事務所の所属声優になるメリットとデメリットを声優が解説してみる

声優になりたい、と思っている人がとりあえず目指すところは

「声優事務所に所属する」というところだと思います。

 

今声優を目指している人の多くはやっぱりアニメ作品やゲーム作品に出演したいと思っている人が多いでしょうし

そういった作品に出演するにはやはり声優事務所に所属している、ということが条件になってくると思います。

 

フリーランスでアニメやゲームに出演されている方も少なからずいらっしゃいますが

そういった方達はどこかの事務所に所属していた経験があったり

それなりにキャリアを積まれてきている方が多いですね。

 

どこの声優事務所にも所属しないままフリーランスで売れていく、というのはなかなかできない事だと思います。

 

なので声優事務所に所属する、ということを目標にすることは

声優を目指す上で間違ってはいないと思うんですが、

今回はそのためにも、リアルに、声優事務所に所属するメリット、デメリットについてお話してみたいと思います。

 

声優事務所に所属して仕事をした約8年とフリーランスでの活動があるからこそ見えてきたことです。

 

所属するメリット

 

まずは声優事務所に所属するメリットからお話します。

 

事務所から仕事を貰える

 

まず一番はやはり、声優事務所から仕事をもらうことができる、ということが大きな所属のメリットになると思います。

 

声優は「声優です」と名乗ってしまえば始めることができるお仕事ですが

知名度がないままにお仕事をもらう、ということはなかなかできません。

 

そこに事務所が入って、

事務所のパイプを使って、「この新人売り出し中です!」というセールスをしてくれるわけですから

やはり新人声優にとってはこれが一番のメリットとなるでしょう。

声優が事務所に所属するまでと「所属」の意味

 

事務作業を全部お願いできる

 

これはフリーランスになってものすごく感じることですが

一人で声優の仕事をやっていかなきゃいけないのと、事務所所属の声優になるのとでは

事務作業の仕事に大きな違いが出てきます。

 

事務所に所属していれば窓口が事務所になるので、

クライアントからの連絡は全て事務所が行ってくれます。

 

フリーランスの場合は自分でこれをやらなくてはいけないので

何をしている時も携帯を気にしなくちゃいけない。

 

請求書も自分で書いて送らなきゃいけないし

単価交渉もしなくてはいけない。

 

これがフリーランスの一番難しいところでもあると思うので、

やはり事務所の所属声優になるメリットと言えると思います。

フリーランスにおすすめしたい請求書作成サービスMisoca

 

何かあった時守ってもらえる

 

なかなかないですがクライアントと何かしら揉めてしまった時や

クライアント側からギャラが支払われなかった場合なども

事務所が守ってくれることがあります。

 

これがクライアント対個人になってしまうとやっぱり難しいけれど

事務所に所属していればクライアント対事務所、つまり会社が戦ってくれるので

こういった意味で所属声優はセーフティだと思います。

フリーランスでギャラの未払い、ってよくある事。回避する為には?

 

箔がつく

 

箔がつく、という言い方が正しいかはわかりませんが笑

 

事務所の大小もありますが、

それなりの声優事務所に所属することができれば、「どこどこの事務所に所属している誰々」という認識になるので

それがクライアントや周りの人の評価にもつながるでしょう。

 

事務所って所属するだけでもものすごく難しいものですからね。

 

所属することができる、というだけで周りからある程度の実力を認めて貰えると思います。

中にはずっと預かり所属、という人もいますから。

声優事務所の預かり所属って結構しんどい

 

デメリット

 

では次に声優事務所に所属するデメリットについてお話してみたいと思います。

 

これが声優を目指している人にはなかなか見えない部分でもあると思うので

少し具体的に話してみます。

 

スケジュールがわからない

 

声優事務所の所属声優になると

自分のスケジュールを全て事務所に預ける、という形になる事が多いです。

 

もちろん事務所によりますが。

 

なので基本的には、お仕事が入っていないスケジュールのところも

いつでも「仕事が入るかもしれない」という状態で待機しておかなくてはいけません。

 

旅行とかも行きにくいですし、泊りがけの宿泊の場合は事務所にスケジュールNGを出さなくてはいけないんですね。

 

新人のうちはなかなかこれ、出しにくいです。

声優のスケジュール事情

 

受けたいオーディションを受けられない

 

実はフリーランスの時は受けたいと思ったオーディションを好きなだけ受けることができますが

事務所に所属している時は「事務所所属者NG」のオーディションがあったり、

事務所から「他社のオーディションは受けてはいけない」というルールが課せられていたりして

結構複雑なんです。

 

なので受けたいと思ったオーディションを受けることができるのはフリーランス。

 

自分で頑張ればいくらでもチャンスを作り出せるのも実はフリーランス。

 

もちろん事務所に所属していないと受けられないオーディションもありますけどね。

声優の仕事はオーディションを受けないと来ないの?

 

確認しなきゃいけない事だらけになる

 

事務所に所属していると、自分が行うエンターテイメントは

全て権利が事務所帰属となるのが一般的です。

 

Twitterも自分で更新できないような事務所もありますし、

写真に写るのも許されないこともあります。

 

どこまでが自由で、どこまでが事務所管理なのか、ということは事務所によって違いますが

それらを全て確認しなくてはいけません。

 

それを知らないうちに破ってしまったら契約違反になることもあります。

声優事務所と契約する時に絶対に気をつけた方がいいこと

 

マージン高い

 

これは当たり前の話ですから

マネージメントをしてもらうわけですから、ギャラが入ってきたらそこにマージンが発生するものです。

 

事務所によって割合は違いますが、

新人声優のギャラは単価が15,000円、というのが普通で、

手取りは1万円近く、もしくはそれを下ることもあります。

 

サラリーマンが月に20万円稼いでるとして

それを稼ごうと思ったら声優は40万円近く稼がないと手取りが20万円以上になってこない、ということ。

 

これ結構悲しいことです。

声優のギャラの相場はいくらなのか

 

所属のデメリットも理解しておくべき

 

声優を目指している人はやみくもに声優事務所に所属することを目指してしまいがちですが

所属声優になる、ということにはデメリットもあります。

 

一度きちんと事務所に所属する、ということについて

メリットデメリットを考え、整理しておくと良いと思います。

声優志望者がデビューするまでにかかる費用はいくらくらい?

 

読んでくれてありがとうございました。

では。