フリーランスの女性声優が苦労すること

フリーランスの女性声優が苦労すること
Pocket

フリーランスとして女性が仕事をしていく、というのはなかなか難しいことで、

女性だからこそ苦労する部分というのがあります。

 

声優のお仕事は声優事務所に所属していても個人事業主扱いなので、

他の業種に比べると比較的フリーランスになることもスムーズなんじゃないかな、と思います。

 

事務所に所属している間もスケジュール管理は結構大変ですし、

仕事の営業ももちろん声優事務所がやってくれますが、自分でも営業することがあるので、結構フリーランスに近い職業なんですね。

 

ただ、いざフリーランスになって仕事をするようになると女性声優ならではの悩みが出てきます。

 

また、女性のフリーランスの友人も回りにいて、

共通する悩みやすごい話も聞いたので、

今回は女性がフリーランスとして活躍するのに困っていることについてお話してみたいと思います。

 

女性の方が身の危険がある

 

男性に比べると女性の方がやっぱり身の危険というのはあって

フリーランスで一番苦労するのは「マネージャーがいない」ということです。

 

女性声優でフリーランスをやれれている方はお金を払って専属のマネージャーをお願いしている人もいます。

 

というのも、フリーランスとして仕事をとっていくのは基本的には今まで事務所に所属していた時のツテになるわけですが、

フリーランスだからこそ引き受けることができる仕事というのもあって、そういう場合は新規のクライアント様とお仕事をさせていただくこともあるんですね。

 

特に私はブログからのお問い合わせもあるので、お会いしたことがない全くの初めての方とのお仕事というのもあるんです。

 

そういう新しいお仕事の時にマネージャーがいない、というのは結構不安なことで

指定された場所に女性一人で出かけなくてはいけない、ということがまず怖いです。

 

ゲームやナレーションなどの一人収録の場合はスタジオが小さく、

パッと見ただのマンション、みたいなスタジオもたくさんあるんですね。

 

何もないことだってもちろんあります。

良いお仕事ができる現場もたくさんあります。

 

しかしそちらに賭けてしまって、もし何かがあった時きっと

「そういう可能性を考えないでそこに行ってしまった自分」もまた非があったということになってしまうでしょう。

 

そういう風に考えるとやっぱりマネージャーさんの存在って大きいなぁと思います。

 

まぁ声優のマネージャーは顔出しの事務所よりも人数がいないので

慣れた現場には同行しないことも多いですが笑

 

女性フリーランスの友人はクライアントの指定する場所に行ったらいきなり電気を消された、という経験を話してくれました。

案外そういうことって結構あるようなのです。悲しいけれど。

 

だから自分の身は自分で守っていかなくてはいけない。

フリーランスの女性は結構そういうところが難しいです。

フリーランスで声優をやってみて、実際のところ。

 

恋愛対象に見られやすい

 

どうしてもクライアントの方は男性の方が多いので、

仕事を一緒にしていくうちに恋愛的な変な雰囲気になることが多いです。

 

女性声優だけでなく社会で働く女性はたくさんの方が悩むポイントでしょう。

 

同性でもビジネスライクな関係というのは結構難しいものですが

やはり異性だとなかなかここらへんが難しいですね。

 

仕事を一緒にやるなら楽しくやりたいし、心と心でぶつかっていきたい。

 

でも踏み込みすぎるとすぐ恋愛目線になってくる。

それだとどうしても仕事ってやりにくくなります。

 

特にフリーランスになったばかりはめちゃくちゃ忙しくて、

どうやったら稼ぐことができるかいつも考えているし、新しいことにどんどん挑戦したい。

 

人によって考え方は違うでしょうけど、仕事と恋愛が混同してしまうと仕事がしにくくなる部分はあります。

フリーランスになって見えてきた一緒に仕事をしたくない人の特徴

 

下に見られることもある

 

悔しいことですが「フリーランスである」というだけで見下されることが結構あります。

 

事務所に所属していない声優は稼げていないだろう、仕事がないだろう、と言われるんですね。

 

確かに事務所からいただいていた仕事はフリーランスになったらなくなるものですから事務所にいた頃より声優の仕事が増える、なんていうフリーランスの方は稀です。

というかかなりの大御所さんでしょう笑

 

そこでさらに「女性」なので。

 

「自分と仲良くしておくと仕事あるよ」的なことを男性の方から言われることがあるんですね。

これ、とても失礼だし腹立たしいことです。

 

そういう仕事の仕方をしたいと私は思っていない上に

フリーランスなんだから仕事を一緒にする人は自由に選べると思っています。

 

誰と仕事をしたっていいフリーランスなんだから、わざわざ嫌いな人と仕事をしたくないですからね。

 

女性として、とても悔しい、と思うことでした。

声優が仕事をとる難しさ

 

女性だからできる仕事もある

 

今回はフリーランスで女性声優が仕事をする時に、辛いなと思うことについてまとめてみました。

 

でも逆に、女性だからこそできる仕事というのもあります。

女性の声が求められる現場もあるからです。

特にコスメ系や美容系の仕事はそうですね。

 

辛いことだけでもないので

自分が仕事を一緒にする人はきちんと選んで、これからもフリーランス頑張っていきたいなと思っています。

フリーランスになるには何が必要?

 

フリーランスで頑張っている女性の参考になったら嬉しいです。

読んでくれてありがとうございました。

では。

Pocket

よく読まれている記事

 

yumeha
About yumeha 204 Articles
声優、アーティスト、デザイナー、当ブログの運営者。 2009年に声優デビュー、2016年声優事務所を退所し、現在フリーランスで活動中。自由に生きられる選択肢を増やし、それを発信するために毎日ブログを更新中。