ネットラジオにおける声優の特徴とは

声優ネットラジオ
Pocket

ラジオ、と聞くとみなさんは何を思い浮かべるでしょうか?

 

私は結構なラジオっ子だったので、中学の時に深夜にラジオを聴きながら勉強をしたりしていました。

FMラジオです。

J-WAVEとか東京FMとか。

 

そしてアニメが好きになってから初めてネットラジオというものの存在を知りました。

しかもそのネットラジオが今まで聴いてたラジオとなんか違う?!と思ってびっくりしたのもよく覚えています。

 

普通の公共電波ラジオとネットラジオ、特に声優さんがパーソナリティーをつとめているネットラジオは何が違うのでしょうか?

 

テンションが違う

 

まず公共ラジオを聴いてから声優さんがやってるネットラジオを聴いてみると明らかにテンション感が全然違います。

 

聴く頻度としてどうしても公共電波のラジオのほうが多かった私は、

初めてのラジオの現場でもそのノリでラジオをやってしまってマネージャーに「トーンが暗いです」と注意されたことがありました。笑

緊張してたのももちろんありますけどね。

 

そんな初ラジオの音源もCDになって残っていますお恥ずかしや

「Fate/kaleid liner イリヤとクロのプリズマ☆ナイト ツヴァイ! 」

 

プリナイの現場ではとても勉強させていただいて、ネットラジオの仕事をとても楽しくやることができるようになりました。感謝です。

 

公共電波のラジオはよく聴くとわかると思うんですが、女性パーソナリティーは低めの声のトーンの方が圧倒的に多いんです。

 

対して声優さんがパーソナリティーをやっているラジオは声のトーンが高いことが多いです。

なぜでしょうか。

 

リスナーがラジオを聴く尺

 

これは

  • 公共電波のラジオが時間を決めずに聴いている人が多い
  • 対して声優ネットラジオを聴いている人は時間を意識している人が多い

ということが一つ、関係している要因なのかな?と感じています。

 

公共電波のラジオは番組の区切りはあるにせよ、一つの番組が何時間もあったり、

番組の区切りを意識して聴いているリスナーの方って少ないと思うんですね。

 

「ラジオを聴こう」と思ってつけても「このラジオ番組が終わったらラジオを切ろう」という意図でラジオを聴いている人って、いるにはいると思うんですがそんなに多くはないと思います。

 

テレビと比べると明確で、テレビは番組を区切りにチャンネルを回したり、テレビ自体を切ってしまう人が多いじゃないですか。

 

それに対してネットラジオの場合は聴き始めの段階でこの番組が何分で終わるのか、ということがわかります。

再生バーの横に尺が出てるはずですから。

 

そしてそのネットラジオ番組が終わってしまったら次のラジオ番組に能動的に切り替えないと次のラジオ番組ははじまりませんよね。

(自動再生機能がついているようなネットラジオまとめサイトの場合は別ですが。)

 

だから番組の色をとても大切にしているのがネットラジオなんじゃないかと思います。

 

そうすると、「ずっと聴いている」のが公共電波のラジオで「単発に番組を聴く」のがネットラジオだと思うんです。

するとずっと聴いていられる声ってやっぱり低いトーンの声なんですね。

 

もちろん好きな声優さんの声ならトーンが高くてもずっと聴いていられる!という方はたくさんいらっしゃると思いますが、

でも人間の動物学的な面からみると、落ち着く声は低いトーンなんです。

 

だから公共電波のラジオと声優のネットラジオは全然テンション感が違うのかな、と思っています。

 

内容が違う

 

そもそも公共電波のラジオの内容と声優ネットラジオの番組の内容は全然違います。

それぞれ考えていきましょう。

 

公共電波ラジオの内容

 

そもそもラジオは「情報」を発信するためにあるものです。

特に一番重要な情報は「災害情報」ですね。

 

ライフラインが止まってしまって連絡手段がない時、

災害の被害状況がわからない時、

それを確認する最終手段として用いられるのが公共電波のラジオかと思います。

 

災害耐性

送信システムは比較的簡単な構造で、仮に地震などで放送局が破壊されても、肩に担げる程度の大きさの小型送信機から放送することも可能。

これを活かし、大規模災害の発生時には臨時災害放送局が開設されることがある。

一部のラジオ放送局ではこの特長を利用し、自分以外の局員が全員操作できない状態になっても、1人いれば、全てを遠隔操作して放送が続けられるようになっている。

東日本大震災以降、開局が盛んとなっている。

(Wikipediaより)

 

Wikipediaにはこんな記述もありました。

 

つまり正確な情報を簡単な方法で世界に届ける、というのが公共電波ラジオの特徴なんだと思います。

 

公共電波のラジオは聴いていると美術館でどんな催しをいつまでやっているか、とか交通情報とか、お天気とか

生活に必要な情報がすんなり入ってくるなぁと思います。

 

声優ネットラジオ

 

声優がやるネットラジオは本当にエンターテイメント性に富んでいます。

コーナーも聴いてて楽しくなるような、思わず笑ってしまうようなコーナーが多いです。

 

そしてパーソナリティーをつとめる声優さんにはファンの方がいらっしゃるでしょう。

そのファンの方がラジオ番組にメールを送ることができるようになったりしていて、ファンの方と声優さんとの一種のコミュニケーションツールにもなっていますよね。

 

私がパーソナリティーを担当させていただいた番組にも、たくさんメールをいただいてありがとうございました。

 

どちらかというと感情面をかきたてられるような、

思わず聴いている姿勢のまま「うんうん!」とうなずいてしまうような内容が声優ネットラジオには多いのかなぁと思います。

 

  • 声優さんの近況
  • 出演情報
  • 最近感じてること
  • 発見

などなど。

 

あとはボイスドラマがついている完全なるエンタメ尺もありますね。

 

最後に

 

ということで宣伝です。

こんだけつらつら語ってきて宣伝です。聴いてください。笑

 

ラジ友さんで配信されていらっしゃるネットラジオ番組、らぷすぷろじぇくと!第21回にゲストとして出演させていただきました。

 

らぷすぷろじぇくと幸田夢波

 

30分のラジオの中では恋愛模様というボイスドラマの企画がありまして、そこで私、幸田夢波の理想的な恋愛シチュエーションをボイスドラマにしていただき、

らぷすぷろじぇくとのパーソナリティーのみなさまと読ませていただく、なんという楽しい企画をやらせていただきました。

 

私の理想的な恋愛シチュエーションをお楽しみください。笑

そして自分のキャラも設定を注文させていただいたんですが、だいたいいつもあんな感じです私。

変なやつですみません。

 

恋愛模様のボイスドラマはYoutubeの公開ページでもご視聴いただけます。

 

 

ラジオのお仕事はとても楽しいです。

 

FMラジオのお仕事はしたことがないけれど、情報を発信するためのしっとりしたトーンのラジオもやってみたいと思っています。

 

個人的にも声優ネットラジオはこれからもやっていきたい所存です。

 

ラジオなど、お仕事出演依頼、お待ちしておりますので下記フォームよりお問い合わせください。

 

読んでくれてありがとうございました。

では。

Pocket

よく読まれている記事

 

yumeha
About yumeha 235 Articles
声優、アーティスト、デザイナー、当ブログの運営者。 2009年に声優デビュー、2016年声優事務所を退所し、現在フリーランスで活動中。自由に生きられる選択肢を増やし、それを発信するために毎日ブログを更新中。