新しいことを始める時に注意した方がいい事

2016年末日に声優事務所を退所し、

2017年元旦からフリーランスとして活動を始めて、それまでふつふつとたまっていた「やりたかったこと」に挑戦し続けた1年になりました。

 

やはり事務所に所属している時は、

事務所の一員として動かなくてはいけませんし、自分が失敗したことは事務所にも迷惑がかかってしまうけれど、

 

フリーランスになって独り身になると(笑)

新しいことを始めやすくなったと感じます。

 

色々新しいことを始めてみて、気づいたことがたくさんあったので、

「これから新しいことを始めようかな」と悩んでいる人へ、

新しいことを始める時に知っておくといい事、やった方がいい事について今回はお話してみたいと思います。

 

下手くそでもやる、見せる

 

2017年いろいろ新しいことに挑戦してみた中でも

やっぱり一番ドキドキしたのは台本を一から作ったラジオの公開でした。

 

台本から作って、出演もしていますが、

編集する段階になって「あーもっとこう言えばよかった」とか「音質あげるのにもっとこうすればよかった」

というのがどんどん出てくるもので。

 

なんでもそうですが新しいことを始める時というのは、

自分が挑戦した新しいことというのがとても下手くそに映るものです。

 

でも下手くそだ、と気づく事ができる、ということは

「もっと成長できる」ということです。

 

さらに、下手だと思いながらみんなに見せるのは正直恥ずかしい。

恥ずかしいからこそ、成長スピードも上がると思うんですね。

 

よく新しいことを始める人で「ちゃんと形にならないと見せられない」という人がいます。

 

でもそれって、いつまでたっても見せられなくなっちゃうんじゃないかな、と私は思うんです。

 

自分で納得できるくらいの出来になることってなかなかないから

不出来でも、未完成なままでも、さっさと公開しちゃって、そこから修正点を考えた方がいい。

 

これはブログも同じで、

やってみないとわからないことがたくさんあります。

 

でも修正なんていくらでもできるわけで、

私も昔のブログ記事とか見ると恥ずかしくて辛いけど、そのブログだってリライトしちゃえばいいし

リライトしてると「こんなにダメなところに気づけるくらい成長したのか」と思える。

 

だからこそ、新しいことを始める時は下手くそでもなんでも

人に見られることを意識できるようなやり方にした方がいいと思います。

他人に嫌われる勇気をもつことで人生が変わる

 

飽きたらすぐやめる

 

これ結構賛否両論別れる論だと思うのですが、

私は新しいことを始めてみて、それに飽きてしまったり、あんまり楽しく感じなくなったらさっさとやめてしまうタイプです。

 

日本人は特に気質が真面目なので、とりあえず何ヶ月は続ける、とりあえず何年は続ける、

みたいなことをよく言いますが

それはあんまり得策じゃないと思っています。

 

自分にとって合わないものというのは、やっぱり成長スピードが遅いし

それを我慢して頑張っても得られるものが少ない。

 

だったら、飽きたらさっさとやめて、また違う新しいことを始めた方がいいと思う。

 

「続けなくちゃいけない」という気持ちにとらわれすぎると

今度は新しいことを始めること自体が億劫になってきます。

 

だから「飽きたらやめればいいや」くらいの気持ちで始めて

続いたら儲けもんくらいに思っとくのが楽だと思うんですよね。

 

時間は有限ですから、自分のやりたくないことを無理に続けようとする自分ルールなんて要らないのです。

自分が何がしたいかわからない、って良い事だと思う。

 

新しいことを始めるキャパを確保する

 

以前こんなつぶやきをしましたが

これはいつも自分に言い聞かせていることでもあります。

 

ついつい新しいことを始めたがりは私は、

思いついた事にすぐ手を出そうとしてしまうんですが、

それだと必ずオーバーワークになります。

 

自分のキャパシティというのはもともと決まっていますからね。

 

だからこそ、生活を常に客観視して

「無駄だと思う事」を排除していくことも、新しいことを始めるために必要なことだと思っています。

 

見終わった後に何の感想も残らないような面白くもつまらなくもないテレビ番組をぼーっと見ている時間とかね笑

 

それで自分が癒されるならいいけれど、

自分にとって必要ではないな、という時間はなるべくカットして

自分の新しいことを始めるための時間に回したいのです。

 

普段から時間的余裕を持っていれば

新しいアイデアも思いつきやすいと思いますいし。

旅して思う、海外と日本の違い。

 

 

ということで今回は、新しいことを始める際に私が大切にしていることについてお話してみました。

 

読んでくれてありがとうございました。

では。