名詞を作っておかなくてはいけません。

 

初めて会った人とは必ず名刺を交換するようになると思います。

 

しかしこの名刺交換、なかなか相手の顔と名前が一致しません。

 

名前を覚えるのもとても大変です。

 

自分がこのように感じているということは、きっと名刺を交換した相手もそのように感じているということでしょう。

 

なかなか顔と名前を一緒に覚えてもらうというのは難しいものです。

 

しかも時間があまりない中で多くの人と挨拶をする場合は

手元に名刺がたくさん来てしまいますから

さらに覚えるのが難しくなってしまいます。

 

では個人事業主として独立し、名刺を自作する時に

相手の印象に残りやすい名刺はどのように作ったら良いのでしょうか?

 

名刺をたくさん交換させてもらうようになって

「こういうものが名詞に入っていると相手のことをより覚えることができるな」

と感じるものがありましたのでいくつかのポイントを書いていきたいと思います。

 

顔写真・イラスト

 

名刺に顔写真やイラストなどが入っていると、より相手のことを覚えやすくなります。

 

私も自分の名刺には自分の顔写真を入れています。

 

名刺

 

後から名刺を見返してもらった時に顔を覚えてもらいやすくなるので顔写真を入れておくと良いでしょう。

 

自分の顔写真を入れるのが恥ずかしいという人は

自分の似顔絵などを入れてもいいと思います。

 

自分で似顔絵を描ける人は描いてみるといいと思いますし

ココナラ などの技術を売り買いすることができるサービスでは

自分のアイコン画像などを外注することもできますので

こういったサービスで自分の似顔絵を発注してみるのも良いでしょう。

フリーランスは早めに安い名刺を作っておくべき

 

自分の特徴や肩書き

 

個人事業主として独立する場合は自分の肩書きなどがなくなってしまう人も多いと思います。

 

ただ名前だけではその人が何をしている人なのかということがよくわからないので

自分の肩書きや特徴などを名刺に入れておくと良いと思います。

 

私の場合はここに

  • 声優
  • 歌手
  • デザイナー

という風に書いていますが

今度はブロガーを追加しようと思っています。

 

肩書きが書いてあることによって、

その人がどのような仕事を扱っているのかということが分かるようになりますので

新しい仕事を振る時にもしかしたら思い出してもらえるかもしれません。

 

仕事をとっていくのに誰かの記憶に残っていくこと、誰かに思い出してもらうことということが一番重要なことですから

自分をうまく簡潔に表していくことが大切です。

 

私の場合は業界関係だけでなく全く違う分野の業界でも名刺交換をすることが多いので

声優という肩書きを書いておくとそれがものすごく珍しいものに映る場合もあるようです。

 

そしてそれがきっかけでナレーションなどの仕事を振ってもらえることもありますので

できるだけ良い業種の方が気を二つ三つ書いておくと良いかと思います。

フリーランスにくる依頼で困るもの

 

QRコード

 

私は名刺の裏面にQRコードをつけています。

 

このQRコードは自分のブログへのQRコードと

自分のデザインしているグッズを販売しているサイトへのQRコードです。

 

初めて会う人とはどんな仕事を普段しているのかという話題にもなりやすいですが

このQRコードをつけておくことによって自分がどのような仕事をしているのかということをさらに分かりやすく説明することができます。

 

初めてお会いした人にオリジナルグッズの販売をしているという話をしたら

そのQRコードを読み取ってくれてそこからグッズを購入してくれた人がいました。

 

これがとても嬉しかったです。

 

何かしら自分の仕事をうまく分かりやすく説明することができるサイトというものを持っておくといいと思いますし

名刺にQRコードをつけておくと、初対面の人とも話が盛り上がりやすくなるでしょう。

 

QRコードはQRコード作成サービスで無料で簡単に作ることができます。

やってみて気付いた独立して仕事を始める時にやっておくと良い準備

 

追記:あまり良くない名刺

 

ツイッターのリプライを頂きまして、

「こういうフリーランスの名刺は困る!」というものの意見があったので紹介しておきます。

 

  • 他の名刺と形が違って扱いにくい、名刺ファイルに入らない
  • プラスチック製などで余白にメモをすることができない

 

こういう名刺は確かに扱いづらいなぁと思いますね。

 

相手が名刺を受け取った時にどのように名刺を扱うのか、ということを想像して

名刺を作っていけるといいのかなと思います。

楽しい仕事をするために大切なこと

 

何をやっているのかわかりやすい名刺

 

今回はフリーランスになる人や、これから独立を考えている人向けに

印象に残りやすい名刺の作り方についてお話ししてみました。

 

フリーランスとして独立するようになると自分で自分の仕事を獲得していかなくてはいけなくなりますので

そのツールとして名刺はとても重要なものになってくると思います。

 

自分がどんな仕事ができて今までどのような作品を作り上げてきているのかというようなことがシンプルにわかる名刺を作ると良いでしょう。

 

たまに裏側に自分の実績などを羅列する方がいますが

あまり多く書きすぎてしまうとそれはそれで読みにくくなってしまい、全く読まれないということもありますので

書くものはシンプルに、

さらに興味を持ってくれた人はQRコードへ、とういう導線が一番良いのかなと思います。

 

ラクスル だと安く、そして早く名刺を作ることができるのでおすすめです。

個人事業主の確定申告をすごく楽にしてくれるソフト

 

 

読んでくれてありがとうございました。

では。

ABOUTこの記事をかいた人

幸田 夢波

声優、アーティスト、デザイナー、当ブログの運営者。 2009年に声優デビュー、2016年声優事務所を退所し、現在フリーランスで活動中。自由に生きられる選択肢を増やし、それを発信するために毎日ブログを更新中。