芸能界では当たり前のルールなんだけど辛いなと思うこと

芸能界では当たり前だけど辛いと思うこと
Pocket

声優も芸能界です。

 

最近はアニメやゲームに出演されている声優さんは顔出しする仕事も多く、テレビに出演することもあるから

さらに芸能人化が進んでいるなぁと感じます。

 

そんな表舞台に立つ芸能界の中では当たり前のことなんだけど、

それでもやっぱり役者は人間ですからね。

辛いと感じることがあります。

 

そういうものなのだ、と言われたらもうどうしようもないことがたくさんあるのです。

 

今回はそんな芸能界の当たり前について、

きっとあんまり知られていないだろうことをお話してみたいと思います。

 

比べられる

 

とにかく比べられる。

比べられてなんぼ、というのが芸能界です。

 

例えば事務所に所属した中でも、オーディションの話が回ってきやすかったり、マネージャーがよく話しかけてくれたりと

いわゆる事務所にとっての「推し」があります。

 

これはもうどこにいってもあることです。

 

事務所だってボランティアで仕事をしてくれているわけではありませんから、

「売れる!」と思っている人にいろいろかけてくれるわけです。

 

そういうのって中にいれば嫌でもわかります。

その「推し」が変わることだってよくあります。

 

中には「推し」の声優とめちゃくちゃ話すのに「推しじゃない」声優とは目も合わさない、話しかけられても無視する、なんてこともありますよ。

マネージャーでもそういうことをする人はいます。

 

だから事務所に所属することがゴールではないんです。

 

マネージメント力のある誰かに推されることが大切なんです。

 

でも芸能界だからこれは当たり前といえば当たり前のことです。

人気商売ですから、近くの人間からも好かれないような人は売れません。

 

いやぁ、書いてて辛い。笑

 

やっぱり人間なので傷つきます。

 

でもそういうことにいちいち傷ついていたらこちらが疲れてしまうので、芸能界でやっていくなら「自分のことを嫌いな人のことは気にしない」というのが一番なんですね。

 

役者として大成するために必要なのは、事務所で推される人になるか、

自分が推される場所を探すか、ということなんじゃないかな、と私は思っています。

 

名前が売れていないうちはやっぱりそういう事務所のアシストがないと芸能界でキャスティングされていくのは難しいですからね。

声優の移籍ってよく聞くけど、どういうことなの?

 

自分は商品である

 

自分は自分の管理下にあるのではなく、商品の一つなんだ、という考え方を持たなくてはいけない、というのが芸能界だと思います。

 

例えば

  • 怪我できません。
  • 日焼けもできません。
  • 髪型も大きく変える場合は要相談

みたいなこと。

 

顔出し系の仕事をされていない声優さんの場合はもう少しゆるいとは思いますが、

宣材写真とリアルのギャップが大きいのも困りものなので基本的には声優も見た目の変化に関しては予め要相談です。

 

あと太ってきたらマネージャーに注意される、とかね。

服装も言われたりします。

印象のいい服を着る、自分のキャラクターに合った服を着ること。

 

芸能人ではない人はきっと自分の気に入った服、自分の好きな色のものを身につけると思うのですが、

芸能人の場合は「好きな服」ではなく「自分を魅せるための服」である必要があります。

 

可愛くてホワホワ系路線で売っているアイドルの女の子が私服で黒や茶色の服を着ていたら「あれ?」となりますよね笑

 

これは一緒に仕事をする人に覚えてもらうのに考えなくてはいけないことなんです。

 

供給過多になりすぎている芸能界、声優業界で人の印象に残る、というのはとても大切なことです。

そのためには「どんな印象を持って欲しいのか」ということを考えて自分を作り込んでいかなくてはいけません。

 

セルフマネージメントですね。

 

でもそんな些細なことでも、一緒に仕事をする人に覚えてもらえたら次の仕事に繋がるかもしれない。

それが芸能界なんだと思います。

みなさんすごく考えていらっしゃいます。

 

私が一番自分を商品のように感じて辛いな、と感じたのはやはりスケジュールですかね。

 

自分のスケジュールのはずなのに一週間先のスケジュールがわからない。

 

事務所に所属していた時は「明日仕事が入りました」という連絡がくることもたくさんありました。

 

旅行なんて絶対いけないし、友達との約束もドタキャンが多くなります。

そうするとやっぱり役者同士の付き合いの方が多くなりますよね。

 

私の場合は理解してくれる友達が多かったのでドタキャンで怒られたことはありませんでしたが、しかし申し訳ない気持ちは常にありました。

 

仕事が入ることはありがたいことなのですが。

声優のスケジュール事情

 

表舞台に立つということ

 

芸能人として表舞台に立つということは、それだけ人から注目されるということです。

 

つまり応援してくれる人も増えるけれど

それと同じくらい批判されたり、辛いことを言われたりすることもまた出てくる、ということ。

 

SNSが普及してからは特に自分への意見というのが見やすくなってしまいましたからね。

 

辛いと思う人には結構辛いと思います。

 

でもまぁ辛いコメントの中にも、ただの批判というのと、勉強になる意見というのがあって

冷静にそれを識別できるようになるとそれはそれで自分の成長材料になるとも思うんですが、

やっぱりストレートに自分を否定されると辛いと思うのは人間誰でも同じでしょう。

声優は2ちゃんを見るのか

 

芸能界で必要なのは強靭なメンタル

 

芸能界では当たり前とされていることですが、やっぱり辛いなぁと感じることについてお話してみました。

 

声優業界の一部なので、テレビ出演をたくさんされている芸能人の方たちはもっと辛いことがたくさんあると思います。

 

ただ芸能界、特に声優業界は煌びやかな世界として取り沙汰されることが多く、

この業界に憧れをもって入ってきたのに入ってみたら「思っていたのと違った」と感じる人も多い場所だと思います。

 

辛いことや仕組みについてももっとフィーチャーされてもいいのにな、と感じます。

 

業界の問題はたくさんありますからね。

声優はランクでギャラが変わるその仕組みと問題点

 

 

読んでくれてありがとうございました。

では。

Pocket

よく読まれている記事

 

yumeha
About yumeha 204 Articles
声優、アーティスト、デザイナー、当ブログの運営者。 2009年に声優デビュー、2016年声優事務所を退所し、現在フリーランスで活動中。自由に生きられる選択肢を増やし、それを発信するために毎日ブログを更新中。