声優という夢を挫折する人が多い理由

声優という仕事に憧れて声優を目指す人、

または新人として声優という仕事をしながら日々ブレイクするために頑張っている人がたくさんいます。

 

ただ、みんながみんな思うように声優として活躍できるわけではありませんし

挫折して途中で諦めてやめてしまう人もまたたくさんいるものです。

 

では声優の夢を挫折してしまう理由はなんなのでしょうか。

 

なかなか収入が安定しない

 

多分挫折理由の中でこれが一番多い理由なのではないかなと思います。

 

声優を目指している人は専門学校や養成所にもお金がかかりますし

それと並行して複数のアルバイトを掛け持ちしている、という人がほとんどでしょう。

 

声優としてデビューできても、新人声優はアルバイトをしている人が多いですし

一体いつまでアルバイト生活を続ければいいんだ、という言葉はよく聞く言葉でもあります。

 

特に自分の同世代が社会人として働いてお給料を毎月もらっているのと比べてしまったりなんかすると

声優は固定給ではないので、収入も安定しませんし、働きたい分働ける仕事でもないので

やめてしまいたい、と思う瞬間が出てくると思います。。

 

専門学校や養成所に払う値段を考えると、声優になるにもとんでもなくお金がかかってきたりする場合がありますからね。

声優養成所オーディションで特待生を目指すべき理由

 

他にできる事がないと焦る

 

声優になることを目指して一生懸命がむしゃらに頑張ってきた人は、

その状態がずっと続くと、ふと「あれ、自分はこれ以外にできることがないんじゃないか?」と感じることがあるようです。

 

実際私自身も、「この仕事がなくなったら私には何も残らないな」と思ってしまっている時がありました。

 

これって結構怖いことですよね。

 

自分の生きる選択肢が一つしかない、という状態なわけで

そしてそれが声優、という不安定すぎる仕事。

 

そういう意味で、一つのことをがむしゃらにやる、ということに挫折してしまう人がいます。

 

でもこれはやり方次第ではすぐに脱却することができると思っています。

 

声優は副業禁止の仕事ではありません。

事務所に所属していても、アルバイトはできるわけですし、

個人事業主扱いになりますから、芸能関係以外の仕事は自分で自由にできます。

 

なので、自分のスキルアップにつながるような仕事を探してみるといいんじゃないかなと思うんですね。

 

私はデザインに興味があったので、デザインのことが学べるアルバイトをバイトル などのアルバイト求人サイトで探して面接を受けてごく一般的な流れで

デザイン系のWEB制作会社のアルバイトを始めました。

 

その経験が今のデザインの仕事に活きています。

 

プログラミングとかでも良いと思うし、

なんでもいいから、そのスキルがあるとその方面で活躍することができる、というのが

自分の自信にもつながるし、ある種の保険にもなると思います。

 

声優業である程度稼げないのであればアルバイトは必ずしなきゃいけなくなるでしょうから

どうせアルバイトするならそういうスキルが身につくようなアルバイトをすると良いんじゃないかなと思うんですね。

 

他にもクラウドワークス というクラウドソーシングのサービスでライターの仕事やWEBサイトの制作の仕事をしたりしていました。

 

これもまた今のブログ運営に活かせていることです。

 

自分には何もないんじゃないか、と焦って挫折する前に、

自分にできることを増やしてみると、自信がもっと持てるようになると思います。

ブログの収入はどんな仕組みで入ってくるのか?

 

戦う敵が多すぎる

 

声優業界はとにかく人が多くて、

その中で勝っていこうと思うと本当にたくさんの人と数少ない椅子を奪い合わなくてはいけなくなります。

 

この戦い続きの業界に疲れてしまって挫折する人もいます。

 

これだけ声優という仕事が人気になってきている今

やっぱりこれはどうにもならない問題ですよね。

 

たくさんの人の中で、自分のことをどう見せるか

どうプロデュースしていくか、ということをずっと考えていくことができる人が

長く業界で仕事を続けていくことができる人だと思います。

声優の理想と現実のギャップをもっと知ってほしい

 

納得できるまでやり切れたかが大事

 

声優業界を目指していたのに挫折してしまう、という理由について書いてみましたが

挫折する、ということは決して悪いことではないと思っています。

 

挫折、という言い方がちょっと悪くて

自分が納得するところまで必死にもがいて、「やっぱりこの道じゃなかった」と思えたら

それはその人にとって新しいスタートだとも思うんです。

 

でもここで大切なのは「自分が納得できるところまで走り切れたかどうか」ということです。

 

自分の思いが納得しきれていないままに業界を諦めてしまっては

必ずいつか後悔する時がくるでしょう。

 

ひょっとすると後悔し続けながら生きることになるかもしれません。

 

人生は一度きりですから、自分が納得できるところまでぜひ走ってみてください。

夢を追うか諦めるか、悩んでいる人へ

 

 

読んでくれてありがとうございました。

では。

ABOUTこの記事をかいた人

幸田 夢波

声優、アーティスト、デザイナー、当ブログの運営者。 2009年に声優デビュー、2016年声優事務所を退所し、現在フリーランスで活動中。自由に生きられる選択肢を増やし、それを発信するために毎日ブログを更新中。