声優業界はなぜ厳しいと言われるのか

声優業界は厳しい
Pocket

近頃は声優がなりたい職業ランキングの上位に食い込むほど声優が人気になってきているようですが

きっと「声優になりたい」と周りに話してみたら、反対される人の方が多いでしょう。

 

「声優業界は厳しいから資格を持ってからにしなさい」

「一度は社会に出て働いてからにしなさい」

 

そんなことを言われる人が多いんじゃないかと思います。

 

それを振り切って声優になりたい、という方へ、

声優として活動してみて、本気でどれくらい声優業界が厳しいのか、という現実をお話します。

 

決して「夢を諦めろ」なんて言っているわけではありません。

この現実を知ってなお夢を追いかけ続けて欲しいから、お話してみたいと思います。

 

なりたい人の人数が多い

 

なりたい職業ランキングの上位にくるくらいですから当然声優になりたい人というのはたくさんいるわけです。

 

声優になれる確率は東大に入学できる確率よりも低いと言われています。

 

声優の専門学校や養成所がたくさんありますから、

つまりはそういうビジネスが成り立つくらいには声優になりたい人がいるというわけで

その中から本当に声優になれる人はほんの一握り。

 

声優になるための道は厳しいです。

 

声優を目指す過程でしっかり考えて欲しいことは

「声優になる道は一つじゃない」ということです。

 

声優になるためには養成所や専門学校に通うべきだ、と思う人が多いかと思いますが、

そのステップを踏まずに声優になった人はたくさんいます。

 

そして特に今、声優業界は若年化してきていて、アイドル的な活動をしたいのであれば年齢が勝負、というような風潮もあります。

 

収録現場で小学生中学生がいることも珍しくなくなってきました。

 

だからこそ、声優になりたいなら、時間を無駄にしないようにしてください。

自分が一番最速で声優になるためにはどの道を選んだらいいのか、ということをいつも考え続けてみてください。

 

専門学校に通うためにバイトしてお金貯めて…としていたら大切な自分の時間がいつの間にか過ぎていってしまいます。

 

努力はいくらでもできても、年齢は努力ではどうにもなりません。

もちろん、そういったアイドル的な活動をしていきたいなら、ですけどね。

声優の専門学校の学費ってめちゃくちゃ高いけど、本当にそれでいいの?

 

生活が明らかに大変になる

 

声優になれたとして、声優としての活動を続けることもさらに難しい。

これが声優業界が厳しいと言われる理由の一つだと思います。

 

声優は儲かりません。

新人のうちはメインのキャラクターをたくさん担当している声優さんでもバイトをしている人も結構います。

 

例えば会社に就職したとして、毎月お給料が出る。一定期間働けばボーナスも出る。

休みもとれる。明日の仕事のスケジュールがわかる。

 

これらが声優では保証されません。

 

明日のスケジュールもよくわからないことがたくさんあるし、

毎月のお給料は完全に成果報酬制ですから、お仕事をとることができなければ0円の月だってあります。

 

ボーナスはありません。

 

新人のうちはスケジュールNGを出すこともなかなかできませんから、おやすみをとることだってできません。

 

当然旅行なんていけません。

行けてゲリラで日帰り旅行。しかもすぐ帰ってこれるような場所じゃないとダメ。

 

そんな暮らしを何年もしていくことになります。

 

本当に好きじゃないとやっていけない仕事なのです。

声優の年収っていくらぐらい?

 

精神的にも苦しい世界

 

精神的にもしんどいことは多いです。

まず弱音がはけない。

 

マネージャーに相談しようものならマネージャーからは「あの子は今不安定だ」と思われてしまいます。

それで仕事を振ってもらえなくなる可能性もあります。

 

事務所にもたくさんの役者が所属していますから、その中で仕事をもらえるようなポジションにいなくてはいけません。

そのためにはやっぱりマネージャーには常に信頼してもらえるような人でなくてはいけない。

 

役者仲間に弱音をはくこともあまりできません。

同じ役者なら、結局のところライバルだからです。

 

どんなに苦しいことがあってもファンの前では笑顔でパフォーマンスしなくてはいけません。

 

それでしかもお金もあんまりない、となってくると

やっぱり病みますよね笑

 

声優の中には精神的に参ってしまう人もたくさんいます。

 

そしてストレスっていろんなところに悪影響を及ぼします。

 

私は声が出なくなったことがあったし、女性は生理不順になったり、

過労で倒れる方も多いし睡眠障害の人も結構多いです。

声優の理想と現実のギャップをもっと知ってほしい

 

それでも声優になりたいなら

 

声優の現実について少しお話してみました。

 

それでもこの仕事が好きでやっていきたい、というならきっとどこまでも走れると思います。

 

ただ、声優業界に飛び込むなら、私は複業をすることをおすすめします。

声優業界で勝ち残っていくためにはいろんなことができないといけません。

 

歌って踊れる人も多いし、他にもいろんな才能を持っている方がたくさんいます。

 

そしてそれをマネタイズすることができたらいろんな方面で稼いでいくことができます。

私もたくさん複業をしています。

 

まずお金の心配からなくすことができたら、まだちょっと心が軽くなると思うんですね。

 

夢のために長時間アルバイトするのも苦痛だと思いますから、もっと定期的にお金が入ってくるような仕組みを自分の才能を使ってやってみましょう。

声優は食えないから諦める?本当にそれでいいの?

 

 

読んでくれてありがとうございました。

では。

Pocket

オンラインサロン

幸田夢波オンラインサロンバナー

オンラインサロン始めました。クレカ決済なら30日無料です。

一緒に、夢を仕事にしましょう。 夢波サロンへ

幸田夢波twitter

声優になりたい人、声優としての活動に悩んでる人、これからフリーランスとして独立したい人に役立つ情報をお届けします。

yumeha
About yumeha 295 Articles
声優、アーティスト、デザイナー、当ブログの運営者。 2009年に声優デビュー、2016年声優事務所を退所し、現在フリーランスで活動中。自由に生きられる選択肢を増やし、それを発信するために毎日ブログを更新中。