防音の物件に住んで音を思い切り出せる環境にするには

私は声優として活動しています。

 

声優として仕事をするのに練習もありますし

歌うことも好きなので、家で歌の練習をしたりギターを弾いたりしたいわけですが、

どうしても都心で防音の物件って少ないんですよね。

 

ということで今回は防音の物件に住みたい、という人向けに色々方法を考えてみました。

 

防音の賃貸物件を探す

 

まずは防音の賃貸物件を探す、というのが一番てっとり早いと思います。

 

お家を決めるとキャッシュバックがもらえるというなんとも素晴らしい物件サイトのキャッシュバック賃貸 では

楽器の演奏を相談することができる物件を絞り込み検索することができます。

 

キャッシュバック賃貸こだわり検索

 

こだわり条件の検索が結構充実しています。

 

キャッシュバック賃貸-楽器

 

東京で楽器演奏の相談ができる物件で絞りこむと意外と件数が出てきました。

 

もちろん条件にもよるのですが、値段も2万円代からありました。

東京都内なのに!

 

ということで、物件にそこまでこだわりがなければ防音、というか

音を出しても平気な賃貸物件はそこそこありそうです。

声優の家の選び方

 

リノベーションする

 

そもそも家から、というふうに考えている人は

中古物件を購入して防音環境にリノベーションする、という方法もあります。

 

もちろん今住んでいる自宅が持ち家なら、そこをリノベーションする、という手もあります。

 

リノべる

 

リノべる。というサービスでは中古物件を探して、リノベーションを考えたり、

すでに所有している持ち家のリノベーションを相談することができるようになっています。

 

ショールームもあるみたいなので、そこで防音環境のリノベーションについて話を聞いてみるのもいいかもしれません。

 

防音環境を作ってしまう

 

すぐにとりかかることができるのはやはり防音環境を作ってしまう、ということですね。

 

一部屋用意できるならその部屋、

もしくは押入れの板を外してしまってそこを防音環境にしている人もいます。

 

こういった防音環境を作るための緩衝材をとにかく壁という壁につけるだけで

表面積が増えるので音が外に漏れにくくなります。

 

天井は大きめの布を買ってきてそれをもたつかせて画鋲で止める、という方法があります。

 

もちろん緩衝材を貼れるならそれでも良いです。

 

もしくは防音室をそのまま買ってしまう、という方法もあります。

 

これは私も使ったことがありますし、

声優事務所では置かれているところもあったりするものです。

 

多少の音漏れはありますが、音声収録もできていたレベルなので、

自宅で防音環境を作る中では結構レベルの高い防音環境になるかと思います。

声優の収録に関する専門用語

 

歌や台詞練習の場合

 

ウタエット

 

声優やアーティストで、歌や台詞練習を自宅でしたい、という人の場合はこのウタエットがおすすめです。

 

口を塞ぐような形にはなってしまいますが、

きちんと自分の声が聞こえる仕組みになっていますのでタオルで口を塞ぐよりちゃんと練習になります。

 

まるごと洗うことができるので衛生的にも安心です。

今すぐ自分でできる声のトレーニング

 

 

ということで今回は防音設備が自宅に欲しい、という人向けに書いてみました。

 

 

読んでくれてありがとうございました。

では。