声優の収入が安定することはない

声優の収入はずっと安定しない
Pocket

声優になりたいと思っている人たちは声優の収入の実際のところをしりたいと思っている人がたくさんいると思います。

 

声優の収入はどこまでいっても安定することはありません。

どんなにすごい声優さんでも常に収入が減るかもしれない、収入がなくなるかもしれないという恐怖と戦っています。

 

大御所と言われる声優さんだって、収入が安定している、なんてことはないのです。

 

声優としてデビューした時に想定される収入と、どうして声優はずっと収入が安定しないのかということについて話してみたいと思います。

 

新人声優の収入

 

声優はそもそも収入が固定ではありません。

お仕事をしたらした分だけ収入につながる、という形です。

 

しかし新人声優のうちはオーディションを受けまくって、まず仕事をとる、というところから始めなければいけません。

 

もちろんオーディションにはギャラは発生しませんし、交通費も飲み物代も全部自己負担です。

つまりオーディションを受けるだけならむしろ赤字なわけです。

 

お仕事がなければ月に収入が0円、なんてこともざらにあります。

 

事務所に所属して声優としてデビューすれば仕事が入ってくるんだろう、と思っている方もいるようですが、事務所に所属して声優デビューするのがゴールではありません。

むしろそれがスタートなんです。

 

声優事務所に所属しても1年間で1本しか仕事がなかった、なんて人もいます。

 

事務所に所属した後は、確かに事務所のマネージャーさんやデスクさんが営業をしてくれることもあると思いますが、

結局基本的には自分で仕事をとっていかなくてはいけないのです。

 

そのためには事務所が自分のやりたい仕事の方向性と合っているかどうか、ということも吟味した上で事務所を決めるべきだと思います。

声優事務所の選び方

 

デビューして3年の壁

 

デビューしてからは日本俳優連合、通称にっぱいれん、というところに声優は登録します。

ここから3年が勝負で、3年経つと自動的にギャラが上がるんですね。

 

「ギャラが上がるならいいじゃん」と思うかもしれませんがギャラが上がる、ということは

クライアント側からしたらそれだけ使いにくくなる、ということです。

 

今まで1万5000円で使えた声優さんが4万5000円になってしまったら、多少のクオリティが下がっても1万5000円で使える声優さんを起用してしまう。

それが供給過多である声優業界の現状です。

 

昔に比べてアニメも、海外ドラマや映画も、ビデオオンデマンドなどの影響もあってか作品数が本当に増えました。

つまりは作品一つ一つに割ける予算は分散され、どんどん少なくなってきてしまっている、というのが現状です。

 

だから作品以外グッズやイベントなどの展開がたくさん増えているんですね。

 

3年経ってギャラが上がった時に、「ギャラが上がってもそれでもその声優さんにお願いしたい」と言ってもらえるような声優になれるか、ということが非常に難しいところなんです。

 

それがクリアできなければ、新人声優のうちはギャラが安いなりに食べていけても

3年後には全く仕事が入ってこなくなって収入がない、なんてことになることも多々あるわけです。

 

こういったことも声優の流行り廃りが激しい原因でもあります。

声優はランクでギャラが変わるその仕組みと問題点

 

ベテランになっても安定しない収入

 

ベテランの声優さんだって収入が安定している、というわけではありません。

 

例えばベテラン声優さんのCMナレーションのギャラなんかは1本で数百万単位のこともあります。

 

しかしそれはコンスタントにある仕事とは限りません。

 

毎月同じ収入が得られる、というような仕事は国民的アニメや息の長い番組のナレーションでも決まらない限りは声優業界にはないんです。

声優のギャラの相場はいくらなのか

 

いろんな副業をするべき

 

声優業界はとにかく収入が安定しません。

 

しかしこれは声優業界や芸能系の業界がそういう風に見えやすいからであって、

他の業種の収入が安定しているのか、というと私にはそうは思えないんです。

 

会社に勤めるにしても、確かに毎月同じお給料が入ってくるかもしれませんが、労働条件は会社の方針である程度変わってしまうことも多々あるだろうし

その会社が倒産しない、なんてことは言い切れないと思うんですね。

 

 

最近ではクラウドソーシング系で仕事を受注したりなんかしてフリーランスとして独立する人がたくさんいます。

自分のスキルで働けるというのはかなり安全な収入なんじゃないかと最近思うんです。

 

現に私もランサーズ でクラウドソーシングの仕事をしたりしています。

これは初めての人でも比較的わかりやすいクラウドソーシングサービスです。

声優は副業をするべきだと思う

 

クラウドソーシングというのは簡単に言うと「お仕事を依頼したい人」と「お仕事を受けたい人」をネット上でマッチングするサービスで

基本的にインターネット環境があればすぐにお仕事を始めることができるサービスです。

 

WEBデザインやプログラミングといった専門的なお仕事もありますが、事務入力やライティングなどのお仕事もあるので初心者でも問題ありません。

 

ランサーズ

 

私はブログを始める前に練習がてら記事・コラムの仕事をやったり、

  • 会議などのテープ起こし
  • バナー制作

などをやっていました。

のんびりやっても月に5万くらいは簡単にいけます。

 

声優はアルバイトをするのも大変ですから

こういう場所を選ばずに自分のペースで稼ぐことができる仕事、というのはすごくいいんですよね。

 

ランサーズの特徴

 

プログラミングスキルなんかがあればお仕事の単価も高いです。

 

自分の得意をいろんなところでマネタイズして、収入を分散させる、というのはリスクヘッジになると思うんですね。

 

ダメだったら辞めればいい。

それくらいの気持ちでいろいろ手を出してみて、当たったら儲けもんでいいと思うんですよ。

 

でも副業なんて始めるにしても全部楽しいことだからそこまで辛いことなんてあまりありません。

 

楽しいことをお金に変える、

その思考さえうまくできればもっと働いて収入を得る、ということが楽しくなると思います。

声優におすすめのアルバイト

 

 

読んでくれてありがとうございました。

では。

Pocket

オンラインサロン

幸田夢波オンラインサロンバナー

オンラインサロン始めました。クレカ決済なら30日無料です。

一緒に、夢を仕事にしましょう。 夢波サロンへ

幸田夢波twitter

声優になりたい人、声優としての活動に悩んでる人、これからフリーランスとして独立したい人に役立つ情報をお届けします。

yumeha
About yumeha 322 Articles
声優、アーティスト、デザイナー、当ブログの運営者。 2009年に声優デビュー、2016年声優事務所を退所し、現在フリーランスで活動中。自由に生きられる選択肢を増やし、それを発信するために毎日ブログを更新中。