大学に進学する意味ってなんだろう?

大学進学の意味
Pocket

私が台本から作って配信しているラジオ『夢を仕事に変えるラジオ』

番組へのお便りを募集するために匿名で質問を送ることができるPeingというサービスを使っています。

 

先日そこでこんな質問がきました。

 

 

声優になりたい、だとか夢があったり

やりたいことがすでにある人にとっては、大学進学ってものすごく悩むことだと思います。

 

私自身、声優としてデビューしたのが高校二年生の時で、

大学進学は本当は全然したくないと思っていたのですが笑

 

それでも大学には行ってよかったと思っています。

 

自分の経験を踏まえて大学に進学することについてちょっとお話してみたいと思います。

 

実際進学してみて感じた大学進学のメリット

 

結果的に大学に進学したことによって

私はメリットがとても大きかったので、自分の場合は正解でした。

 

ただ、これは「自分が興味のある学科に進学できるかどうか」という条件によってかなり変わってくると思います。

 

私は立教大学心理学部の映像身体学科、という学科に進学したのですが、

映像や身体表現について学べる学科で、

 

そもそも自分が仕事としてやっているお芝居に関して、学ぶことができる学科だったので

授業も面白かったし、何よりその界隈で活躍する同世代の人たちと繋がることですごく視野が広くなりました。

 

映画監督を目指している子もいるし

演劇をやっている子もいればダンスをやっている子もいる。

 

自分は仕事としてそういう業界に出ていたけど

大学の場合は金銭のやりとりはないので「純粋にやりたくてやってる人たち」しかそこにいません。

 

良いところも悪いところも同時に見えて、

それがとても勉強になったし、

仕事をしながら大学に通っていたことで、大学のコミュニティが自分にとっては拠り所じゃないですが

ちょっと安心できる場所みたいになっていたのもよかったです。

 

今やっているラジオでパーソナリティを一緒に務めてくれている壷井君とはここで出会いました。

 

  • 自分の勉強したいことをさらに深く勉強できる
  • 自分の興味のあることの界隈で活躍している同世代と出会える

なんといってもこの2点において、大学進学には大きなメリットがあると思います。

 

ただ、前提条件である「自分が興味がある学科に進学する」というところを守れていないと

この醍醐味を味わうことはできません。

 

それどころか「つまらない4年間」を延々とただ過ごすだけだと思います。

 

学科の色が濃かったのもあって

実は学科の中にそういう人もたくさんいました。

 

興味ないんだろうな〜という人は見ててわかるし

その興味がないところで4年間過ごすって結構もったいないことです。

 

だったら進学しないでやりたいことやった方がいいと思う。

大学生活と声優活動の両立はどうやってするのか

 

大卒じゃなくても生きていける

 

私は今フリーランスで仕事をしていますが、

声優という仕事にこだわらず、自分がやってみたいことや自分にできることは全部仕事に繋げるようにしてみています。

 

そういった働き方をしてみて感じることは

「大学に進学して、大卒という称号をもらわなくても生きていける」ということ。

 

例えば

  • プログラミングスキル
  • デザインスキル
  • ライタースキル

こんな感じのスキルがあれば、フリーで仕事をしてもまぁまぁ食べていくことができます。

 

実際に私がそうやって稼いでいるので。

 

大学を卒業していないと社会に認められない、と思っている人はまだまだ多いかもしれませんが

私が今戦っているところでは「大卒かどうか」なんてことは全く関係ない場所です。

 

確かに企業に勤めて働こうだとか、

大卒かどうかが影響してくる働き方というのはまだまだ多いのですが

 

特にWEB関係の仕事をしていると

「できるかどうか」ということしか重要視されないので、経歴なんていうものはあまり重視されません。

 

完全なる実力主義社会。

 

なので社会に認められるための「大卒」という経歴が欲しくてなんとなく大学に進学するなら

それよりも社会に認められるスキルを4年かけて磨いた方ができる仕事は増えると思います。

 

IT化が著しい今の社会では特にそう思いますね。

 

ちなみに声優も実力主義社会なので

大卒かどうかなんて全く関係ありません。

 

有名になったら大学が「うちの卒業生です」ってHPとかに載せたりするくらいじゃないですかね笑

自分に合った働き方をデザインする方法を考える

 

大学進学は自分の意志次第

 

大学進学したら「大卒かどうか」というところが影響してくる戦場では武器になるでしょう。

今までの時代はそれが当たり前だったと思います。

 

でも今は「大卒かどうか」ということが全く関係ない働き方も増えてきていますし

そういう働き方もできるものです。

 

もしそういう働き方を目指したいけどやりたいことが決まっていない、というなら私は断然プログラミングをおすすめしますね。

 

これからの時代はロボットかヒトか、という時代になってくると思うので

大学を出るよりもプログラミングができる方が仕事にはあぶれないと思います笑

 

自宅にいながら短期集中でプログラミングを学ぶことができるTechAcademy 、無料体験もやってるので試してみるといいと思います。

 

スキルがちょっとつくだけでクラウドワークス などのクラウドソーシングでも単価のいい案件に挑戦できるようになりますしね。

 

大学進学が良い悪い、というのは本人次第なのでどちらとも言えません。

 

でも私は、

自分の興味のある分野で進学することができたので

大学に進学したのはとてもよかったと思っています。

 

進路を迷っている方の参考になれば幸いです。

声優になるにはどんな進路を選ぶべき?

 

 

読んでくれてありがとうございました。

では。

Pocket

オンラインサロン

幸田夢波オンラインサロンバナー

オンラインサロン始めました。クレカ決済なら30日無料です。

一緒に、夢を仕事にしましょう。 夢波サロンへ

幸田夢波twitter

声優になりたい人、声優としての活動に悩んでる人、これからフリーランスとして独立したい人に役立つ情報をお届けします。

yumeha
About yumeha 388 Articles
声優、アーティスト、デザイナー、当ブログの運営者。 2009年に声優デビュー、2016年声優事務所を退所し、現在フリーランスで活動中。自由に生きられる選択肢を増やし、それを発信するために毎日ブログを更新中。